地球のほぼ裏側から・・・

<   2009年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧




Hello Japan!

23日より日本に戻ってきました。

10か月ぶりに東京を見てみたら、レインボーブリッジから見たお台場が自分のいた場所と違い過ぎて、「東京すごい!」って思ったり、三軒茶屋の空が狭くてウッとなったり、初めの2日は夢を見ているようだった。

そのくらいジャマイカと日本は違うんだなーって思ったし、たった10か月でジャマイカ中心の視点でものを見るようになってる、ということに気がついた。

でも青梅(河辺)に髪を切りに行ったら、空が広くて、青くて、ホッとした。
f0169328_0414126.jpg
f0169328_0415077.jpg


SMZKさんいつもありがとうございます!ゴッドハンド!
[PR]



by af_daba | 2009-04-29 00:42 | Japan!

Soca Carnival in Jamaica

今日はソカ カーニバルの日。
うちの近くの通りを練り歩いていたので観に行ってきたよ。
みんな楽しそうだった〜



コスチュームは無理だけど、頭の羽はつけてみたい!!
[PR]



by af_daba | 2009-04-20 11:28 | Life

ついに!!

10か月ぶりに帰国します★
あれもこれもやりたいことだらけの日々になりそうですが
東京時間に着いて行けるかな。。

お友達の皆様会えるの楽しみにしています。

写真はいつも行く洗車屋さんに産まれた犬達!
前回行った時より大きくなっててかわいい!!
f0169328_456246.jpg


ジャマイカ時間の月曜日出発で着くのは木曜日の朝です。。
遠すぎる。でもみんなに会える!お寿司食べられる!お風呂入れる!などなど
たのしみのためにがんばります!
[PR]



by af_daba | 2009-04-19 05:02 | Life

映画 Knowing を観てきたよ

Easter(復活祭)でホリデーなこの週末。

またまたAbigailに誘われて今度は映画へ。
それも前回はママと3人で行ったのですが、今回は2人で。
(だいぶ信用されてきたのかな)
いちおうジャマイカにもシネコンがあって、常に6個くらいやっているので
その中から選ぶことに。

「行きたい!けど、映画の内容によっては英語が難しいかもよ」と言ったら
その中からKnowingを選んできてくれました。

f0169328_1320594.jpg


この映画は私の好きなニコラス・ケイジの作品で
前回映画館に行った時も上映予告がされていて興味を惹いたので
観たかったものの一つ。

ある日のこと、ニコラス・ケイジの息子は、自分の通う学校で
50年前に埋められたタイムカプセルを開ける式典に参加する。
ランダムに配られたその中身、当時の生徒が書いた手紙から
彼の手元に渡ったのは便せんいっぱいに書かれた数字の羅列。
一見、メッセージ性もなくつまらないものだが、
実はその中に大変な意味が込められていた。
父親であり、星の研究をする大学教授であるニコラス・ケイジは
その謎を解きながら、大きな決断をすることになる・・・

というのが大まかなストーリー。
声をあげてビックリしてしまうシーンもあり、かなりスケールも壮大。
壮大すぎてついていけない所もありましたが、、、

今回もそうだったのですが、やはりキリスト教、聖書に関することが
謎解きに使われていると、字幕なしでは理解できないこともあります。
今回も、終わってから「あれってどういうことだったの?」と
Abigailに聞いたわけで。。

トレイラーはこちら。


ほかに、予告で観たいと思ったのは
・レボリューショナリーロード(レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレット)
・デュプリシティ(ジュリア・ロバーツ)
といったところでしょうか。

もっと英語勉強して映画の内容がわかるようになりたーい。
映画をいっぱい観て、英語の勉強をする、というのももちろん手ですが!
[PR]



by af_daba | 2009-04-12 13:28 | Book/Movie

ジャマイカも満月

日本が満月の夜は、おなじく14時間後にここジャマイカでも満月が。

私が住んでいるのは、一番の繁華街から車で5分程度の住宅街です。
今、このブログを書いている瞬間も、外ではサウンドシステム(大きなスピーカー)が
外で鳴り響き、毎日が近所で盆踊り状態です。

ですが大きな建物がないこの辺りは、昨日の夜、こんな感じで
月明かりと少しの街灯だけが。
f0169328_1191089.jpg


家の玄関の灯りも消して写真を撮ってみたら
月の明かりってこんなに明るいのね。

月のパワーは日本にいるときよりたくさん受けられるかな。

東京の空はネオンが強く、見える星の数も少ない。
友達もいないし、娯楽も少ないし、と、最近飽き飽きしていた(!)ジャマイカも、
こんな空を見てしまうと、あー自然だけは負けてないなぁ
見上げれば大きな空はいつもここにあるんだなぁ。

f0169328_119587.jpg

これは豪邸のそびえたつ丘の上のエリアからの夜景。
カーテンを開けたらこんな夜景が見えるなんて!まあ贅沢!
庶民はここに来て眺めるだけで感動。
[PR]



by af_daba | 2009-04-11 11:13 | Life

Oh my gosh!

今日は朝から一人で行動して、行く先々で英語をたくさん話して出だしは順調だったのに。(不思議な事にすごくしゃべれる日と、全然しゃべれない/聞き取れない日がある)

午後から運転免許の申請に行ってみたらたった一つの書類、それも婚姻証明のオリジナル(日本で区役所が発行したもの)が足りないために申請が進まず帰ることに。家にあるんだけどまさか日本語の書類を見せろと言われるとは思わず翻訳版しか持ってなかったの。ってか君たち日本語理解できないのになんでそれを見る必要があるわけ???って言っちゃったよ。でも見たいんだって。出直し。

でも、明日(金曜日)から月曜日までは会社も学校もイースター(復活祭)でお休みなので公的機関今日はいつもより1時間早く閉まり、そして火曜日まで何もできない。しょうがないんだけど。

ああ、この1年、何回「しょうがない」って言っただろう、諦めただろう。

おまけに家に帰ったらこの犬に靴を隠され、見つかったと思ったらかじってぼろぼろにされてた。
f0169328_13192021.jpg


Oh my gosh!!
なんかむかついたのと、こんなことで怒ってる自分の器の小ささにがっかりした。
でもね、SATCでキャリーが犬のピートに靴をぼろぼろにされてキレてたあのシーン、今なら理解できる。

おまけに、靴を放置しておいた私が悪い、のだけど、そのことで怒られて、踏んだり蹴ったり。
ツイてない。
f0169328_1321332.jpg

[PR]



by af_daba | 2009-04-10 13:29 | Life

WALK-A-THON DAY!

20歳も年のはなれた私のカンパニー(仲間)、Abigailから、学校行事でウォーカソンがあるんだけど、アキコも出ない?と誘われたのが1か月ほど前。

う、うぉーかそん?あ、マラソンじゃなくて歩くってこと?

スポーツイベント好きな私は即OK!

それまでの間、ジムのトレッドミルでは、走るのをやめ、ひたすら歩いてトレーニング。
5マイル(8KMくらい?)とも言われていたので、girlsに置いて行かれないよう準備していた私。

そして、開催されたのは3月28日(土)。(歩いてる時の写真はないです)

朝4時半に起きて、6時前に出発するとAbigailはTシャツにジーンズ。
え?その格好で歩くの?シリアスな感じじゃないの?と拍子抜け。

学校へ行くと、私より背の大きいティーンエイジャーがうじゃうじゃ!みんな背が高い!お尻の位置も高い!手足が長い!えー 私、子供たちよりも子供みたいなんですけど。。

スタート地点となる空港そばまでは学校が用意したバスに乗るんだけど道中はみんなテンションあがっちゃって大騒ぎ。誰かが歌を歌いだすといつの間にか全員大合唱。(かなり昭和っぽくてウケる) その時、自分が中学生だった頃を思い出した気がしたけど、ノスタルジーに浸る余裕もないほどうるさいのー!ジャマイカ人は騒ぐの大好きだから、想像以上に。わいわい、を通り越して、常にスクリーミング!!
f0169328_13254739.jpg

わたし、たまたま写ってたみたいで、Facebookに載せられてた→写真にTagされてた!

中学生とは思えないたたずまいでしょう。。。
f0169328_1326559.jpg


で、7時。さてスタート!と思って待っていると、いきなり歩き始める女子たち。
よーいドン!的な合図もなくいきなり開始??

ピストルはヴァイオレントだからないよ?って、、またまた拍子抜け。

そして歩く。ひたすら歩く。
朝と言えども暑いのなんのって。それでも救いは陽は後ろから射していたこと。

先頭狙いのAbigailはさっさと私を置いて歩く歩く。
私は友達のAutumnと一緒におしゃべりしながら、でも急ぎ足で
他の人たちをじわじわと抜いて着実に着実に。。。

ところが
がんばる人たちを尻目に、車に乗ってる女子たち。
え?ズルあり???  らしいです。。

根性なしのジャマイカ人はやっぱり全部歩かないわけ???
となると短い足だろうと根性で歩き切りたい、なんて大和魂が芽生えてしまったわけで。

というか、これは私が想像していたシリアスな競歩大会ではなく
「歩こう会」みたいなスクールイベントだったのです。。

そしておおよそ2時間後にゴール。全然5マイルも歩いてませんよ??

着いた先ではすでに着いた子たちが各自ご飯を食べたり、チルしてましたがその後のパーティがすごいことに。

今、ジャマイカはイースター(4/13)に同じくカリブの国、トリニダッド&トバコ生まれの音楽、SOCAのカーニバルがやってきます。今はそれに向けての準備期間で、街では毎週末、野外でダンスイベントが行われています。そのための、専用の音楽機材を載せた車があるんですが、それを借りてきてそこから大爆音で野外簡易ダンスが☆



普段は真面目なお嬢さんたちが、レゲエで踊り狂う絵図に、わたし、びっくり。
ダンスホールのビッグチューン(有名で盛り上がる曲)がかかるとみんな振り付けばっちりで踊れちゃう。
(レゲエの曲の中には、振り付けが決まっているものがある)

ジャマイカ人って真面目なお家のお嬢様でもみんな踊れるの???

(誤解のないよう説明しておくと、キリスト教徒の多いジャマイカでは、誰もがレゲエを聴くわけではなく、むしろレゲエを毛嫌いし、ゴスペルを聴く家庭もかなり多いのです。)

それを保護者のように眺め、GIRLSたちは2時間ほど踊りつづけ、ホコリまみれになったところで、終了。1日外にいるって、ちょっと疲れるし、すごい日焼けするけど、運動会的な清々しさがあってとても充実したいい一日でした。

あ、といっても家に帰ったのは14時。ジャマイカは日本に比べると全体的に1日のスタートが2時間くらい早いです。その代わり夜も早く、公的機関や銀行などのオフィスが閉まるのはだいたい16時です。
[PR]



by af_daba | 2009-04-06 01:59 | Life

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

画像一覧