地球のほぼ裏側から・・・

I was so vexed!!

先日、ちょっとイラっとしたことがあったので、書いてみます。すいません、単なる愚痴ですけど。
そして私の意見をどう思ったかコメントして欲しかったりもします。

プリクラに日本人の若い女性が現れました、ジャマイカ人のドレッドヘアーの男性を連れて。
その彼女は首元がわりと大きく開いたTシャツを着ていて、そしてそこにはキスマークがたくさんついていました。

その時点でちょっとこの人、だらしないなーと思いました。

でもそう思ったのは間違いではなく、そういう自分が周りの人に対し、どういう印象を与えるか、外国人女性が、旦那さんではない、それもちゃらちゃらした見た目のジャマイカ人をつれて歩くということが、どういうことかわかっていないようでした。でもそこで初対面の私が言うのはちょっと違うと思い、特に何も言わず、ご挨拶させてもらいました。

ところが、彼らが去った後、同じくフードコートにいて、そこでトレイの片付けなどをしているおばちゃんから「何なのあの人達!hickey(ヒッキー=キスマークの事です)つけて、昼間っからフラフラ歩いて!!!」と、私が怒られました。

私が怒られたのはいいんです、それを言われる事で、自分たちがどう見られているかということを認識できるから。それに彼女の言う事は間違ってないし、怒りの対象は私ではないから。

意外かもしれませんが、ジャマイカ人の年配の方々、それもキリスト教の人や、真面目な人達は、すごくきちんとしていて、例えばタンクトップからブラの線が出ていたりするだけで"Fix your shirt properly"(シャツをちゃんとなおしなさい)と注意してくれます。また、お役所系の場所では、キャミソールや短パンでの入館は禁じられています。(すごい変な格好で来ちゃう人がいるからだと思うけど)

それ以前に、キスマークをつけて白昼堂々歩いてるのは日本でだってちょっとこの子、、、ってなりませんか?

ちなみに、リゾートエリアでは、白人の女性が、ドレッドヘアのラスタマンを連れてい歩いたり、お金で彼らを買う事は、Rental Dread(レンタルドレッド=白人女性のラスタマンの買❤春を表します)と呼ばれていて、ジャマイカ人から嘲笑を買うほど有名です。

そしてジャマイカ人側も白人をはじめとする外国人女性を優しくケアすることで、女性はいい気分になって好きになってしまったり、何度もジャマイカに通ったり。でもその裏で、男達はお金をもらおうとしたり(時には盗んだり)、その彼女が帰った頃には、また別の女の子がやってきたりするようなだらしない人たちです。ジャマイカに限らず、南国系のリゾート地にはつきもののお話です。古い言葉で言うと、リゾラバですね。

本当の愛があってお付き合いしたり、結婚する事はとても素晴らしいと思います。もちろん、そういう人達もたくさんいます。

でも、前にも書きましたが人を信用するのにとても時間がかかるジャマイカで、簡単に人に心を預ける事はとても危険です。また、黒人の中にいる白人やアジア人はすごく目立ちますし、ジャマイカはとても狭いです。おまけにジャマイカ人は人の事をよく見ています。

わたしも、プリクラを始めてからいろいろな人と会うようになり、「この間XXにいたでしょー」と言われたり、海で知り合いに偶然会ったり。意外と見られているのです。アメリカだったら話は違うと思うのですが、秋田県サイズのジャマイカです。

外国に行ったら、自分の行動に責任を持たないといけないし、日本を代表してるくらいの気持ちであってほしいです。じゃないと住んでる人にけっこう迷惑がかかる、ということを、外国に住むようになってからわかりました。(悲しい事に、ジャマイカに来ると、ジャマイカ人がいつも陽気で開放的なのかと勘違いして、開放的になってしまう人が多いのです。。。確かにそういうジャマイカ人もいますが、そうじゃない人もたくさんいますよ!)

郷に入っては郷に従え、とは言ったものだと思いますが、一方で、日本人が世界から認められている「真面目さ」だけはどうかなくさないでいただきたいと思います。

皆さんはどう思いますか?
[PR]



by af_daba | 2011-07-15 23:52 | Life

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

画像一覧