地球のほぼ裏側から・・・

お散歩

ここ数週間、夫が制作期間に入っていたり、日本から来た友人、知人との時間が多く、ゆっくりどこかへでかける、ということをしていませんでした。

昨日の夜も、車で2時間半くらいかけて田舎のパーティへ出かけていて、早朝に帰宅。

というわけでのんびりの日曜日は午後からお散歩へ。

この日は、知ってはいたのにずっと行った事のなかったHOPE GARDENSへ。
f0169328_1191094.jpg

HOPE Roadという道沿いにあるからその名がついたのだと思いますが、ガーデンと言うだけあって、とても広く、中には動物園と植物園があるんだそう。私達はそのいずれにも入らず、原っぱでのんびり本を読んだり、その景色を楽しんでいました。
f0169328_1181239.jpg
すると日曜日の礼拝を終えたグループ、初老の女性30人くらいが突然現れ、みんなで敷物を出して座り、歌いだした。その歌声も、いつも聴くレゲエとは違ってのんびりとした日曜日の午後にはとても心地よかった。

さらにしばらくすると、その中の一人の方が「ちょっと今からお祝いをしたいのだけど、実はあなた達の座っているベンチを使いたいの。もちろん参加してもらってもいいし、でももし帰る時になったら教えて」と。ちょうど帰ろうとしていた時だったので、「もう帰るから、どうぞ使ってください」と返事。

「ありがとう」と言って、その人がハグしてきました。

ジャマイカに来てから、子供のいる女性、それもふくよかだと余計なんですが、ハグされると、なんだかほっとしたり、泣きたくなるような気持ちになる事があります。今日もなんだか温かい気持ちが伝わってきて、ほんわかしました。

少し前に、アフリカはセネガルにお住まいになった事のある方にその事を言ったら「彼女達の母性は自分の子供達だけに向けられているものじゃないのよ」と教えてくれました。

確かにそうなんです。
それも自分の母とは違う、何もかも包み込んでくれるような心の深さのようなものがあるのです。
[PR]



by af_daba | 2010-03-21 20:56 | Life

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

画像一覧