地球のほぼ裏側から・・・

Farewell Party

大晦日、年越しの瞬間を一緒に過ごそうよ、と招待してくれた丘の上の「師匠」が食事に呼んでくれました。

というのも、この間、おにぎり、煮物、そば(天ぷらはジャパレスで買った)を持ってお邪魔したのでそのお礼にジャマイカ料理をごちそうするよ、というのが最初の話だったはず。

ところが、行ってみると、家の前にたくさんの車が。
そう、今日は年越しの時にお会いした、師匠のお母様が明日ロンドンに戻る、ということでFarewell Partyだったのです。

すっかりリラックスしていた私達、外国でのパーティに慣れていないので、ドキドキ。特に旦那は英語ではなく、パトワという、ジャマイカの超カジュアルな言葉をメインに話すので、さらにちょっと焦ってた。なぜならアップタウンの皆様は、このパトワという言葉をあまり話さない。世界中どこへ行っても、言葉遣いはその人を表すと思うけど、彼はあえてそのカジュアルな、パトワを習得してきたので(レゲエは歌の中でこの言葉を使う事が多いため)。

でも、これに慣れないとイカン!つうことでいろいろな人たちと話した。がんばった。(そう言うほど苦手な事じゃないけど)
ま、そうはいっても、皆さん、外国人に慣れているので、日本の事もよく知ってるし、興味も持ってくれて私達は、楽しくて、優しくて、愛に溢れた時間を一緒に過ごさせていただきました。

いつも家族でもなんでもないのにいろんな人の家族のパーティにあがり込んでる私達。スイマセン謎の日本人夫婦で。こんな私達の事もフレンドリーに受け入れてくれてとっても嬉しい。私達に家族がいないから、よけい親切にしてくれるのでしょう。

家は広過ぎて全部載せきれないけど、ジャマイカではないような素敵な邸宅で、木と石を使った上品な造りに、アフリカンや古いアメリカのテイストがちりばめられていて「ここに住みたい!」と思うほど素敵〜

そしてお食事はというと、「ジャマイカにこんな美味しい料理あったんだ???」って驚くほど美味しかった!!食べた事のない「美味しいジャマイカ料理」がたくさんあって、舌鼓を打つとはこのことか、と思うほど。作っていた人に作り方を聞いちゃったもんね。同じように作れるかは不明だけど〜
f0169328_12433119.jpg


窓の外にキラキラ光るの、これ、全部下界の光。丘の上からはキングストンの街の光が全部見えてまぶしい!!高い建物やネオンサインがないから、光り具合がかわいらしくて、ジャマイカで好きなものの一つです。
f0169328_1244756.jpg


Davidありがと〜〜〜いつもありがとう。超素敵な50代(独身貴族)。
f0169328_1323878.jpg

[PR]



by af_daba | 2010-01-24 23:09 | Life

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

画像一覧