地球のほぼ裏側から・・・

車なし 電気なし。

日が明けて7日になった12:30頃から、ほんのついさっき(14時くらい)までこの辺りが停電してた。

電気が落ちた時、旦那とスカイプで話してたのだけど、いきなり「ドンっ」って音がして家中どころか、このあたり一帯が真っ暗になった。すぐ戻るかな、、と思ってしばしの間待っていたけど、その様子もない。

とりあえず旦那には停電したことを伝えて就寝zzz...

ところが朝になっても電気が戻っていない。こんなに長いのは珍しい。

停電の時に心配になるのは、冷蔵庫に入っているものが傷むんじゃないか、ということ、それから、水が出なくなること。というのは、たとえ断水してなくても、水を汲み上げるポンプは電気で動いていて、電気が止まると水まで止まってしまうのだ。これはジャマイカに来て初めて知ったこと。というか「水が汲み上げられる」ということ自体を想像したことがなかったから。

もちろん、日本にいるときは、停電になったらどうしたらいいか、なんて考えた事がなかった。だけどここにいると、時々起こる。車に乗っていて、通ったエリアが停電だと、信号も光っていない。ただ、みんなそれに慣れているのか、事故が起こる事もなく、みんな譲り合って横断してる。

災害が起きてもたくましく生きられそうだよ。Disaster Recoveringって会社でよく言ってたけど、まさにそのことだね〜電気のありがたみを感じずにはいられない瞬間。

そうそう、携帯のバッテリーも切れそうになってしまって、もし切れたら車もないし、誰とも連絡が取れない!!と思ってちょっと不安になった。ギリギリで電気が復活したからよかったけどね。
[PR]



by af_daba | 2009-09-07 15:10 | Life

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

画像一覧