地球のほぼ裏側から・・・

<   2008年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧




魅惑の果実、アキー

毎週水曜日は我が家でネットラジオの放送があるので、朝7時から人が集まってきます(日本の夜9時開始に合わせると、ジャマイカは朝7時になってしまう)。その日だけは朝食作りをさぼっていい日。野菜を切る音、ベーコンと卵を焼いてる音が入るなんてことがあったら困るので、ジャマイカ料理の朝食を買いに行っちゃいます。

ジャマイカの典型的な朝食、アキー&ソルトフィッシュ。
(写真のお弁当箱の上にある黄色と赤いのがそれです)
f0169328_1558299.jpg

アキー?って思うひとが多いと思います。アキーはジャマイカで庭のあるお家ならマンゴーかこれが成ってるというほどジャマイカではポピュラーな果物です。夏になると赤い実がなるのですが、熟してくるとこれが開いて、やや黄色をした身の部分とそこから出ている黒い種が見えてきます。この状態になって初めて食べられます。その前に食べようとすると、毒性があるらしいので死に至る可能性が高いそうです。恐っ。また、基本的にアキーはカリブにしか生息せず、また、食べているのはジャマイカだけなんですって。ちなみに今がちょうどシーズンです。(なお、アキーは缶詰があるので一年中食べる事が出来ます)
f0169328_15583137.jpg

さて味はというと、「焼いた卵の黄身のやや半熟寄り」というのがふさわしいでしょう。少しこってりしつつ、わずかにモサっとした舌触りがよく似ています。それをソルトフィッシュ(塩ダラ)と玉ねぎなどの野菜と炒め、スパイスで味付けしたのがアキー&ソルトフィッシュです。塩味が効いていてスクランブルエッグ&ベジタブルみたいで美味しいです。

ところで写真の下のほうは、一番黄色いのがブレッドフルーツ、その上に載る茶色いのが揚げバナナ、下にあるのが茹でバナナ、左上の丸いのがフェスティバル、その下がヤム芋です。これらは朝食によく出てくる炭水化物たちです。

アキー&ソルトフィッシュとお芋やバナナは、野菜が少ないとはいえ、昔のひとたちが1日力仕事をする始まりとして、十分な塩分、タンパク質、そして炭水化物をバランスよくまとめた結果だと言えます。ただ、現代の人たちが力仕事をするわけでもないのに飽きもせず食べ続けると、コレステロール過多で太ります。そんな料理がジャマイカにはけっこう残っています。危険。

これは普通のローカルのお弁当屋さんだけでなく、高級なホテルでも必ず用意してると思うので、ジャマイカに来たら一緒に食べましょう。
[PR]



by af_daba | 2008-07-29 16:13 | Food

Humming Birdとエコの話

少し前に、日本から旦那の友達が来ていたのですが、Kingstonから1時間ほど離れた田舎(車で1時間も行けばもう田舎です)に住むアーティストのレコーディングに行くということでご一緒させてもらいました。

私の目的は、レコーディングを見る/聞くことではなく、知らない田舎に行ってみたかった、ただそれだけです。といいつつも初めて立ち会うレコーディング、そのアーティストの声にドキドキしました。

f0169328_2348510.jpg
その後、いくつかの音声処理をする間、時間があったので、庭でぼけーっとしてると、目の前にある木にブンブン音をさせた鳥が現れました。でも日本で見る鳥のように木にはとまってないんです。すると友達が「あ!ハミングバード!これなかなか見られないんだよ!」と。3人でカメラを構え、撮影大会となりました。わたしもハミングバードのことはあまりよく知らなかったのですが、ジャマイカの国鳥で、日本名は[ハチドリ]です。

ということでWikipediaに載っていたものを転載します。

-------以下、Wikipediaより---------------------------------------
f0169328_23593533.jpgハチドリはハチドリ科に属する鳥の総称である。 鳥類の中で最も体が小さいグループであり、体重は2~20g程度である。 毎秒約55回、最高で約80回の高速ではばたき、空中で静止するホバリング飛翔を行う。
「ブンブン」とハチのような羽音を立てるため、ハチドリと名付けられた。英語でも、その羽音からハミングバード(Hummingbird)と呼ばれている。
----------------------------------

初めて見る鳥にわくわくしました!
そしてその後、この家の人にマンゴーのおみやげをいただきました!
特に努力もしてないのに「お金ちょーだい!」とすぐ言う人がいるこの国で、人からものをもらえるとその逆のせいかとても嬉しくなります。

ところで、インターネットの会社を辞めてからジャマイカに行くまでの間にお手伝いしていたエコ系のイベントで出会った、ハチドリに関するいいお話があります。

[ハチドリのひとしずく]
 森が燃えていました
 森の生きものたちは われ先にと逃げて いきました
 でもクリキンディという名の
 ハチドリだけは いったりきたり
 口ばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは
 火の上に落としていきます
 動物たちがそれを見て
 「そんなことをして いったい何になるんだ」
 といって笑います
 クリキンディはこう答えました

 「私は、私にできることをしているだけ」
----
出典・「ハチドリのひとしずく」 光文社刊
================================

わたしもエコに関心がある一人として、ジャマイカではたったひとしずくにしかならないけど、これをやらないと始まらない、と信じてレジ袋をもらわないようにしています。

ハチドリのひとしずくに関する情報はこちら


ちなみに、ジャマイカでは、エコの考え方がまったくありません。そしてゴミの分別も無し、人々はそこら中にゴミを捨てます。ゆえに不衛生なところもあります。でも、周りの人にそれをすることで自分たちが苦しむんだということを伝えています。だってハエはもちろん、黒いアノ虫とか出やすくなりますからね!街も臭い時があるし!(リゾートエリアはそんなことありません)

そんな中で見つけたRecycleのゴミ箱。ジャマイカに来て初めて見ました。これが増えて、そしてみんなが分けてくれるようになるといいなぁ。
f0169328_23492574.jpg
[PR]



by af_daba | 2008-07-28 00:01 | Life

海へ!

先週の土曜日は一日中雨。島が流されるんじゃないかと思うほどの大雨。私がこちらに着いてから雨があまり降っていなかったので心配していましたが、これでダムにも少し水が貯まったことでしょう。外で過ごすのが大好きなジャマイカ人にとって、雨の日は何もすることがない暇な日です。

そして翌、日曜日。昨日の雨がなかったかのようにすっきりした空。こちらでは、まだ日曜日は教会に行く日、休息をする日、と考える人が多いので、街に出てもお店のほとんどは開いていません。ランチは家でとり、夕方になって「混んでるけど海でも行く〜?」ということになり、旦那の友達に電話すると、子供と遊んでるということなので一緒に行こうと誘ってみました。

こちらの海での過ごし方について解説すると、まず、ジャマイカでは近所の海に行く場合、真っ昼間には行きません。朝から行くのはビーチを走ったりする人や、わざわざ船に乗って無人島に行く時くらいです。暑すぎてひからびてしまうので日焼けしつつ寝ちゃった!という私みたいな人はいません。なので、混雑するのは夕方、3時を過ぎてからです。日本は3時というと帰る時間なのに。また、大人はTシャツなどを上に着て泳ぎます。この理由はまだ不明ですが。

f0169328_582447.jpg私たちが行ったのは、キングストンから一番近くのヘルシャービーチという、東京の人からすると江ノ島のようなところです。海は前日の雨のせいで残念ながら濁っていましたが、人々はというと、皆ストレスがたまっていたのか、大混雑していました。


f0169328_58537.jpg友達の息子、Aliは日本人とジャマイカ人のMixで、日本人のシャイな性格と、ジャマイカ人のいたずらっ子な性格を見事に兼ね備えており、こんにちわと挨拶したときはママの後ろの隠れていたほどだったのに、海に着いたらテンションがあがって知らない子とどっちが大きい砂山を作れるか競争していました。かわいい。

また、ここには、なぜか馬がいて、お金を払って載せてくれる、という、鳥取砂丘のラクダ的なアトラクションがあります。Aliはこれに乗りたくて乗りたくてママにおねだりしていました。でも結局OKは出ず、諦めることに。。とはいえ色の着いた綿アメ(手に持ってる)を買ってもらえてご機嫌になっていたのでよかったです。
f0169328_511860.jpg

AliのママのDionneは二人の子供を育てながら学校に通う27歳。マーケティングを専攻しているんだそうです。恐妻だと聞いていたのですが、笑顔がかわいい女の子でした。といってもママですから、しっかりしてましたね!

帰りの車では、旦那が日本人なのに日本語を話せないDionneと、パトワが話せない私は、今度Language exchangeしよう!という約束をしました。女の子の友達が増えるとテンションがあがります。またひとつ楽しみが増えてきました。
[PR]



by af_daba | 2008-07-25 05:11 | Life

I am the chef. な夜

先週、仲良くしてもらってるTaylor家の奥様、Janetと話していたとき、彼女が「ヘルシーな日本食がたべたい〜い!今度レストランでオーダーしてうちで食べたい!」といい出したので(あ、こっちはほぼすべてのレストランにおいて、料理を持ち帰ることができます)、「じゃあ今度の金曜日、なんかみつくろってオーダーしてきてあげるよ」と私と旦那。

でも、レストランに行ってメニューを見ると、お寿司(ロール含む)以外はハンバーグ、天ぷら、すき焼き、照り焼きチキン、カレーライスなどなど、あんまりヘルシーじゃなさそう。

彼女は生の魚はダメ、となると油っぽいのばっかり。それなら私が作ろう!と一大決心したのです(おおげさ)。

[メニュー]
・生春巻き(レタス、人参、アボカド、クリームチーズ)
・肉なしの肉じゃが(ジャガイモ、人参、タマネギ、いんげん)
・炊き込みご飯(ツナ、ひじき、人参)
・サツマイモだんご(サツマイモ、そうめん)* Pleasure Cookingより

[このメニューにした経緯など]
生春巻きは日本食じゃないけど、野菜食べたい!というリクエストがあり、また、(1枚のお皿にちょこちょこ盛るであろうという前提で)サラダは取る時も食べる時もお皿の中が散らかりやすいので、そうならないもの、と思って決めました。スイートチリソースを持って行ったのですが、彼女はこれをすごく好んでくれて、そして野菜をがっつり食べられると喜んでくれました。肉好きで、「野菜だけじゃ物足りない!」と言うTaylorパパもこれは食べてくれました!

f0169328_14204420.jpg肉なしの肉じゃがは、日本の典型的な煮物の味つけを知ってほしくて、そしてこちらも野菜を食べてほしくて、レストランで頼むのをやめ、私が作ることにした瞬間から決めていたメニューです。肉なしでちょっとコクがないかな?と思ったけど、さっぱりと程よく味付けできました(自己満足かも)。そしてJanetはこれを一番喜んで食べてくれました。

f0169328_14212183.jpgそしてご飯。ジャマイカのご飯よりももちもちした日本米の味を飽きずに味わうとしたら・・・ということで私の大好きな炊き込みご飯にしました。でも中に入れるものを考えた時にキノコが高いのに躊躇し、頭を悩ませた挙げ句、ツナを入れてみました。ひじきもちょうど3日前に妹が送ってくれた荷物に入っていたので早速使ってみました。私が食べてすごく美味しかったです。

f0169328_14195044.jpg最後にデザート!これはジャマイカにもある材料で普通に作れるものを、と思って、私が1年間お世話になっていたお料理教室、Pleasure Cookingのレシピを見ながら考えていたところに「おっ!」と思って決めたものです。元のレシピは、最後にこの団子を割って"甘栗むいちゃいました"を置いて、イガ栗が割れたように見えたところで完成なのですが、当然こちらには甘栗がないので、割らずに持って行きました。どうやらJanetには周りに付けたそうめんが気になったらしく、これなあに?と聞かれました。こちらも甘すぎず美味しく出来ました。(写真参照、ただし持って行かなかった分を撮影したため、一つが少しこげ気味です)

[まとめ]
いずれも楽しく食べてもらえて本当に嬉しかったです。また、もう少し自分でメニューについて流暢に説明できたらなぁ、と思ったので、次回はメニューとレシピを紙に書いて持って行こうと思いました。それからミソスープもリクエストがあったので、こちらも次回のメニューに追加。
今回野菜を熱望されたのは、やはりジャマイカの料理では野菜だけをたっぷり食べるということがあまりないからです。私も意識しなければ日本にいる時よりも野菜不足になりがちなので、さらに料理を頑張って行こうと思いました。
私はあまり料理が上手なほうではないので、自分だけのスペシャルなレシピを持っているわけではなく、自信を持って人に出すということを今まであまりしていませんでした。でも今回は自分の作った料理に対して喜んでもらえること、そして日本食を好んでもらえることがこの上なく嬉しかったです。それはおそらくこの国に来てから「自分という人を必要としてくれる人」が旦那以外にいなかったからというのも理由の一つだと思います。人は、というより私は、自分という人間が必要とされていることに自らの存在価値を感じています。だから今日は私自身がすごく嬉しくて楽しかったです。
[PR]



by af_daba | 2008-07-19 14:22 | Food

The Devon House

先日、キングストンの街の中にある大きな白いお屋敷、Devon House(デヴォンハウス)に行ってきました。ここは、いつもほこりっぽくて昭和初期のムード漂うジャマイカの中でも数少ない異国を感じさせる場所です。

f0169328_364592.jpg


==================
[The background of Devon House]
1881年にジョージ・スティーベルという人によって建てられた彼の家です。彼は、ベネズエラで金を掘り当て、ここジャマイカはキングストンに、このデヴォンハウスを建てました。
彼の没後しばらくは彼の娘がここに住んでいたそうですが、1967年よりジャマイカ政府がこのデヴォンハウスの管理を始め、1982年より一般開放されるようになったそうです。
(ちなみにイギリスから独立したのは1962年)
==================

中を説明してくれるツアーに参加しよう!と思い、建物の中に入り、「ツアーに参加したいんですけど〜」と張り切って言うと、「はいわかりました。では行きましょう」と。展開早い!(ジャマイカ人、基本的にはのんびりしてるのに〜)でも始まってみてなるほど、実は2階建てのこの建物、2階は修復中とのことで見られなかったので、すぐにツアーが終わってしまうのです。残念。でも1階はエントランス、リビング、ダイニングルームがあり、ヨーロッパや時々見られる東洋風のものなど、素敵なアンティークの調度品がありました。私が一番気になったのはシャンデリア。シンプルで、古い物であるのにもかかわらず、金の部分はよく磨き上げられていて素敵でした。


f0169328_374397.jpg

f0169328_38948.jpg


今回、古い建物や美術品が大切に、長い間きれいな状態で保たれ続けていることには意味があると改めて思いました。私が訪れた国々、そう多くありませんが、そこで見た、美術館や歴史的建造物やそこにあるものを見た時には、芸術作品やすばらしい建物が多く生まれる場所だったせいか、それを強く感じることはありませんでした。それはおそらく、国や団体が保管する体制を長く保ち続けているからでしょう。貴重なのはもちろんわかっていましたが、当たり前に思ってしまっていたのでしょうね。(映画「パリ・ルーブル美術館の秘密」を観た時はさすがに思いましたが)何かが生まれる時っていろいろな要素と、タイミングが重なった、感動の瞬間なのに。

ジャマイカは独立してからの歴史がまだ短く、それまではスペインやイギリスに支配されて、奴隷として働き続けていた暗くて辛い日々なので、彼らの祖先が楽しみながら何かをするには音楽しかなく、美術品などはほぼ残されていません(美術に関しては余裕がなければできないことだと個人的に思います)。そして、レゲエ好き以外の人たちには観光するスポットがあまりなく、かつ、長い時間をかけて洗練されてきたものが少ないこの土地にこのデヴォンハウスがあることは、ありがたいと感じ、また、街の様子と比較すると若干の違和感を感じつつも、人々のオアシスになっているのではないかと思いました。(庭園が非常に広く、館内に入らなくても気軽に庭でのんびりすることができるので、子供たちが遊びにきていたり、カップルがくつろいでいるのを目にしました)

さて、ここにはその建物の他に、いくつかのショップが入っています。一番有名なのはアイスクリームショップ、"Devon House I-Scream" です。たとえデヴォンハウスの館内に入ったことがなくても、デヴォンハウスと口に出せばまず「アイスクリームが美味しいから絶対行きな!」と誰もが言うほどです。土日は長蛇の列ができるときもあるとか。味は「そりゃ誰もがいうわけだ」と思うほど、さらにジャマイカで採れるフルーツを使ったフレーバーが多いのが特徴です。名前もかわいいですよね、I-Screamだなんて。ちなみにこのアイスクリーム屋さんはジャマイカ国内のモールや観光名所に支店を持つほど広く展開されています。今回はランチ後だったのでお腹いっぱいで食べなかったのですが、お店の写真を載せておきます。

f0169328_38368.jpg

*この写真のみデボンハウスのページから拝借しました。

他にもおみやげショップもあるので、ぶらぶら見ていたらだいぶ長居してしまいました!深呼吸してくつろげ、太陽の光と時々やってくるそよ風をのんびり感じることが出来る素敵な場所であることは間違いなしです。
[PR]



by af_daba | 2008-07-16 03:21

ジャマめし

ジャマイカに来て1ヶ月が経ちました。あっという間の1ヶ月。いろいろなことがありました。

暑さにはまだ慣れず、これを書いている今も汗だくです(土曜日お昼の14時半)。この暑さで痩せることを期待していた私ですが、食欲は変わらずあるので、その気配なし。ただ新陳代謝は異常なほどいいはず。おまけに体調を崩したり、お腹を壊すこともまったくありません。お友達の皆さんがよく私に言ってくれる「ジャマイカ行っても順応性ありそう」の言葉の通りです!何より私自身ができるだけ溶け込みたいと思ってるのです。人大好きでよかった。

前置きが長くなりましたが今日はジャマイカご飯についてご紹介したいと思います。基本的にジャマイカ人の料理は材料の数だけ無数にありますが、味付けは両手で数えるほどしかありません。つまり中身は変わっても、味付けはいつも同じような感じです。

もちろん毎日ジャマイカ料理を食べているわけではなく、和食を愛する私たちは、日本を出る時にリュックに炊飯器を入れて持ってきたほど「家で日本と変わらず、美味しいご飯を食べたい!」。よって日本米、納豆、みそ汁を基本とした食事をこちらでもしています。ただ、外でちょっとしたお弁当を買うほうがよっぽど安い、それくらい遥か遠い母国、日本の食材は貴重、そして高価なものです。こんなことをしているので自炊のくせにエンゲル係数が高い・・・最近は燃料が高いせいもあり、お米の値段もそれに比例してあがる一方だそうです。切ない。

f0169328_416369.jpgこれはジャマイカの典型的なボックスランチ。こちらの人たちはお昼ご飯にお弁当を持ち歩かず(暑いから傷みやすいのでしょうか)、あちこちにあるご飯屋さんでお弁当形式になっているランチを買います。フライドチキンにライスアンドピーズという細長いお米とレッドビーンズをココナッツミルクと一緒に炊いたごはん、マカロニサラダ、キャベツ千切り。これでJA$300(JA$1=1.5円)、450円といったところでしょうか。仕切りもなくぎっしり詰め込まれていますが、ご飯が日本米とは違ってさらさらしているのでチキンと合っています。これが日本米だったらお腹が破裂することでしょう。また、チキンに下味付けされた味が決め手です。他のお店との差はここでつきます。

日本米ってもちもち、ふっくらしてて栄養たっぷりって感じがします。これはジャマイカに来て、こちらのお米を食べるようになってから実感したことです。


f0169328_4162688.jpg次にジャマイカ料理のファストフード、Island Grillで食べたセット。こちらは上にもでてきたライスアンドピーズに、チキンとジャガイモがカレー風味で煮たもの、それに生野菜です。いくらだったかな。JA$400くらいだった気がします。普通に美味しかったです。

*Island Grillのウェブサイトを探しましたが、どうやらないようです。企業やショップにおけるWebSiteの展開がまだまだなジャマイカです。Webで調べることが当たり前になっている今日この頃、時にもどかしさを感じていますが、その反面で「電話して聞く」というのは私にとっては貴重なトレーニングだったりもします。WebSiteを作れる人募集!!!(マジな話、すごいビジネスになると思います)


f0169328_4164479.jpgそして3枚目、これは見たまま、焼き魚です。年中暖かいカリブ海では日本の荒波に揉まれた根性のある、そして身の引き締まった魚とは違い、人同様に魚の身もあまり引き締まっていないようです(笑)当然、生で魚を食べようとする人なんて海外に行き慣れたリッチな人々だけです(数少ない日本食レストランにはお寿司が置いてあります!)。ある日突然魚を食べたくなった私は、車に乗せられ連れて行かれるがまま、国道沿いのこの魚を売る屋台へ。付け合わせてあるのはオクラです。"Okuro"と呼ばれており、1本の大きさが日本で売られている物の3倍くらいあり、スーパーではそれが10本ほど入ってJA$30(約45円)です。ローカルで作られる野菜は値段も手ごろで美味しい。さて、魚は焼かれているのですが、この中にカラルーと呼ばれる、ほうれん草のような緑の野菜が入っていてそれがちょっとした楽しみのひとつとなっています。魚に飢えていた私は骨だけきれいに残るほど美味しくいただきました。

そしてその横のアルミホイルに包まれているのが、なぜこう呼ぶのか謎な"フェスティバル"。祭り???と思うのですがなぜかこう呼ばれているのです。味はさくさくした揚げパンです。お店や家庭によって味が異なると言われていますが、日本人にはお菓子のような存在です。これも主食として食べています。


この他にも私たちが日本では見ることのない野菜や果物がたくさんあるのですが、収穫の時期もあるのでその時がきたらまたご紹介します。ちなみにもうそろそろアキのシーズンです。アキは不思議な果物です☆
[PR]



by af_daba | 2008-07-13 04:33 | Food

田舎に泊まろう Day2

f0169328_6293575.jpgさて昨日の続き、就寝したところからですが、わたしとJanetは同じベッドで(ってなんか書き方あやしいけど)寝ました。しかし朝起きると、足がわたしにぶつかっていて、ベッドでかいのにJanet寝相悪いんだ、なんて思ってぱっと見ると、、ちびっこが!!びっくりしましたが、誰かの子供か〜と思って起床することにしました。(この子)

前回の写真にあった大きなベランダ(ジャマイカはベランダが玄関にあります、アメリカのポーチみたいな感じです)でストレッチしつつ、外を眺めているとニワトリ!!しかもヒヨコがニワトリの後ろにくっついています。こんな光景を見たことがなかったので驚きです。日本では生まれてきたほとんどの卵は孵化させることなく、私たちが食べるための卵になってしまいますもんね。

f0169328_6274660.jpgところで皆さんご存知ですか、ヒヨコは生まれて初めて目にした物を「親」だと認識し、そのあとをひたすら追いかけていくことを。たとえ初めて見た物が風船であっても、ヒヨコは風船のあとを追いかけ、風船が割れてなくなると混乱しだします。小学校の時に見た実験映像が突然フラッシュバックしました。

もどって朝ご飯は茹でたバナナとダンプリン(again)、そしてチキンのレバーを甘辛く煮たものでした。まずバナナを茹でて食べるのは日本では考えられませんが、こちらでは、まだ青いバナナを茹でて朝食に食べることが多いようです。また、チキンを多く消費し、無駄なく使うこの国の人たちはレバーも食べますし、フライドチキンも骨までぼりぼり食べます。食生活が違うと朝から面食らいますね。わたしとしては、「一宿一飯の恩義を」と思っていたのですが、お皿を片付けることくらいしかできずにさよならを言わなければなりませんでした。が、またここへ戻ってきたいし、その時にはもう少しパトワを理解できるようになるから!と約束しました。

そこから移動し、またJanet's ママの家へ。日曜日だったのですでにママや子供たちの数名は教会へ行ってしまい、会えなかったのですが一部の人たちとバイバイを。こういう瞬間はとてもさみしいです。また来られるのでその時にまた話したいですが。

そしてまた日常のあるKingstonへ。わたしにしてみればまだKingstonは日常ではない感じですが、Taylor家に寄り、改めてお礼を言い、Abigailと楽しかったね、また遊ぼうね、と以前より少し距離が縮まったのを実感して帰宅しました。

わたしがお礼としてできるのは、日本食に興味ありありのJanetを夕食に招くことです。今から何を作ろうか考えているところですが、Raw Fishなんて食うもんじゃねー!というパパにサーモンくらい食べさせることが出来たら、と考えています。

今回の旅で、写真をたくさん撮ることをためらってしまったのですが、ブログを書いていて「文字だけじゃみんなに伝えきれない!」と反省。旦那いわく「みんな写真撮るって言うと喜ぶから大丈夫だよ」とのことですので、今後はもっと撮りたいと思います。
[PR]



by af_daba | 2008-07-09 06:32 | Life

田舎に泊まろう Day1

こんにちは。
昨日から超個人的夏期講習が開始されました。目的は英語およびパトワの習得とジャマイカ人とつきあうノウハウの習得です。

なーんていうとまじめっぽいですが、実はこのゲストハウスのヘルパーのおばちゃんの孫娘が夏休みということで田舎からやってきたのです。去年の夏は旦那がわたしとSkypeを通じて会話しているところへやってきて、それ以降、何度か会話をしていたのですが、今年は一緒だね〜なんていいながら、再会を喜びました。

彼女との日々はまだまだ始まったばかりなので別の機会に書くとして、今日は週末に遊びに行ってきた田舎の話しをしたいと思います。

まず、先週金曜日におなじみTaylorパパのところへ様子をチェックしに行きました。ちなみにジャマイカ人は男性でさえもおしゃべりが大好きなので、特に用がなくても人の家に行きます。みんなだいたい「チェックしに行く」と言います。ちなみにパパがいたのは、家ではなくゲットーの道の友達の車で、後ろの荷台に乗って友達とダベってました。暗くてもまだ子供たちが外で縄跳びをして遊んでいる、その姿はまさに昭和です。(わたしが小さな頃は、暗くなっても外で遊んでいました)

その時の会話の中でパパが「明日からみんなでJanet(奥さん)の田舎に行くんだ」と言いました。そこで週末は旦那が仕事があり暇なわたしは、長い時間ジャマイカ人の中でわたし一人、という状況がなかったので、一緒に連れて行ってもらおうかなと思い、「パパーもしよかったらアタシも行きたい。アタシ一人だけど」と日本人っぽく少し遠慮がちに言ってみました。対してパパ、「オー!おいでおいで!もしよかったら、なんて言わなくていいんだよ!来なさい!」って。なんとまあ嬉しい。あとで聞くと、ジャマイカ人は家に人が来てくれることをすごく喜んでくれるので、遠慮しなくていいとのこと。

そして翌日のお昼に出発です。パパ、Janet、娘のAbigail(11歳/超クールなシティガール)、そしてわたしの4人。キングストンから3時間くらい、場所はDiscovery Bayというところです。その名はあのコロンブスが初めてジャマイカに上陸した際に着いた場所というところから由来しているそうです。

This is Jamaican style!
[PR]



by af_daba | 2008-07-09 06:27 | Life

Caribbean Sea

なかなか暑くならない日本で夏を待つ皆様に、常夏のここジャマイカより青い空と美しい海の写真をお届け!

最初の2枚は、私が住むキングストンから来るまで40分くらい行ったところにある、Hellshire(ヘルシャー)という場所のビーチです。この日はジョギングしに行きました。早い時間だったので人がいなかったのですが、お昼頃になると観光客でにぎわい、夕方になると現地の人たちで賑わうそうです。
f0169328_738485.jpg
f0169328_7403894.jpg


そしてこの2枚は、Ocho Rios(オチョリオス)という、カリブ海の島々をまわる、マイアミからのクルーズシップが寄港する大きなリゾート地へ行った時の写真です。イルカと遊べる、という触れ込みのウォーターアミューズメントだったけどイルカとは遊びませんでした。シーカヤックと海を突っ走るボートに乗って、あとはビーチでのんびり。ビーチにベッド(4枚目)があるのがジャマイカっぽくなくて、贅沢な気分に浸れました。
f0169328_738296.jpg
f0169328_7391010.jpg

[PR]



by af_daba | 2008-07-04 07:56

無い物ねだり

こんにちは。
ここのところ暑すぎてだらけてしまっていました。反省。夜は涼しいのに昼は頭から湯気が出そうなほど(というより多分出てます)暑い。。人もあまり歩いてません。

ジャマイカが陸上、特に短距離で成績の優秀な選手を輩出しているのはご存知ですか?最近は男子100mで世界記録を出した、アサファ・パウエルがいます。数日前もオリンピック選考会があったようで、その目で世界記録が出る瞬間を見たい人たちでにぎわっていたようです。

ところでジャマイカに限りませんが、アフリカ系の人たちのお尻ったら、どんなに大きくてもきゅっとあがっていて、骨盤が超前傾していて、短距離走にむいている形をしています。当然私たち日本人のそれとはそもそも違う物で、お尻になにか入っているんじゃないかと思わされるほどです。

昨日遊びに行った場所では、女性のお尻が私の手にぶつかったのですが(私が触ったわけじゃないです)、弾き飛びそうなほどの弾力でした!体型に加えて肌質が違う!

分け目きっちり
[PR]



by af_daba | 2008-07-04 07:37

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

画像一覧