地球のほぼ裏側から・・・

Drought

Droughtという単語は[干ばつ]という意味なのですが、この単語を初めて聞いたのは、つい数ヶ月前に大家の娘、Abigailから「ジャマイカは後少ししたら干ばつがくるよ」と言われ、「えー?ほんとにー?」と、現実にそれがやってくるとは思わずに軽い気持ちで聞いていたのに、まさに今、ジャマイカは干ばつ寸前の状態です!!

2月に書いたこの記事からさらにひどくなっています。。。この当時、うちは水が出たし、問題なかったのですが、数週間前からうちも水がでなくなり、タンク用の水を民間の業者から買っています。さらにその水もどこから来た物かわからないし、きちんと殺菌されているかなんてわからないので、飲まないように!と注意を促す記事が新聞に載るほどです。おそらくジャマイカ人は飲んでる人も多いと思いますが。というわけで、飲む用の水も買わないといけないので、水貧乏になりそうです。つ、つらい。。。

ここ数日は大家が水を買わなかったので、毎日誰かの家に行ってはお水をボトルに汲ませてもらっていました。すっごいストレス。

何故かって、髪を洗うのも、食器を洗うのも、両手が使えないんです。必ず片手が塞がったり、体のどこかを無理しないとその作業がこなせないのです。

正直、日本という物質的に豊かで、完璧な国に生まれ育ったこともあり、また、まだまだ私にタフさが足りないのもあり、その不便にいらだちを感じています。もちろん、日本にいる時から、頭では「お水は大切な資源」という事を理解しながらも、シャワーはじゃんじゃん使っていました。それに、ここはジャマイカだからしょうがない、我慢しよう、しばらくの辛抱」とはわかっていても、実際にそれが続くと、やっぱり普段と同じように出来ないイライラが出てしまいます。

小さいな〜自分。
と思える時と、
だって水だよ?なんで蛇口から出ないの?
と思ってしまう時があります。

そんな両方の思いを抱きつつ、この日は、泣きながら(嘘、大げさです)丘の上に住むお友達、Aちゃんのお宅に洗濯をさせてもらいにおじゃましました。初めての訪問が洗濯でゴメンナサイ。次の日、おうちの改築完成パーティに招かれているのに、洗濯機を借りるためにフライング。ありがとう!!!

丘の上、といっても、ジャマイカは山道をぐるぐる登って行かないといけないので、初めて自分で運転して行くのは、ちょっと緊張しましたが、天気がよかったし、後ろからあおってくる車もなかったのでのんびり、楽しみながらいくことができました。

これが山の途中。
f0169328_13353224.jpg


Aちゃんのおうちから撮った写真 その1
左にあるのがダムです。いつもより少ないんだそう。
f0169328_13364143.jpg


Aちゃんのおうちから撮った写真 その2 夜景がとっても素晴らしかった〜〜〜丘の上の家にいつか住みたい☆
f0169328_13365617.jpg


いろいろな事情でこの日は洗濯物を持って帰れず、干してもらう&たたんでもらうところまでしてもらい、本当にすいません!ジャマイカならではの助け合い、だよね?感謝です!!

とにかく雨、降って!!お願い!!
[PR]



by af_daba | 2010-03-27 21:00 | Life

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

画像一覧