地球のほぼ裏側から・・・

カテゴリ:Business( 16 )




テリヤキさらに続報★

その後テリヤキはお客さんを増やし、先週の金曜日、ジャマイカのメインチャンネル、TVJの取材を受け、金曜日の夜のエンターテインメント番組で紹介されました。



私の夫はしゃべっている人ではありませんが、彼の話す言葉、これがパトワです。ふふふ。面白いでしょう。

その翌日の土曜日はお客さんがたくさん来てくれてびっくりです。
この調子で頑張って欲しいです〜私も裏方部隊として頑張ります。ちなみにプリクラはのんびり続けています。
[PR]



by af_daba | 2011-07-11 23:34 | Business

Creating quite a buzz in Kingston!

テリヤキチキン、続報です。

昨日の新聞に掲載されました〜 わ〜い嬉しい。
新聞の種類もそれほど多くない、そして小さな島であるジャマイカでは、情報がまわるのが早い!特に口コミの力が強い。この取材もいきなり現れたんだそうです。

今月の前半は雨が続き、そして当然ではありますが、異国の味を、この、食に保守的なジャマイカ人の皆さんに愛してもらうのは、けっこう至難の業なのですが、新聞に載ったら(誰かが食べてみて、美味しかったという太鼓判があったら)ちょっと違うかもしれない。そう思うとこれからすごく楽しみです。

掲載された記事がこちら。
f0169328_153103.jpg


全文は
こちらでどうぞ。

人の話では、今日ラジオでも誰かが話してたらしいです。

ちなみに、この記事では味についての記事というよりも、どちらかというと、日本人が二人で、それも道端でチキンを焼いて売っているということのほうが注目度が高く、何故ジャマイカンに住んでいるのか、とか、どうしてこの場所(お世辞にも治安のいいとは言えないエリア)で始めたのかとか、彼らの背景についての質問とその回答が書かれています。実際、車で通る人の多くは、「何してるんだろうこの中国人たち・・・」という視線を感じることもあります。それでも手を振ったら振り返してくれるし、そこは日本と違ったジャマイカのまだまだ「昭和」な部分です。

次は味のほうで特集してもらいたい〜 がんばっていきましょう!
[PR]



by af_daba | 2011-06-23 23:01 | Business

JJETA Newsletter

前にお話ししました、JETプログラム(Jamaica English Teaching Program)という組織のOB,OGたちによるNewsletterのインタビューのお話、掲載されましたものをご紹介します。
f0169328_11525590.jpg

私とプリクラについてのインタビューでした。


日本各地にはこのJETプログラムでジャマイカから日本に渡り、先生をしている真面目な人たちがたくさんいます。ジャマイカ人に教えてもらうのって楽しそう。私は白人の先生にしか英語を教わった事がないので。

レゲエのイメージ、陽気である一方で、昼間っからぶらぶらしているジャマイカ人、すごい格好で踊っているジャマイカ人(これはこれで彼らの文化のひとつですが)を想像されることが多いと思いますが、真面目で志の高い、素晴らしい人たちによって国や企業は支えられています。

犯罪の発生率の高さや、一般的なジャマイカに対するイメージのせいで、こういった人たちが外国に行こうとした時、または外国に行ってから、嫌な思いをすることもあることでしょう。実際、彼らはカリブ諸国以外の外国に行く時は、たとえ1日であっても空港の外に出ることがある場合は、必ず事前にビザを取らないといけないのです。(一度取ってしまえば5年ビザというのもあるみたいですが)つまり外国から信用されていないということです。

ただ、私はこういった真面目な人たちと知り合えたことをすごく嬉しく思いますし、日本人である事で何かお役に立てたらいいなと思っています。

最後に、ホリエモンの本に「日本人で生まれてきた時点でサイコロの目は6を出している」(=それだけ選択肢も多いし、ラッキーな環境であるという意味)と書いてありましたが、ジャマイカにいるとまさにそれを肌で感じます。
[PR]



by af_daba | 2011-05-09 21:50 | Business

クリスマスイブとお客様満足について

クリスマスが終わりました。ふ〜〜〜〜〜〜っ

20日頃からいつもよりも多くのお客様に来ていただいて、クリスマスモードが徐々に盛り上がってきていました。

ジャマイカは世界が不況と言っている中で、その苦しみは私たち日本人の思うそれよりもかなり大きく、生活を締め付けられている人がかなり多いと言われています。もともと少ないお給料がもっともっと減ったり、仕事がなくなったり、「この先どうやって生きていけばいいの?」という状況に陥ることがあるからです。

日本も景気が悪いとはいえ、仕事だってわがまま言わなければいくらでもあるし、本当に豊かな国なのです。(無計画に子どもを作ったりするジャマイカもよくないのですけどね)

さてさてさて、クリスマスイブは、朝11時に出勤し、夜中の1時まで働いてしまいました。14時間!と言っても、常にお客様が来続けたわけではなく、ちょっとしたブレイクもあったので、なんとか持ちこたえました。

これは日曜日にマーチングバンドが来たときの写真。今回の人たちは前回のバラバラな感じよりはましでした(笑)頭に付けているふさふさみたいなのがかわいかった。
f0169328_123386.jpg


クリスマスイブの夜。空がきれいでした。
f0169328_1232137.jpg


普段は一組のお客様に対し、つきっきりで説明できたり、会話を楽しんだりすることも可能ですが、忙しく、複数のお客様の対応をいっぺんにする場合、またお客様をお待たせしてしまう場合の接客については本当に考えさせられます。たかがプリクラではありますが、それでもお金をいただく以上、fully satisfiedして帰って欲しいと思います。接客しているのがジャマイカ人だったら、少しのラフさは許されるのかもしれません、ですが私は日本人です、大げさかもしれませんが、日本人の一人としてちゃんとしてると思ってもらいたいし、プリクラのクオリティはもちろん、接客のクオリティにもこだわりたいと考えています。

何故こんなことを言うかというと、私が日本にいるとき7年間お世話になった、Sという会社で、そのうちの数年間"お客様満足度推進室"という部署に所属していました。その仕事は、当時その会社の製品やサービスに対する不満も多い時期だったし、会社の端っこみたいな部署だったのであまり楽しくなかったのが正直なところです。ですが、そこで自然に身についたCustomer Satisfactionという精神は不思議とジャマイカで仕事をしていても強く残っているのです。お客様の笑顔が私の満足ですし、提供している物は完全に満足を得られるものなので、接客がキーだなと思うと同時に、奥が深く、毎回考えさせられるのです。

ちなみに、私は普段は一人でやっているので、誰に教育する必要もなく、自分が思ったとおりにやればいいだけです。なので、誰かを教育する大変さがないと同時に、育っていく過程を見ることもできないのです。でも、私はリーダーや指導する人に向いていないので、それでいいのだと思います。(クリスマスイブはお手伝いに来てもらいました)

日本人のサービス精神、それもチップなしで一生懸命働く姿は本当に素晴らしいと思います。私もその一人になれるよう日々精進しています。が、それをジャマイカの貧しい人達の間では「日本人と中国人はお金が大好きだからよく働く」という人がけっこういます。まるで見方が異なるし、それを言われるのは悲しい。一生懸命働いたことへの対価があるのは当然なのに。

日本とは違いすぎて、どっちがいいのか分からなくなる時があります。
お金があれば時間と便利を買える先進国と、頭や知恵を使ってできるだけ便利に近づけるようにする途上国の生活。どちらもいいところ、悪いところがあります。この現代に両方を体験できる私はラッキーなのかもしれません。

そんなことをクリスマスイブを終えた25日、ボロネーゼソースを煮詰めながらふと考えたのでした。
[PR]



by af_daba | 2010-12-25 23:17 | Business

A Christmas Festival of Savings

前回、書きましたとおり、昨日25日は私がプリクラをやっているモール全体のクリスマスイベントの初日でした。朝からみんなはりきってデコレーションをしており、私も少しだけ飾り付けをしましたが、他のお店のディスプレイを見ているのが楽しかったです。

そして6時になり、マーチングバンドの面々が駐車場に入ってくるわけなのですが・・・蓋を開けてみると、なぜだか緑のコスチューム。ダンサーと、バンド、おまけにかなりちゃっちいキャデラック風のオープンカーに、決してキレイとは言えない女子が乗っていました。あぁ、これがジャマイカのレベルだよね、アメリカのパレードを期待しちゃいけないんだった、とがっかりした気持ちに。

そのがっかりさせられた車
f0169328_13242372.jpg


演奏の模様。UsherのOMG演奏してますけど・・・


わたし的にはとってもつまらなかったのですが、ひとつだけ超笑えるポイントがありました。

それはこの子!!
f0169328_13254865.jpg


中高生が多い中で、なぜかひとりだけ子供・・・今回も手伝ってくれているSharifaとなぜか大笑いしてしまいました。本人真剣だったけど。

クリスマスツリーはこれ。明るい時。
f0169328_13273079.jpg


そして点灯式でつけられた明かり!
f0169328_13275247.jpg


しかしこのイベント自体はですね、宣伝不足過ぎたのと、木曜日の開催というのが悪かったので、お客様が全然来ませんでした。それも私のところだけでなく、全体的に。

木曜日の開催、それが25日だから、ということはよくわかるのですが、この国の多くの労働者はまだまだ金曜日の週払い(2週間毎が多い)です。なので木曜日にこれを開催しても、みんなお金がないのです。もちろん、月払いで、25日にお給料を出すところも一般の企業であればポピュラーなはずです。でも、前者のほうがセールでお金を使う傾向が高いことを考えると、金曜日もしくは土曜日に開催するべきでした。

また、バンドの演奏、点灯式をはじめとする外での催しが多かったため、少ない観客たちはお店の中に入らず、そのパフォーマンスをじっと見ているだけでなかなかお買い物をしませんでした。フードコートにいたっては、DEAD!という状態で、遅くまでお客さんを待っていたレストランの人たちは肩透かしをくらったはずです。

そしてもう一つ、気づいたこと。この国の政治が、いかに一般の企業に深く入り込んでいるか、ということです。

ジャマイカの政治については、前にもかる〜く書きましたが、この国の政治は、JLP(ジャマイカ労働党・与党・シンボルカラーは緑)とPNP(ジャマイカ人民党・野党・シンボルカラーはオレンジ)という二大政党によって成り立っています。現在はJLPが政権を握っています。政権が変わることで、企業のトップが変わったり、お役所系の仕事を受け持つ業者も変わるほど、政治の力が大きいのです(公平を保つための入札制度なんてあったもんじゃありません)。

さて、私のいるモールは、このJLPを支持していることは少し前にわかったことですが、今週の日曜日は、JLPの大会がありました。そしてその時、私がツイッターでフォローしている、ジャマイカの二つの新聞社、GleanerとObserver、このうちObserverがこの日、党首である、Bruce Golding(現首相)の発言ついて、しつこいほどツイートを繰り返していました。そこで私は、「あ、ObserverはJLPなのね」と気づいてしまいました。

そして今回のイベントのスポンサーは・・・・・・Observer紙です。

さらにこの写真にもあるように、サンタのコスチュームは。シンボルカラーです。また、そこにはDigicelという携帯電話の会社のロゴマークが。あらあら、DigicelもJLPを支持しているということですね。

さらにさらに!いまさら気づいたのはこのモールの建物の色がだということです・・・・

いろいろな所に使われている緑、そしてその関係性に気づいた瞬間、知らぬ間に洗脳されているような気持ちになりました。また、我々も、バビロンシステム(*)の中にいるんだな〜と考えさせられました。と、そのことをセキュリティの子に言ったら「今アキコ、バビロンシステムっつった?あはは!アキコがそんな言葉使うだなんて!」って笑われました。本気でその怖さを感じたのに。

*バビロンシステム
わたしもすべてを知っているわけではないのですが、私が知った限りを言うと、自分だけが有利になるようなしくみをつくったり、自己中心的に世の中を支配しようとする人たちー企業の上の人達、警察、政治ーをあらわします。ラスタ教を信仰する人たちは、このシステムを嫌う傾向が強くあります。

ちなみに今日もかなりスローな感じで、がっかりです。疲れたー!(本音)
明日は最終日、気合い入れて頑張りまーす。
12月は日曜日も出勤なので、来週はお休みをいただいて前休みをもらう事になっていまーす。楽しみ♪
[PR]



by af_daba | 2010-11-26 13:16 | Business

A Christmas Festival of Savings

明日からの週末はコレ!
f0169328_13373739.jpg


プリクラを置かせてもらっているモールと、その近隣モールに置いて少し早いクリスマスイベントが行われます。この週末にクリスマスのお買い物をしちゃいましょう♪というのが目的ですね。お給料日後ですし。

明日の夕方は、サンタとミスユニバースで2位になった、ジャマイカ代表のモデル、Yendi Phillipsがゲストとして登場、クリスマスのライト点灯式が開催されます。またそれに伴い、各店舗もこの週末限りの特別価格をご提供。

このイベントは今年初めてなのですが、先日のFashion's Night Outの成功もあり、お客様も、そしてモールや店舗側も期待していることでしょう。我らがStick it!も参加します。

この模様はまた後日お伝えしたいと思います。私も買い物できるといいな〜
[PR]



by af_daba | 2010-11-24 13:34 | Business

Stick it! 1st Anniversary

今月でプリクラビジネス(お店の名前は"Stick it!"です)を店頭で始めて1年が経ちました。
動きそのものは去年の春くらいからでしたが、お店を開けたのが11月だったのです。

まだまだ全然黒字になっておりませんが!!(泣)
楽しさを伝えるべく精進してまいります。

f0169328_14115972.jpg

これは先週、いつも手伝ってくれるSharifa(左)と、うちの大家の娘、Abigail(中)と撮ったものです。え〜、ふたりともまだ10代です。そんな中にずうずうしくも3X歳が混じってみました・・・(照)

この二人はまだこの場所でしか会ったことがないのですが、プリクラを通じて?私を通じて?出会い、仲良くなってくれたのはすごく嬉しい。会うたび仲良くなっていく姿を見るのは微笑ましいのです。

これから12月に向けて街も華やいできます。
今月末は、モールのクリスマスイルミネーション点灯セレモニーと、それにともない、お買い物に来るお客様へのスペシャルオファーが、そして12月はモール全体が忙しなくなり、クリスマスイブは夜中まで人がはけないほどの盛り上がりになります☺皆がいつもよりも着飾ってたり、表情もキラキラしているので、お客様を迎えることが本当に楽しみです。
[PR]



by af_daba | 2010-11-15 22:00 | Business

プリクラ saved one of my customers!

こんばんは。

今日は前にプリクラを撮ったお客さんがたまたまあらわれました。

元気ー?なんて、そもそも日本ではプリクラに人がついていることもないし、お客さんと個人的な会話をすることなんてないかもしれませんが、私は覚えてる限りで声をかけたり、あいさつしています。
(「わたしのこと覚えてる?」って言われて憶えてないときは困るんですけどね)

彼女が、先日、携帯電話をなくしたんですって。それもどこでなくしたか覚えてなく、がっかりしていたそうなのですが、数日後、道を歩いていたらタクシーの運転手さんに、「おい君!携帯をなくさなかった?!携帯に写真貼ってなかった?」と言われたんですって。

そうです、彼女は自分が撮ったプリクラを携帯に貼っていたのです(みんなそうやって使うよねー)。それが、日本より行動範囲の狭い、そして知り合いにすぐ遭っちゃうジャマイカのことなので、タクシーの運転手さんは、携帯に貼ってあったプリクラの顔を覚えていたのでしょう、持ち主のところに届いたのです!!

プリクラが役に立ってくれてすごく嬉しかったです。
そもそも、ジャマイカでなくしたものが本人の手元に戻ることなんて絶対にないと思ったほうがいいのに!それにも感動してしまいました。

月曜日はジャマイカはHero's Dayということでお休みです。連休うれしいな♪家でのんびりします〜
お天気が不安定だし、最近遠出していませーん。
[PR]



by af_daba | 2010-10-16 21:51 | Business

Fashion's Night Out 2010

9月10日(金)は、世界の16の都市で合同に行われる雑誌Vogueのイベント、Fashion's Night Outでした。
f0169328_11305468.jpg


ジャマイカは実は16の都市の中に含まれておらず、New Yorkの影響を受けて、Jamaica Observer紙の主催で行われました(NYのFNOのサイトはこちら)。ジャマイカ全体で何店舗くらい参加したのかわかりませんが、私の住むキングストンでは、中心部のほぼすべてのモールやプラザに入っているお店、ファッションに関係なくても、この日のために特別な催しや特別価格を提供していました。

我々も、プリクラを置かせてもらっているモールが参加するので、当然特別価格でお客様をお迎えするのですが、去年の盛況っぷりを知っている私としては、押し寄せるであろうお客さんの様子にワクワクしつつも、マネージできるかドキドキで、前日はイメトレと物理的準備に忙しくしていました。

そして当日。
これは5時をまわってすぐくらいの時間で、まだ日も落ちておらず、車がだいぶ入り始めてきた頃です。
f0169328_1138597.jpg


そしてこれが7時過ぎ。各店舗にも人がぎゅうぎゅうに入り、私のプリクラにもたくさんのお客様が来てくださいました。
f0169328_11322860.jpg

自分が働いてるところの写真はないのです。残念。
でも、夫があとから応援に来てくれて、ビデオを撮ってくれ、人の多さ、プリクラを待つお客様の姿など、動いて見られるので、携帯から取り出したら紹介したいとおもいます。

これはSpiceという女性のレゲエDJのお店、Spicey Couture(これ絶対にJuicy Coutureの真似です)というセレクトショップのウィンドウで、いつもはマネキンが入っているのですが、この女性は実際の人間。動かずにポーズをきめ、通る人達を驚かせていました。足長いな〜〜
f0169328_11364258.jpg


この日、私を手伝ってくれた若人二人、SharifaとNicholasです。
f0169328_11355160.jpg

二人がいなかったら私死んでました。二人がいてくれたからお客様も楽しんでくれたし、私も一緒に楽しめました。どうもありがとう。

とにかく、クリスマスばりの盛り上がりを見せたFashion's Night Out in Jamaica、本当に楽しかったです。本音を言うと、Fashionに関わった形での参加、もしくは完全にお客さんとしての参加をしたかったのですが、この日またプリクラを知ってくれた人が増えたと思うと、参加してよかったと思うし、もちろん売上もよかったので、大成功の一日でした。

次の大イベントはクリスマス!がんばろーー!
[PR]



by af_daba | 2010-09-10 23:06 | Business

複雑な気持ち

今日一番最初のお客様は、カップルの方でした。

お客様、特に大人の方々は、プリクラの落書き(写真にあれこれデコレーションできる)の時、「自分でやって変な風になったら嫌だから、(自分たちのために)やって!」という人がいるのですが、タイミング的に他のお客様がいなければお手伝いしています。

本当は覚えて欲しいのですが、そうも言っていられないので。ちなみに、若い学生達は自分達でいろいろ書いたり、スタンプつけたり、楽しんでいます。(興奮し過ぎる時もありLol)

そして一通りの作業が終わって、プリクラが出てきた後、JA$100を私に差し出しました。一瞬何の事かわからず「え?」という顔をしてしまったのですが、「はい、これ、ありがとう。チップ」と。予想外の展開に「あっ、えっ、あ、ありがとう」といただいたのですが、私にとってチップをいただくことは、人生で初めてのことです。基本的に日本にはチップ文化はないし、私はこういうお手伝いも含めたうえでお代をいただいているので、驚いてしまいました。

と同時に、わたし、物欲しそうに見えたかなぁ、とか、少し複雑な気持ちに陥りました。。。

チップなんてなくても、お客様は出来あがったプリクラを見て、喜んでくれただけで嬉しかったし、それが一番のチップ。つまりお客様の笑顔がやり甲斐なのです。(優等生的意見ですが〜でも事実)

ここのところ試験期間中で若いお客様の足が遠のいていたのですが、また遊びに来てくれますように!夏はがんばります。
[PR]



by af_daba | 2010-06-30 22:50 | Business

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

画像一覧