地球のほぼ裏側から・・・

New Born

昨日は感動した日でした。ジャマイカに来てから一番、かな。

というのも、オーナー家族が庭で飼ってる犬(放し飼いにしている番犬/ちょっとバッチイ)のうちの一匹であるプリンセスが、子犬の出産をしたのです。

私たちが引っ越してくる少し前からお腹が大きくなりだしたプリンセス、私たちは自分たちの飼い犬じゃないのをいい事に、彼女にブラッシングしたり、マッサージしてあげたり、時には何か食べ物をあげたり、普通にペットのようにしてました。普段なでなでされない彼女は、私たちが遊んであげるとしっぽを振ってくれる、それが私は単純に嬉しい。なんつうか、母性本能?母になるのは彼女だけど。そして自分がしたことを「喜んでくれる」のが一番嬉しい。

私はペットと言えばハムスターしか飼った事がなく、犬の出産を身近で感じるのは初めての事。調べてみれば犬の妊娠期間は65日程度、お腹どころかおっぱいも張り出したここ2週間は出産を意識し、そろそろかな?いつ生まれるのかな?と楽しみにしていた。

それが昨日、やけにおとなしいなと思っていたら、ついに出産したとのこと!それも(おそらく)4匹も!毎日彼女のお腹をなでてきた私、嬉しすぎて、そして感動して喉が痛くなるほど(この感覚わかるかな?)。

同時に日本にいる、今妊婦の友達、特にもうすぐ出産のあの子を思い出した。私にとってはとても楽しみなイベント。

その後のプリンセスはというと、興奮状態で落ち着きがなかったけど、夜には上にあがってきたので、よく頑張ったねーと慰労の気持ちを込めてなでなでしたり、ミルクをあげました。

12月はトロントに3週間ほどステイするのですが、出発前に子供たちの目が開くといいな、そして子供たち全部がすくすく育ちますように。
[PR]



by af_daba | 2008-11-26 22:47 | Life

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

画像一覧