地球のほぼ裏側から・・・

2011/3/11

14時間遅れのジャマイカ。
私達がこのニュースを知ったのは明け方のことでした。それも普通に寝ていて、大使館に勤める友人からテキストメッセージ(携帯)をもらって知りました。

ところが起きて慌てたものの、なんの因果か、うちの周り一帯が停電・・・とりあえず日本に電話して家族の無事を確認。その時まで日本のどこで地震があったのかまったく知りませんでした。

電気が復活してすぐにインターネットで状況を確認。映像および画像で見るその変わり果てた、美しいはずの東北の田舎町が、思っていた以上の惨事で恐ろしくなりました。そして津波・・・津波が街まるごと飲み込んでしまったような映像を見て、自分がもしそこにいたらどうなるんだろうと考え、私は生き抜けるか自信ない、、と思ってしまいました。

今回の震災でお亡くなりなられた方のご冥福をお祈りすると同時に、被災された皆様にはお見舞い申し上げます。

日が経つにつれてさらにたくさんの情報、同時に悲しい結果、そして原発の爆発と放射能の漏洩などなど、心配事が多過ぎて、ただ復興に向けて頑張っていこうとはいえる状況ではないのが非常に辛いところです。今日の朝見た、被災者の方が家族に電話して、残念な結果を伝えているところ、そして津波の映像は何度見ても本当に悲しく、涙が出てしまいます。

ただ、アメリカのテレビでも、日本人は礼儀正しく、パニックを起こしたり、犯罪が起こったりする事なく、冷静でとても素晴らしい、と評価されていますし、私も日本人である事を誇りに思います。

そしてTwitterを見ていると、その情報力の多さに驚かされます。一人でも多くの人を助けたい!という気持ちが皆を動かしているんだなと思います。節電も同じです。まだ寒いのに、皆が一つになって東北地方の皆さんを助けたい!と思い、電気の使用量を控えている。頭が下がる思い、加えて日本人って素晴らしい!!と思うのです。

また、今も被災者のために働いている方々、休む事なく忙しいと思いますが、あなたたちの対応、笑顔に救われている人はたくさんいます。どうか頑張りすぎず、でも頑張ってください。

倒れたら困ります、枝野官房長官!

でも、この素晴らしい動きに自分が入っていないのがとても残念です。「ジャマイカに早く戻ってて良かったね」と言ってくれた方も多くいましたが、いくら映像を見ても、記事を読んでも私にはその揺れも、不安も、そしてみんなの様子も、同じようには感じられないのです。何も出来ない(募金以外で)ことを非常に不甲斐なく感じます。

また、ジャマイカに来て3年、35年生きていて、なぜこの3年のこの時にこの地震が起こったのだろうと何度も何度も考えてしまいました。その答えは出ないのですが。でもこれほどまでに家族や友達を心配に思った事はありません。海外にいる事をいつも以上に遠く感じてしまうものです。

東京にいて何ができるかわかりませんが、仕事もしていない、子供もいない、体力のある私でも何か出来るはずです。今はとにかく募金、そして動き始めた時に何かできるよう今から考えておくつもりです。

皆様、今も続く余震の恐怖に怯えていると思いますが、どうか、どうかお気をつけて。

電気はなくてもけっこう暮らせます。人間らしく夜寝て朝起きるという生活が出来るし。
水も汲み貯めておけば、少ない水で生活するための知恵がつきます。
これは私がジャマイカ生活の度重なる停電(予告なし)と、水不足で学んだ事です。

東京の生活で実行するのは、ジャマイカでおこなうよりも大変だと思いますが、人間があるべき生活スタイル、そして物に溢れたこの現代、その大切なに気付けるいい機会だと思います。どうか前向きに!

日本が少しでもいい方向へ向かう事を祈っています。地震が再度来ない事も。。。
[PR]



by af_daba | 2011-03-15 20:25 | Life

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

画像一覧