地球のほぼ裏側から・・・

海へ!

先週の土曜日は一日中雨。島が流されるんじゃないかと思うほどの大雨。私がこちらに着いてから雨があまり降っていなかったので心配していましたが、これでダムにも少し水が貯まったことでしょう。外で過ごすのが大好きなジャマイカ人にとって、雨の日は何もすることがない暇な日です。

そして翌、日曜日。昨日の雨がなかったかのようにすっきりした空。こちらでは、まだ日曜日は教会に行く日、休息をする日、と考える人が多いので、街に出てもお店のほとんどは開いていません。ランチは家でとり、夕方になって「混んでるけど海でも行く〜?」ということになり、旦那の友達に電話すると、子供と遊んでるということなので一緒に行こうと誘ってみました。

こちらの海での過ごし方について解説すると、まず、ジャマイカでは近所の海に行く場合、真っ昼間には行きません。朝から行くのはビーチを走ったりする人や、わざわざ船に乗って無人島に行く時くらいです。暑すぎてひからびてしまうので日焼けしつつ寝ちゃった!という私みたいな人はいません。なので、混雑するのは夕方、3時を過ぎてからです。日本は3時というと帰る時間なのに。また、大人はTシャツなどを上に着て泳ぎます。この理由はまだ不明ですが。

f0169328_582447.jpg私たちが行ったのは、キングストンから一番近くのヘルシャービーチという、東京の人からすると江ノ島のようなところです。海は前日の雨のせいで残念ながら濁っていましたが、人々はというと、皆ストレスがたまっていたのか、大混雑していました。


f0169328_58537.jpg友達の息子、Aliは日本人とジャマイカ人のMixで、日本人のシャイな性格と、ジャマイカ人のいたずらっ子な性格を見事に兼ね備えており、こんにちわと挨拶したときはママの後ろの隠れていたほどだったのに、海に着いたらテンションがあがって知らない子とどっちが大きい砂山を作れるか競争していました。かわいい。

また、ここには、なぜか馬がいて、お金を払って載せてくれる、という、鳥取砂丘のラクダ的なアトラクションがあります。Aliはこれに乗りたくて乗りたくてママにおねだりしていました。でも結局OKは出ず、諦めることに。。とはいえ色の着いた綿アメ(手に持ってる)を買ってもらえてご機嫌になっていたのでよかったです。
f0169328_511860.jpg

AliのママのDionneは二人の子供を育てながら学校に通う27歳。マーケティングを専攻しているんだそうです。恐妻だと聞いていたのですが、笑顔がかわいい女の子でした。といってもママですから、しっかりしてましたね!

帰りの車では、旦那が日本人なのに日本語を話せないDionneと、パトワが話せない私は、今度Language exchangeしよう!という約束をしました。女の子の友達が増えるとテンションがあがります。またひとつ楽しみが増えてきました。
[PR]



by af_daba | 2008-07-25 05:11 | Life

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

画像一覧