地球のほぼ裏側から・・・

Free Bujuについて

今日は、レゲエの有名なシンガー?DJ?のことについて。
あ、わたし、ジャマイカに住んでるのにレゲエのこと、あんまり知らない、かつ、今日の内容は否定的な部分もあるので、先に言っておきます。

Buju Bantonというラスタ教のアーティストがいます。
正式にはラスタファリアニズムというそうなのですが、思想はわたしも全部語りきれないので、少し省略しますね。もともとはキリスト教に基づいて派生した、黒人による宗教です。

その生活において、私の知る限りでは、お肉を食べない、刃物を体にあてない(髪を切らないのが主な特徴)コカインなどのケミカルなものには手を出さない(市販の薬でさえもー薬草などの自然のものを使って治すのが前提)、バビロン(つまり営利主義だったり自己中心的に世の中を支配しようとする人たちー警察とか)に対する抵抗が大きい、そして同性愛に対して否定的な考え方があります。

(足りない部分が大いにあるのでここにWikipediaのリンクを載せておきます。ご興味のある方はどうぞ)

さて、BUJUはジャマイカをはじめ、世界各国のレゲエファンから非常に人気が高いのですが、去年の12月にマイアミで、コカインの取引現場にいあわせて、白い粉をなめているところをビデオに撮られ、それ以来捕まっております。

すでに裁判も行われていますが、この方、ジャマイカ人特有の同性愛に対する蔑視がひどく、自身の曲の歌詞にもずいぶんとそのメッセージをいれているので、この逮捕は、アメリカのゲイ団体からの仕組まれたものではないか、と言われています。また、今年あったジャマイカでの大騒動(ギャングの親分を捕まえろ大作戦byアメリカ)の影響も少し受けているかも、とも当時は言われていました。

Bujuを大好きな人達は、口を揃えて"FREE BUJU"と言います。そして、そんなメッセージがプリントされたTシャツも作られたり。

ここからは私の意見です。

ではゲイの人たちに仕組まれたのなら、粉のテイスティングをする必要はあったのか。もし仕組まれていたのなら、さすがにBUJUだってテイスティングを抵抗すること、できたはずです。

"FREE BUJU"って誰かが言うたびに、誰が無罪だって言った?Bujuが取引に関わっていないなんて誰に言えるの?知ってるのは本人だけでしょ、と思う。

だってジャマイカ人に絶対はないから。

もちろん、とても敬虔なラスタの人たちもいます。
と同時にラスタの中には、豚肉、牛肉を食べる人もいますし、ギャングスタ・ラスとか言い出すご都合主義的なラスタ?もいます(これは完全にスタイルのはず)。だから”ラスタ”といいつつ、矛盾してるな〜って思うことがよくあります。結局自分の都合のいいように解釈している「スタイル」なんじゃ?と。コカインだって常用していたかもしれないでしょう?

みんながBUJUへのファン心で"FREE BUJU"とか「BUJUがやるはずない」、と言いたいのはすごくわかるけれど、ちょっと馬鹿げてるな〜と思っています。最近、判決が近くなって、そのメッセージが大きな声になってきているので、ちょっと聞き苦しかったり。

今日になって、コロンビア(南米のコカイン大国のひとつ)からアメリカに送るためにジャマイカを中継地点にしており、そこにBUJUが関わっていたと可能性もあると最近は報じられました。うむ・・・。

ちなみにBUJUのことを嫌いとかいうわけではありません。BUJUが無罪ならそれはそれで素晴らしいことだし、それが確実なら"FREE BUJU"大歓迎です。

ただ私がいいたいのは、ジャマイカ人に絶対はない、ということと、周りの反応がどうも納得できない、ということです。
[PR]



by af_daba | 2010-09-21 21:33 | Life

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

画像一覧