地球のほぼ裏側から・・・

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧




Book to read

私たちが一般的に言う「本」って、"BOOK"だけじゃ通じないっぽい、ってことをジャマイカに来て知った。

「なんか私にも読めそうな本、貸してー」って「本」を"book"って言ったら、"book??.....to read?"って返された。私のジャマイカ生活を支えてくれているALC様で"book"を調べたら、本といっても色々意味があるんだなぁと。読むための本は"book to read"って言わないと正確に伝わらない・・・?  >英語話せる人教えて!!

book
【名】

1. 本{ほん}、書籍{しょせき}、書物{しょもつ}、図書{としょ}、単行本{たんこうぼん}、教科書{きょうかしょ}、作品{さくひん}
2. 帳簿{ちょうぼ}、会計簿{かいけいぼ}
3. 脚本{きゃくほん}、台本{だいほん}
4. 〔書かれた〕規則{きそく}、基準{きじゅん}
5. 《the Book》聖書{せいしょ}
6. 〔本に似たとじられた〕束、つづり◆【参考】book of matches



さてさて、何度も言うように、最近のジャマイカはびっくりするほど暑い。絶対去年以上だと思う。

今日は暑さに加えて

旦那とケンカ
家主の姪っ子二人が田舎から遊びにきていて女の子三人ぎゃーぎゃー
下の倉庫で何かを作っている音が上にまで響く
-----------
この3つの要因で家にいるだけでイライラがつのり、前に紹介したDevon Houseに行って読書してきた。外だって暑いけど、帽子かぶって、日陰でベンチに座って、雑音に邪魔されなければ自分の世界が広がる〜

今読んでいるのは、これ。

Confessions of a Shopaholic

Sophie Kinsella / Dell


少し前に日本でも映画が公開になったと思うし、本が出たのはずいぶん前だから読んだ人もいるのではないでしょうか?4月から読み続けて、あ、いや、日本にいるときは読んでなかったけど、今まだ半分。。。辞書ひきひき頑張って読んでるとこ。大変ではあるけど、お買い物の話は私にとってはかなり面白い。主人公のレベッカ、むちゃくちゃすぎるし、ちょっとイタイけど。今のところは。

私は読書が好きだけど、ここジャマイカでは日本語の本はなかなか手に入らないから(誰かの持って来た雑誌くらい)、頑張って英語の本を読んでる。といっても、すらすら読めるわけじゃないけど。学校に行ってない分、ちょっとは努力しないと、と思って。。。

日本語版はこちら

レベッカのお買いもの日記〈1〉 (ヴィレッジブックス)

ソフィー キンセラ / ソニーマガジンズ



日本にいた時はもちろんなんだけど、読み終わった時に次読む物がないのが不安です!
皆さま、洋書で面白そうなものがあったらぜひ教えてくださいませませ〜
[PR]



by af_daba | 2009-07-27 08:50 | Book/Movie

これ見たい!

先週土曜日から、9月27日(土)まで、東京都庭園美術館でやっているという、
Stitch By Stitch 〜針と糸で描くわたし〜
見に行きたーい!

f0169328_12193687.jpg
画像は庭園美術館のサイトからお借りしています

どなたか行ったら感想聞かせてください☆

人に会えないこと以外に海外にいてやだーと思うのは、日本でしかやってない何かを逃すとき。映画も、世界中のものがある程度見られる日本と違って、ジャマイカにはアメリカで大ヒットしたような物しか入って来ない。。

そして音楽を聞くチャンスは、耳をふさいでも入って来そうなほどたくさんあるけど、まだアートに対しては関心が低いジャマイカ。もっと絵の展示とかして欲しいな〜
[PR]



by af_daba | 2009-07-22 12:24 | Fashion/Art

Guinep!

ん〜毎日暑い。
実は、我が家、エアコンがありません。えー!ジャマイカなのに!って思うと思うけど、窓全開、天井のファン、扇風機で熱さをしのぐ生活に慣れて来てしまった。会社で働いててオフィスにエアコンがなかったらキツいけど、私は働いてないから、いくら汗をかいてもシャワー浴びればいいし、うちは2階、たった2階だけど風の通りがいいので、確かに熱いけど風に救われている。今年はこれで我慢できるかな〜そんな生活もまた楽し。

一昨日、足のネイルをしてもらいに美容院に行ったら、そのたった1時間くらいの間のエアコンで体が冷えてしまった。こちらのお店とかは私たちがビックリするくらいエアコンが強いところもあるけど、スカートで素足にビーサン、Tシャツで働いてる人もいる(あ、ビーサンで働いてるのびっくり?けっこう普通にある光景)。

で、今日はマンゴーに続き果物ネタ。今の時季は、ギネップという、ぶどうのような粒型の果物が、でもぶどうより大きい、日本にはない果物。この皮を歯で軽く噛むと割れる。ライチみたいにほぼ全部食べられるわけじゃなくて、むしろ実より種のほうが大きい。実は少しゼリーっぽいプルプルした感じで、味は甘酸っぱい。何かに味が似てるかと考えたけど同じような物はないな〜。でもたまに食べたくなるギネップ。
f0169328_2334150.jpg

ちなみにこれは、夏になると現れるのですがやはり家の庭に木がある人が多いよう。それを採って道端で売ってたりする。超産地直送型。これは田舎で買って来た物だからスーパーで売ってるのより新鮮。日本でも田舎に行くと、無人で野菜を売ってるところがあったり、道の駅や販売店に野菜や果物、その土地の名産品が売ってると思うけど、それに近いかな。

夏は太陽の恵みがたくさん詰まった食べ物が豊富でビタミンも摂れるから嬉しい!
[PR]



by af_daba | 2009-07-18 23:39 | Food

Another New Born...

日本に帰る前に、ふたたびお腹が大きくなっていた雌犬プリンセス。ジャマイカに戻って来たら、4匹生まれてました。。。

必死でミルクを飲もうとする犬たち
f0169328_2357333.jpg


3月頃から盛りがついてたのを知ってた私はやっぱね、という反応。夜になるとうちのゲートから抜け出して外で遊んでるし!プリンセスって名前がまったくふさわしくないビッチ犬がまたまた産んでしまった。

犬の妊娠は2か月。日本にいる間も、Abigailからその様子は聞かされていたのですが、生まれたところまでは聞いてなかったので、帰った翌日にミーミー鳴く彼らを見て感激!

最近はこの方々のお世話が日課です。楽しい。
f0169328_2358685.jpg
f0169328_23591837.jpg



ジャマイカは、命の力があふれています。人間はたくさん生まれ、たくさん死ぬ。動物は日本みたいに去勢手術とかしないし、本能のおもむくまま。(見たくない場面もあるけど) 虫たちはうじゃうじゃしてるから、この時期、甘いもの、というか甘い汁の一滴でも拭き残すと翌朝のキッチンはそれを求めてアリンコの大行列〜

んーエ*ロ(検索ひっかかるの嫌だから間に「*」入れてます)を子孫繁栄と言う別の言い方で正当化してるんじゃ、、と思う時もあり、受け入れがたい状況もかなりあるけど。あっちこっちで子供作るのは止めたほうがいいと思う、エイズが蔓延しつづけるし。

エ*ロな話題?はこのブログで本来伝えたいことではないのだけど、、社会問題であり、日本にはあり得ない光景がある。テレビのCMでコンドームの付け方を説明している。バスの車体広告には、「コン*ームを使おう」って書いてある。ええええーーーーー?!って最初驚きました。日本ではありえないことを堂々とうたわないと伝わらないのかな。ってかそもそもそういう物を使う習慣がないのだと思う。だから子供があっちこっちで生まれちゃうんだと思う。

レイプで出来た子供を産んでる人もいる。当然子供は父親を知らない。私たちからしたら、それって悲しいことだよね、って思うけど、こっちの人たちはあんまりそれを気にしてない。それよりか育ての親、God Fatherを大切にしている。血のつながった父親に会いたいと思わないのー?って考えるけど、いや、それがレイプ犯だって知った時のほうがつらいわ。

なお、家族のあり方は、もちろん、「結婚した二人の間に子供がいる、子供達は同じ両親から生まれている」、という我々から見てごく一般的な形を取っているところもたくさんあります。私が書いていることはジャマイカ人のすべてではないこと、そういう光景は私にとって衝撃的だったのでここに記したまでです。

バスの広告、あともう一つ「よその家の電気は盗んじゃダメ!」もあるんだった。そういうことをしてる人がいるから、真面目に払っている人の電気代は、全体の物価に比例せずやたら高い!つらい!盗める状況があるインフラにも問題があるけど、電気会社JPSは現在、日本の丸紅が動かしてるというのが複雑な心境!
[PR]



by af_daba | 2009-07-13 00:01 | Life

テキトー

ジャマイカに戻って、やっとこちらのローカルの免許をもらうことができました。

免許を取る際のテストは、超テキトーで、坂道での停車、発進/路上での運転(走行と左折のみ)です。教習所なんてないんじゃないかな。だから事故が多いです。おまけに車検なんて立派な物もないので(定期検査のみ)、道のど真ん中で車がとまってしまった、なんてことはよく見かける光景。これが日本だったら「チッ、邪魔だな〜渋滞するじゃんっ」って思うけど、ジャマイカではみんなよけて走るだけ。そんなイライラしてない。のはアイランド時間だからでしょうか〜 あとはバンパーのない車も普通に見ます。

もちろん、そんな車ばかりじゃなく、CR-Vやプラド、ハリヤー、レクサス、そしてドイツやアメリカの車も走ってますよ。そういう方々は勝ち組のオーラ出てます(彼らの見た目もちょっと違う)。

さて、免許なんですが、裏面に気付いたことが。
f0169328_522150.jpg

よくみてー!


ほら。
f0169328_523712.jpg

NATIONALITY(国籍)欄が"JAMAICAN"になってるよ?


私だけでなく、夫も。
どこをどうみても私たち、チン(アジア人の総称/Chinaから由来)なんですけどー?

何故???


さらに別の話。

この間、夫が労働許可のための書類取り寄せの支払い(前払い)に、納税者番号(ジャマイカで公的な書類の手続きをする時の多くは、この番号で個人情報をひっぱる)とパスポートを見せて支払い、領収書を出してもらった。
次に、取り寄せの手続きをしてもらうために、領収書を持ってまた別のオフィス(車で20分くらいのとこ/支払いと手続きは別の場所で行なわれる)へ行ったら、そこの受付の人が夫に向かって

「え?あなたの名前は、ミシェル???」と。


よく見ると、確かに領収書にある支払人の名前が何故かMichelleになってる。


どうしてそんなことが起こるのか、、、ね。


ため息をつき脱力感。けどじっとしててもしょうがないからまた領収書をくれたところへ行く。でも、受け付けた人は何故そんなことが起きたのかわからない。窓口の中、若干混乱。そしてボスが現れて、謝罪と正しいものの発行はしてくれたけど、結局正しいものを受け取るのに30分くらいかかった。。。私たちも確認しなかったのがいけないけど、でも、それ間違ってたら番号で管理してる意味ないんじゃ??

この国では、というより私の周りでは、こういうことがけっこう頻繁に起こっているような気がする。最近は10年前に比べたらいろんなことが真面目になってきているそうだけど、日本人の、物事に対する正確さ、まじめさに比べたらまだ雑だったり、のんびりしてたりする。ま、どっちがいいかってのは人それぞれ、そして状況によって答えは異なると思う。でも、便利さや正確さの裏にはコミュニケーションの減少が見え隠れしてるはず。そういうのを比較できるのはここにいて面白い点。複雑な気持ちになる時ももちろんあるけど。
[PR]



by af_daba | 2009-07-01 06:32 | Life

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

画像一覧