地球のほぼ裏側から・・・

カテゴリ:Fashion/Art( 38 )




思い立ったら吉日

f0169328_21311383.jpg

予定が変更となり、その時間が空くことになりました。そこでツイッターを見ていたら、雑誌Figaroのアカウントで「きものの文様」という展覧会が新宿の文化学園服飾博物館で行なわれている事を知りました。ウェブサイトを見たら、「行きたい。色に囲まれたい」と思って、行ってまいりました。めったに行かない新宿に。

ここは文化服装学院とか、文化学園大学とかっていう学校の運営している博物館で、年に4回、こういった特別展示を行っているんだそう(残念ながらそれ以外の期間は閉館するんですって)。会場はそれほど大きくなくて、1階と2階にそんなに大きくない展示会場。1時間くらいで観終わる感じです。

そしていざ入ってみると・・・
着物の世界が素晴らしすぎてうっとりです。言葉では上手に表現できない、素晴らしい衣服の文化。

-- 日本のきものには世界に類を見ないほど多種多様な文様が表され、表現の方法も具象や抽象等さまざまです。自然と共生する日本人の暮らしぶりは、文様表現にも色濃く反映され、身近な植物や動物はもとより、四季の移ろいや、風景に至るまでを文様として着物に取り込んでいます -- (会場でもらったしおりより)
f0169328_2128306.jpg


言われてみればまさにその通りで、季節を意識した素材感はもちろんのこと、色遣いが美しい。

きものの色遣いは、今の洋服の合わせ方にも非常に参考になる絶妙な色遣いが多いのですが、特筆すべきは、きものはドレスであり、上下分かれていない1枚の中で複数の色を使って表現している事です。上半身は薄い水色、帯の部分は白(帯が来る事を想定した上で)腰の下は若草色に金の刺繍、そして裾はちらりと見える朱色、といった、グラデーション、また、その一枚の中にストーリーがあるのです。
f0169328_21282274.jpg
f0169328_21283840.jpg



描かれている絵や刺繍は季節の植物や動物だけでなく、仕立てられた目的(結婚などのお祝い事、長寿や子供の成長を祈るようなもの)に最大限の心を込めて作られた事が、その着物や帯の一つ一つに現れています。刺繍の細かさったら、顔を近づけて見てしまうほど、根性作られています。心から尊敬。展示されているきものたちは、江戸時代頃から昭和初期にかけてのもので、ミシンを使っていません。だからこそ、その細かさに驚かされるのです。
f0169328_2129788.jpg


もちろん刺繍のない普段着のきものもありました。その文様には謎解きのような、シャレの効いたものもあったそうで、そこに楽しみがあったのでしょう。
f0169328_21285160.jpg


これらの貴重な着物をとてもいい状態で保管している文化学園にも感謝です。着物で来ている女性もいて、素敵だったなぁ。

もちろん洋服も大好きだけど、着物の素晴らしさに開眼させられました。

奇しくも、行った日に持っていたバッグが着物の生地を使って作られたもの。きっとここに引き寄せられたのは、最近見た風呂敷や手ぬぐいに心惹かれたからに違いない。

外国に住んでいるのだから、世界に誇れる素晴らしい日本の文化にもっともっと触れて、皆に伝える事ができたらいいのだけど。

あと行けたら、伊豆のつるし雛祭りに行きたい。。。。
[PR]



by af_daba | 2013-02-20 21:38 | Fashion/Art

Miroslava Duma

ファッションスナップを見るのが好きです。街角も、セレブも、ショーのバックステージも。10代の終わりくらいから、自分が見た中で気になるスタイルがあったら切り抜いてノートに貼って保管しています。

時代は変わり、その媒体は雑誌だけにとどまらず、インターネット上で見る事が出来るようになったし、当然それを保存することもできるようになってきました。出て来る人も、ファッション関係のお仕事の人だけでなく、ファッションブロガーという肩書きの人が出てきたり、普通の人も自分のファッションのスタイルを見せるようになってきています。すごい変化。

そうした変化にもいちおう乗っているのかな、私はTumblrというアプリを用いて自分の好きなものを保存してきています、一応。もう始めて2年くらい経つのですが、いつ頃だったかな、今まで保存したものをさかのぼって見て「あ〜私好きなものがブレてないな〜」と確認していた所、何度か同じ人の別のスタイルを保存している事に気がつきました。それまでは、誰ということをそんなに意識していなかったからです。

調べてみたら、Miroslava Dumaというロシア人の女性だそうで、元々はファッションエディター、現在はファッションコンサルタントなどなどをしているようで、つまりロシアのハイファッション界に影響を与えている、ソーシャライツのような人のようです。

はい、この人。
f0169328_214778.jpg



派手だけど絶対的に綺麗な色を使ったり(もちろん挿し色の時もある)
f0169328_2154719.jpg

f0169328_2154344.jpg

シックもあるし、
f0169328_2161283.jpg
f0169328_2162196.jpg

f0169328_2155722.jpg


ロシアというヨーロッパばりばりではない土地柄か、帽子やエンブレム、厚手のコートもなぜかしっくり着こなしたり(この写真は超難易度高いけど、すごい好きな感じ)
f0169328_2163799.jpg


お上品なスタイルもあれば
f0169328_2154344.jpg
f0169328_21155981.jpg


モードも
f0169328_2153896.jpg
f0169328_215375.jpg
f0169328_2116104.jpg


カジュアルも小綺麗に着こなす。
f0169328_2152151.jpg

f0169328_215898.jpg
f0169328_216523.jpg


ドレスダウン上手。
f0169328_2164673.jpg


もっとたくさん好きな感じがあったけど、1回の投稿に写真が15枚しか掲載できないので、特に好きな感じをpickupしてみました。

頭が小さいから、全体のバランスが素敵。言うまでもなくおしゃれだし、小柄な体型が日本人にも親近感があるのかな、日本の雑誌でもけっこう特集されてるようで、彼女のInstagramをフォローしてるのですが、本人が日本の雑誌に乗った事を写真付きで説明してました。かなり注目しています。

ああこういうの楽しい。早く春が来ないかな。
[PR]



by af_daba | 2013-02-10 21:29 | Fashion/Art

Khaki forever

今朝、スマホ専用の写真編集/投稿アプリ、Instagramをのぞいてみたら、すごく好きなスタイルの写真がUPされていました。

f0169328_2565148.jpg
この写真はNYのデパートSaks Fifth Avenueのアカウントが載せたもので、地下鉄の中で撮ったんだそうです。そもそもはこのValentinoの靴、甲のカットの開き具合、色遣い、そしてスタッズ、ほぼフラットなポインテッドトゥに目を奪われました。ぱーふぇくと!!合わせているのが、カーゴパンツだったというのもまた気になったもう一つの理由です。

見ていたら、ミリタリーアイテムを使ったコーディネートがずっと好きだなぁってその写真を眺めていて思ってみたりして。このブログの他にもうひとつ、tumblrのサイトを持っていますが(colors around me)、こちらは自分の写真は載せる事なく、他の人の写真の中で気に入ったものをリブログ(tumblrは持ち主を特定した状態で転載することができます)する、スクラップブック的な使い方をしていて、ここにもいくつか自分の気に入ったミリタリー系のコーディネートがあるのでまとめてみました。(完全なる自己満足)

▲▽パンツ編▽▲
ジャケットのサイズも、カーゴパンツにヒールも、超好み。全体のバランスがいい!
f0169328_2553192.jpg


エスニックとまぜた感じ、それにこの壁の色が好き!
f0169328_2555196.jpg


サンダルにタイツ、肘当てのついたカットソー、ベスト、アフリカン系のターバン、アースカラーの色遣いぜんぶがすごく好き
f0169328_2552299.jpg


これはミリタリー X プレッピー のヒール合わせがさわやかでいいな
f0169328_255586.jpg


ミリタリー X プレッピーで思い出すのはコレ!2007年のBalenciagaこれ好きだったなぁ
f0169328_3273126.jpg



▲▽ジャケット編▽▲
袖の折り返しバランス、スカートと靴のつま先のピンク(靴の形はもちろん◎)、そして手元のじゃらじゃらアクセサリが絶妙にいい。この写真の色の加工具合(ピンクが鮮やかに出ている)もより素敵に見える。
f0169328_2553861.jpg


カーキとと黒髪いいな ちらっと入り込んでるピンクも関係ないけど写真全体のバランスとして助けている気がする。
f0169328_2551349.jpg


これはミリタリーではない、上品なカーキのジャケットだと思うけど、袖の出し方、小物の色含め好み。右の人の肌の出し方も上品で良い♡
f0169328_2561131.jpg


持っている服のほとんどはベーシックなものですが、色や形の微妙な違いにこだわりたい、というのが私のポリシーです。いっぽうで、細かい色の差はどうでもよかったり、淡い色の服は人気がないのか、ジャマイカで見つけるのは至難の業でもあります。
日本ではそろそろ秋冬の洋服が並び始める頃だと思いますが、今年はどんな感じですか?

♡追記♡
またまた今度は同じくNYのデパート、Bergdorf Goodmanのアカウントから、ちょい型違い/色違いがUPされました♪Leopard柄。載せてはみたものの、黒のほうが好み♡
f0169328_1411105.jpg


*すべての写真はインターネットに掲載されているものをお借りしました。
[PR]



by af_daba | 2012-07-18 12:54 | Fashion/Art

生地屋さんで

最近、所用で生地やさんに通ってます。
何を作りたいか、まで行く前に、かわいい生地を見つけては、ドキドキし、想像を巡らしています。

昨日は綿のボーダーの端布を買ったので、まわりを縫ってワッペンや刺繍をつけてグルグル巻けるストールにしようか、スカートにするか、鏡の前で布といちゃいちゃしてました。

前から何か作りたいと思っている麻布。この国にいると、オレンジやターコイズブルーがとってもきれいに見えます。スカートとか涼しそう。
f0169328_1321718.jpg
ほんとはリネンは漂白や染めていないナチュラルがいいのでしょうけど。

f0169328_1321863.jpg
f0169328_1321895.jpg
色違いで見つけたインテリア用の少しかたい布。色がきれいだったので、テーブルクロスにしたい。色を迷い中。

f0169328_1321953.jpg
これもインテリア用。色が上品で好み。

アフリカンバティックでバッグも作りたい!前に載せたときから、だいぶ欲しいのが絞られてきたから、そろそろ買う予定♪

お店を出たら、ネイルのお姉ちゃんにバッタリ、彼女は遠くから私を見つけてたらしく、笑いながら近づいてきて、気付いてなかった私は、なんだろ、この人…笑ってー、と思っていたのでした。それには理由があって、私は外国人で目立つのと、黒人女性は頻繁に髪型を変えるため、先週ショートヘアでも、今週には超ロングになれます。だからパッと見ても私にはわからなかったのです。

暑かったけど、楽しい午後でした。
[PR]



by af_daba | 2012-07-12 12:42 | Fashion/Art

she gave this hat to me

先日ジャマイカに仕事で来た、海の似合うカメラウーマンさんがくれたハット。かぶる角度を研究中…
f0169328_135437.jpg

[PR]



by af_daba | 2012-07-09 01:01 | Fashion/Art

CAN'T STOP SMOKING!

Kate x Supreme = Skate Moss <3
!
f0169328_1623032.jpg

[PR]



by af_daba | 2012-02-18 16:18 | Fashion/Art

Rihanna

Rihannaが最近髪をブロンドにしたんですって。
f0169328_14451262.jpg


どうですか。
この、カリビアンな、それもゲットーなテイスト丸出しのブロンド具合と、服の感じ!でもこういう子、ジャマイカにいるよね。(彼女はカリブ海の、Barbados(バルバドス)出身)おまけに最近、両手の指にTHUG LIFEって白いタトゥー入れてたし、Badass具合が。。

でも、先日のアルマーニではこんな素敵な顔を。超素敵。
f0169328_1445168.jpg


海ではとってもCuteな。
f0169328_14445416.jpg


わたしはこの感じ普段っぽくて好きだなぁ
f0169328_14444681.jpg


赤毛の時はガーリーでかわいかった!(California King Bedの頃)
f0169328_14443878.jpg


1年くらいごと?アルバムのイメージも含めて髪型や雰囲気をクルクルと変えている彼女ですが、最初の頃はかわいらしい印象でした。
f0169328_1450693.jpg
まさかこんな大物になると思わなかった。だって2007年頃、新人だった彼女はプロモーションのために来日してたけど、Nikeの無料イベントでライブしてたくらいで、その頃から私は注目してて、そのライブに当たったのに行けなかったという苦い思い出が。。


その外見が変わるたびに注目していますが、黒髪おかっぱ前下がりの時はあんまり似合わなかったかな。ま、いずれにしても、どれも付け毛であり、どれだけライブで汗をかいても、そして海で暴れても、プロがいるしね、いいな〜

ただオシャレなだけじゃないし、アメリカナイズされすぎていない。時には網シャツ、時にはカーニバルでワインしちゃったり、典型的なアイランドガールな雰囲気(それもゲットー寄りじゃない?)が残っているからこそ、等身大な若い女の子、という感じで親近感があるのかも。あと、歌う時の言葉の発音も、あえてカリブ訛りにしている曲もあるしね。

ニッキー ミナージ(彼女はアメリカ育ちだけど、同じくカリブ海の島、Trinidad & Tobago生まれ)の人気も、あのコテコテなメイクと、下品さ具合がジャマイカ人には人気。ビヨンセよりも全然人気がある印象(感覚値です)。

リアーナのスッピンは、普通の黒人の女の子って感じで、髪がuglyだとほんと見られたもんじゃないからこそ、ジャマイカ人も磨けばこのくらい光るのかな?と思わずにはいられません。

かわいい女の子見てるとほんと楽しいな〜。変な意味じゃなくて。
*写真はウェブ上でお借りした物です。ありがとうございます!
[PR]



by af_daba | 2012-02-02 23:44 | Fashion/Art

お土産屋さんで

今日は街に出たついでに、少し時間があったので久しぶりにお土産屋さんをのぞいてみました。

お土産のTシャツって、その土地をアピールすることが多いので、解りやすい字体、色遣い、モチーフが多いと思います。ジャマイカは特に、JAMAICAって大きな字で書いてあったり、黄色と緑と黒のジャマイカの国旗の色を使ったもの、もしくはラスタカラーのものが多いです。そして欲しいものに出会った事がありません。

でも、そんな中でも、たまーーーーーにそういったものとは少し趣向の違うものがあります。そういうのを探すのが楽しい。

今日見つけたのは、シンプルでちょっとかわいかったです。黄色がいいな。
f0169328_755043.jpg
f0169328_7551632.jpg
f0169328_7552968.jpg


これなら海に行く朝、水着の上に着ても良さそう、なんて考えてみたりして。

あと、ジャマイカのリゾートに行くと、白人の年配のご夫婦の旦那さんなんかが、お土産Tシャツを着てるのをよく見るのですが、なんかアレはアレで似合ってるのはどうしてでしょう?!うちの父親が着ても似合わないのにな〜(苦笑)

さて、微熱はまだ続いていますが、カラダは元気!そしてよく食べてます!
[PR]



by af_daba | 2012-01-21 08:03 | Fashion/Art

HELL YEAH!!!

激かわいいお財布GET!
my girlありがと〜〜〜〜
LOVE YOU and the Wallet!!

f0169328_1925501.jpg

[PR]



by af_daba | 2011-12-10 19:28 | Fashion/Art

あなたがわたしにくれたもの Part2

私のOne and Onlyなジャマイカ人の友達、Ayeshaを照り焼きチキンへ連れて行きました。Ayeshaは、かつて日本に2年間住んでいて、山梨県の高校で英語の先生をしていました。なので日本の事もよく知っているし、日本語も話せるし、英語も上手に教えてくれるし(習ってないけど)、何より彼女の性格がとても好きなので、彼女と遊ぶのはとても楽しいです。

けれども、彼女は大学院生でありながら、学生のためのリーダーシップ研修のコーディネーターをしたり、そのための海外遠征の引率をしたり、自分の日本での体験について記事を書いたり、忙しい子なのです。

この間も久しぶりに遊んだのですが、数日前にコスタリカから帰って来たところで、色々な話を聞かせてくれました。そして「コレ!おみやげ!」と言って、私に貝殻の素材で出来たピアスをくれました。シックで素敵。
f0169328_12364187.jpg


そして、家まで送って、ちょっとおしゃべりしていたら、彼女がアメリカに行った時に、セールで衝動買いしたものの、サイズが合わなかった靴をくれました。唯一自分よりサイズの小さい友達が私だった、という話なんですけれども。

黒系のファッションが苦手な私ですが、これならベージュx黒やカーキでまとめられそう♪

1月に私が日本に行った時は、「胡麻ドレッシング欲しい!」と頼まれたのでそれと、細々したものをあげたのですが、私ももらってばかりじゃ嫌だし、かといって海外に行く予定も今のところないので、ちょっともらいっぱなしで申し訳ない気持ち〜

ジャマイカでは、ジャマイカ人と本当の友達(お金とか関係なく、この人の性格が好きだからという理由で)になるのは本当に大変です。信頼出来るようになるまで、かなりの時間がかかります。ひどい話ですが、まずその子がどういう家の子か見てしまうし。お金持ちの子や、海外経験のある子でも、日本で友達ができるように簡単にはいきません。お財布の入った自分の荷物を置いたまま、席を立つのも不安。ジャマイカ人ですら、簡単に人を入れる事はありません。それを怠って簡単に人を信用すると、物やお金を盗まれたりします。残念ながらこれ、よくある話です。

よく考えてみたら、それは外国人だから、というわけではなく、おそらくジャマイカ人同士でも、信頼関係の構築みたいなものはあるはずです。男女がつきあうときも、信頼するまでにすごく時間がかかると言っていました。

*大家ファミリーのJanetやAbigailは、家族みたいな関係なので、上記には当てはまらず、家の行き来は普通にしてるし、「ちょっとお塩ちょうだい〜」とか昭和的な動きで仲良くさせてもらっています。あと、プリクラを時々手伝ってくれているSharifaも、若いお友達の一人です。

だからこそAyeshaに出会えた事は私にとってすごく大きなことで、これからもずっと仲良く、大切にしていきたい友達なのです。物をくれたからじゃありませんよ!!

ちなみに、Ayeshaはプリクラに来てくれたのが最初の出会いで、プリクラを見た第一声が「えーーー!懐かしい!」。あまりに自然な発音で、顔はジャマイカ人なのに日本人かと錯覚してしまったほどです。そこから私がナンパして(!)電話番号を聞いて遊ぶようになったのです。

いつも会うと話に夢中で、一緒の写真を撮ってないことに今気がつきました。今度載せますね★
[PR]



by af_daba | 2011-06-20 22:18 | Fashion/Art

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

画像一覧