地球のほぼ裏側から・・・

<   2009年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧




気合い '09

まだ日本にいます。突然の都合により少し延長となったのです。
毎日楽しいけれど最近は少し疲れが出てきて体調を崩したりしてました。

今日は母方のおばあちゃん(89歳)とデート。ランチして、目黒の駅ビルでぶらぶらして、お茶して、帰宅。帰宅してからも、最近の話はもちろん、私の小さな時の話をたくさんしてくれました。おばあちゃんの話を聞けて楽しい一日だったなぁ。

その後、夕方になって外出していた父母も帰宅し、久しぶりにみんな揃って話をしました。でも、今滞在している、夫の実家に戻ったらなんかとっても悲しくなりました。

また家族と離れてジャマイカに行くのが辛い。。。(泣)

去年は、ジャマイカのことがあんまりわかってなかったし、新婚だったのもあって、新しい場所へ、好きな人と一緒に行って新しい生活を始める、というわくわくした気持ちが大きかったけど、今はジャマイカに戻ってからの生活が想像できる。別にジャマイカが悪いわけじゃないし嫌いなわけでもない。(夫とも問題ないですよー)ただ、家族と離れるのは本当に寂しい。特におばあちゃんのことが心配だし。

「XXちゃん(私)が戻ってくる来年までまだまだ病気できないね〜」といって笑ってたし、そんな心配必要ないくらいよく食べる(私よりも)。来年は箱根に泊まりで行こうって約束したし。

親と離れた土地(国内でも海外でも)にお嫁に行ってる人はたくさんいるんだよね。精神的に弱いなーって思うし、まだまだ子供気分かもしれない。一時的な感情なのもわかってる。

でも、そんなこと言ってても出発の日は迫ってきます。

気合い入れ直そう!!また次日本に帰る時までがんばる!
[PR]



by af_daba | 2009-05-31 22:01 | Japan!

炊飯器でパン!

ジャマイカ生活の話の中で、炊飯器でパンを作った、と言ったら、レシピを載せてと言われたのでこちらを。

ジャマイカには、私好みの、ぎっしり詰まった重めのパンがないので、食べたいなぁと思いながら、いろいろなレシピを比較/微調整して試作。この時は黒ごまとチーズを入れた、全粒粉のパンを作りました。

■材料
強力粉 30g
全粒粉 70g
牛乳   85ml
バター 15g(私はマーガリンを使いました)
ドライイースト 5g
砂糖 大さじ1
塩 ひとつまみ
黒ごま 好きなだけ
プロセスチーズ 好きなだけ
強力粉 適量(空気を抜く時にまな板に広げる分)


■手順
1. 大きめのタッパ(炊飯器にはいるもの)にバターを入れ、
 レンジで15秒くらい温めて溶かす。このとき炊飯器を[保温]にしておく。

2. 1に塩、砂糖、ドライイーストを、書いた順番で加えていく。
 材料ひとつ入れるごとに混ぜ、その後、強力粉を入れてさらにまぜる。
生地がまとまってきたらOK。

3. 水でぬらしたキッチンペーパーをかけ保温した炊飯器に入れて10分おいた後(第1発酵)、
 とりだしてガス抜き。(小麦粉をはたいたまな板の上に生地を軽く投げつける)

4. 6等分してまるめ保温した炊飯器にならべて30分置く。(第2発酵)

5. [炊飯]のスイッチ入れて、出来上がりの音が鳴ったら完成!

■ポイント
目分量で作っても問題ありませんが、その際は、2の段階で生地がゆるくなりすぎないよう、小麦粉の量を調整するといいと思います。どろっとなったら要注意。

今回は、黒ごまとチーズを入れてみましたが、クルミも合いそう。
f0169328_2338284.jpg

[PR]



by af_daba | 2009-05-08 23:40 | Food

フローレンス 西村

ジャマイカで生活してから、できるだけシンプルに、無駄をなくして生活をする、
というのが、なんとなく自分の中での目標となっていました。
とはいえまだまだ無駄は多い気がしますが。

東京に戻って、街へ出ると、物だらけ!何か一つ買うにしても、選択肢がたくさんある。
とても贅沢だということを、改めて感じました(カナダに行ったとき以上に)。
そして何か違和感を感じている自分がいます。

この間、ブックオフに行きました。そこで見つけたのは、この本。

ようこそ海辺の田舎暮らしへ―12のテーブルと60のおもてなし料理

フローレンス西村 / 小学館



ここには、著者であるフローレンス西村という女性の、できるだけシンプルに、ナチュラルに、
海のそばで暮らすためのヒントや、素敵に生活するためのスパイスやこだわりがちりばめられています。
日々の暮らし方、テーブルコーディネート、季節とのつきあい方、インテリア、おもてなしは
たとえずいぶん前に発行された本でも、古さを感じさせることがありません。
南フランスあたりの、黄色やブルーを基調とした布や、アフリカのバティック使いや
食器の選び方は見習いたい!(そんな素敵な代物、ジャマイカには売ってませんが)

とにかく、私が目指しているのはこういうの!!! ビビビと来てしまった1冊です。

さきほど、この方を知らなかった私は、思い出して、ググってみました。
ウェブサイトはありました。

ところが、そこに流れるムービーの最後には

「2004年桜の咲く季節、天国へ旅立ちました」と。

あまりにもびっくりして、「えっ」と声に出してしまいました。

今から知りたいと思った方がもういない。。。
なんだかとてもさみしい気分です。

でもこの本に出会えてよかった。
[PR]



by af_daba | 2009-05-08 23:21 | Book/Movie

Class Reunion!!

今日は、高校2,3年のクラスの同窓会がありました。

卒業してから初めて会うひともいたので、みんな変わっちゃってるのかな、とか、あたし変わってないはずだけど気付かれなかったらどうしよ、なんて会場に着くまでドキドキしてたりして。そんな心配をよそに、着くなりみんなが「ダバ〜〜!」って言ってくれたのは嬉しかったです。

実は今回の開催、前々から同窓会をやろうと幹事2人が相談していたのにもかかわらず、みんなの連絡先収集がままならず、ずるずるとしていたとのこと。ところが、私が帰国しているというのを知ってくれて、このタイミングで開催しよう!と思い立ってくれたんだそう。調整してくれてありがとう+きっかけになれて嬉しかったよー

今回、担任の先生には連絡がつかなかったことは残念でしたし、クラスメイトのうち二人は他界していたことがとても悲しかったのですが、みんなで彼女達を思い出すことができたいい機会だったはず。このクラスは、50人のクラスメイトのうち、女子が40名ほどの英語クラスで、いっつもワイワイ、キャアキャアしてた思い出が多かったのですが、そんな旧友たちと、会っていなかった時間を埋めるように、それぞれが目をキラキラさせながら話をしていたのは、とても新鮮で楽しかったです。私は、皆の顔をまじまじと見て「あー変わってないなー」って何度も思ってしまいました。

私以外にも海外に住んでいる人もいました。旦那さんが外国人の人もいたし、もうすっかりママで子供が大きくなってる人もいました(ビックリ)。そして当然ながら仕事をバリバリやってる人も、人生を謳歌している人も。いい刺激を受けました。

何より誰も老けていなくてキラキラしていたのが印象的でした。
また私の帰国に合わせて(ずうずうしい)開催して欲しいな〜〜〜なんちって。
f0169328_23125379.jpg
わたし、色黒っ。
[PR]



by af_daba | 2009-05-06 23:20 | Japan!

Fruitful days★

東京に来て1週間が過ぎました。
温泉に入ったり、美味しい物を食べたり、
大好きなお友達やその子供たちに会ったりして
かなり楽しませていただいています。

Nちゃん(この日ちょうど生まれて5か月でした)
小さくて、動きの一つ一つが興味深い。手も足もあかちゃーん!
f0169328_18422660.jpg


Mちゃん(乙女座仲間!8か月を過ぎたところかな)
Nちゃんに比べたらもうお姉さん★お尻フリフリでかわいかった~
f0169328_1848935.jpg


昨日は車で原宿を通ってみたら、Forever 21とH&Mに並んでる人が。
トウキョウスゴーイ!
f0169328_18383867.jpg


やはりこちらも人がすごかった!
f0169328_18482011.jpg


旦那の実家の前。ツツジが全開でキレー!
f0169328_18483265.jpg


10か月勉強した英語を全部忘れちゃうんじゃないかと思うほど
東京ライフ楽しんでます♪
食べ過ぎって噂も。。。
[PR]



by af_daba | 2009-05-04 18:55 | Japan!

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

画像一覧