地球のほぼ裏側から・・・

<   2009年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧




Time goes fast.

気付いたら1週間も更新していませんでした。

新しく始める事の準備に終われ、写真と言ったらそれに関連するものばかり撮影しています。うーん。でも、少しずつ形になってくる段階がとても嬉しくて、充実してるかな。というわけで写真があんまりないので、この間、わたし的に面白かった出来事を。

ある日、用事を済ませてモールから出ようと、車に向かって歩いていたときの事。

ジャマイカでは、道に商売道具を広げるタイプのベンダーはもちろん、売り物を持って歩くタイプのベンダーもいます。何を売っているかというと、バッグジュース(透明のビニールに入った色水みたいなジュース/約15円)、バナナチップスなどのスナック、フォンカード(プリペイド式を使う人はこれを買う)、新聞など。

わたしに向かって「ハーイ!久しぶりじゃん!」と話しかけてくる歩くタイプのベンダー女性が話しかけてきた。会ったことないんだけどな、、、まあでも「ハーイ!」と返す。そしてそこからいつもの押し売り。「あれは必要ない?これは?何か買わない?」と。でもその時何も欲しいものはなかった。だから「いや、今はいいや、また今度買うね」と返す。

すると彼女、
「チッ。。。。ボンボ」とつぶやく。(一番下の解説を参照)

つまり私は悪態をつかれたのです。
(ちなみにジャマイカではコスられた、と言う=cuss=英語のcurse: 悪態をつく、呪うなどの意)

ムッ。


「ちょっとちょっと、今 ボンボって言ったでしょ? あたしに向かって。悪いけどそんな言葉使わないでもらえる?女性はボンボなんて使ったらダメでしょ、わかった?」

って言ってみた。

そしたら、向こうはびっくりしてた。
多分わたしにそんな事を言われるだなんて思ってなかったんだと思う。

でも次の瞬間笑って、
「あんたは使ったらダメだよ。でもあたしはいいの。あんだすたん?」と返して、彼女は去って行ったのです。

-------
いつも教わってばかりで低姿勢の私ですが(だからなめられやすい)、相手の言う事に対して返して、それで相手が笑ってくれたのは嬉しかった。この間の、事故ったときに家まで送ってくれたタクシードライバーの時と同様。

旦那にはいつも「ジャマイカ人の心をつかめ。笑わせたもん勝ちだから」とよく言う。それが最近少しずつできるようになってきた。

ほんと、ジョークみたいな事がたくさん起こるこの国だけど、治安の悪いこの国で本気のケンカは危ない(今回の話はケンカじゃないけど)。だから笑わせたほうがいいのだ。笑って悪い事なんてないしね。

もうすぐ引っ越して1年半。他の在住者の皆様に比べたら全然しゃべれないんだけど。とはいえ、言葉を学ぶ事は、時にいらだつけれど、また別の時には、覚えた言葉を別の時に使えるようになる嬉しさがあるから楽しい。言葉だけじゃなくて、日々経験するジャマイカ独特のやりとりも。言葉は伝達手段であって、目的ではないもんね。。。

■*解説■
Bombo Claat(ボンボクラ)という言葉があるのですが、これは英語で言うところのF*ck you.を意味します。Fワード同様に、そこらで気軽に言ってはいけない言葉です。日本人よく使うけど、女性が使ったら下品。超怒った時にしか言っちゃいけないフレーズ。その省略形がボンボ。
また、何かを強調する時にabso-fucking-lutelyみたいに使うときもあるし(例えが思いつかないけど)、「やばい、超すごい、かっこいい」などを表す感嘆詞みたく、たとえば、"Bombo Claat!! Maaad!"みたいに言うときもある。
■■

[PR]



by af_daba | 2009-10-28 23:27 | Life

Is she all right? too skinny?

さきほど旦那を見送り、大家さんの奥さん、Janetと立ち話をしていたときのこと。

あ、前提として、
私と彼女は同じジムに行っているのですが、ここでは日本人は私だけ。アジア人もそんなにしょっちゅうは見かけません。そしてご存知の通り、わたしの身長は155cm、日本でも小さいほうであるのに、ジャマイカに行くとかなり小さく、普段から子供と間違われたり、車を運転する事や結婚してる事をけっこうな確率で驚かれます。当然ジムでのマシンの高さ設定も、一番低いかその一つ上が常。

そんな私、
一部のジムメンバーの中ではJanetの友達、として知られているのですが・・・

Janetが、「アキコ、ジムで会う誰だったか(彼女の知ってる人)がアキコの事を、彼女だいじょうぶ?痩せすぎてない?」って言ってたよ、と。

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜ほんとぉ〜?(ちょっと嬉しい)、
でもそんなことないよぉ〜(ニヤニヤ)


なんと、産まれてこのかた、痩せてるほうの部類に入った事がない私でも、標準体型の基準が変わると私も痩せてる人のほうへ入れちゃうらしい。

そんな体験をしたい方はジャマイカへどうぞ★

でもいつのまにか、デニムに収まる小さなお尻よりも、盛り上がったむっちりヒップのほうが女性らしくて素敵、という感覚に変わって来ます。。。体の構造上、実現不可だけど。
[PR]



by af_daba | 2009-10-21 08:13 | Life

Rodrigo y Gabriela (中南米に思いを馳せる)

Twitterで、小野ちゃんが教えてくれた、Rodrigo y Gabriela
メキシコ出身、でもアイルランドで活動している、ギター弾きのデュオだそうです。もともとはメタル系に影響を受けているそうなのだけど、その影響いずこへ??



この切ないギターの音が、私の心にぐさりと突き刺さり、ずっとずっと聴いていたくて、YouTubeにあるライブ映像を見まくりました。
そうしたら、デスペラードを観たくなりました(アントニオ バンデラスもギター弾きの役でしたね)。ペネロペ クルスの出演する、ラテン映画を観たくなりました。

日本語ではメキシコは"中南米"(エリア)と呼ばれ、その中にはたいていジャマイカなどのカリブ諸国も含まれますが、英語ではアメリカ大陸とカリブは別のもので、近いのに、ジャマイカにはラテンなものはほとんど入って来ません。

メキシコ料理は辛うじてあるけど、私の大好きな刺繍の入ったチュニックも、かわいいキリ系グッズも、音楽も、全然入ってこないし、景気付け?にテキーラを飲む習慣もありません!(なぜかバカみたいにヘネシー飲んでるよ)さみしい。

メキシコだけじゃなく、死ぬまでに一度、絶対に行ってみたい、ブラジルの情報や食べ物や洋服もない!ハワイアナスと若干の靴は入って来てるけど、ブラジルの水着もほとんどないし、今ブラジルは洋服もかなりいい感じなのに皆無。。。映画も全然来ないよ〜

先日、2016年のオリンピックの開催地がリオデジャネイロに決まりましたね。巨匠 オスカー ニーマイヤーの建築物も輝くことでしょう。密かに大ファンです。あの近未来的で夢のある、美しいフォルムにうっとり。彼にしか作れません!ちなみに今年で101歳です。

うーーーーーブラジル行きたい!!!

f0169328_7323759.jpg
有名なニテロイ現代美術館@Rio de Janeiro


彼の作品をたくさん観る事のできる首都ブラジリアは、首都を作るために作られた都市で、国会議事堂や裁判所、総務省、大聖堂は彼のデザインにより、造られたそうです。私は建築のことは全然わからないけど、オスカー ニーマイヤーにだけは、なぜか特別に反応してしまいます。(素人レベルの知識ですいません)

南米は私の憧れです。

犯罪発生率世界3位と言われているジャマイカ、その中でもかなり治安の悪い街、キングストンに住んでいると、どこでも行けそうな気が・・・


いや、しない。
ブラジルはやっぱこわい。

ってブラジル人もジャマイカに対して思ってるかな?
[PR]



by af_daba | 2009-10-20 16:45 | Music

映画 STREET KINGS

f0169328_1332181.jpg

キアヌ・リーブスの映画を久しぶりに観ました。(DVD)邦題は、『フェイクシティ ある男のルール』だそうです。

フェイク シティ ある男のルール<特別編> [DVD]

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン


ところで、HEROES観てる方、心が読める刑事とキアヌ、体型あわせたらそっくりじゃありません?
HEROESを観てからずっと思っていたのですが、今日、それ以来初めてキアヌの映画を観て、「あ!やっぱり!」って確信。

話はLAの警察が舞台の、優秀だけどやり方がかなり荒い、キアヌ演じるLudlow刑事のいい刑事悪い刑事は誰なんだ?を暴く、というのがかなり大まかな筋。そんな話を英語で観てしまったものだから、ついて行くのが超大変でした。頭フル回転。(でも理解しきれてない)いろんな人種が出て来て、いろんな英語で聞くのもハード。。聞いたところですぐに理解につながるほどの英語力じゃないので、どれだけ単語を拾っても、聞き慣れた言い回しや単語ではないと、細かい所はまだまだ全然理解できてませーん。

でも警察の使うような単語って、日頃使わないよね〜〜〜(と諦めてみたりして)

とはいえ、ストーリーは絵を見れば理解できた。そしてテンポがあって、展開に「えっ!」と思わされるところも多く、あっという間に終わり!もう一回観ようと思います。

一緒に観ていた旦那は途中で「アメリカ英語わかんねー!」といってリビングを去りました・・・旦那よ、私もわかんないよ・・・でも聴くしかないのだ。

確かに、毎日毎日、ジャマイカ人の"あのベタベタの英語"を聞いていたら、アメリカ人の流れるような英語に置いてきぼりをくらいます。でもジャマイカ人はアメリカ人の英語を聴いて普通に理解できるからうらやましい。

今日は夕方海に行きましたが、ビーチにサウンドシステムが出てて、そこで聴いたパトワのMCは聞き取れました!ビール飲んでたからかな?
[PR]



by af_daba | 2009-10-18 23:42 | Book/Movie

映画 Fame

最近は毎日働いている感じがしていて、金曜日も以前に比べて「ああ一週間が終わる」感を感じています。ジャマイカはまだ週払いのところも多く、金曜日は街が活気づいていて、気のせいか渋滞も早い時間から始まるようです。

仕事を終えた私たちは日本食レストランに行き、わたしは豚キムチ鍋?KIMUCHI PORKを食べました。キムチの味もさることながら、薄切りの豚肉が超美味しくて、とても感動したのでありました。噛み締めて食べるとはこのことか、と思うほど。。

帰宅してからは、先日街で買ったDVDを見ました。

FAMEという1980年の映画です。ストーリーは、Amazonさんから抜粋させていただきました。
------
ニューヨークの公立芸能学校を舞台に、ショービジネス界のトップに立つことを夢み、歌やダンス、演技を学んでいく若者たちの姿を描いた『フェーム』。本作が単純なサクセス・ストーリーと一線を画すところは、与えられた試練に対して、悩み苦しむ生徒たちの姿をもじっくりと描写する、真面目な視点を持っている。
本作で最も有名なのは、音楽を専攻するブルーノ(リー・カレリ)の父親が、息子の作った曲を大音響で大通りに流し、それに呼応した芸能学校の生徒たちが通りを占拠して歌い踊るという、ダイナミックな群舞シーンだろう。アイリーン・キャラが歌う「フェーム」の軽快でパワフルなリズムが、劇中の人物だけでなく観客の心をも躍動させる名シーンだが、実は撮影の時点でこの曲は未完成で、ドナ・サマーの曲を流して撮影を行ったのだそうだ。パーカー監督は歌い踊る生徒たちを6つのグループに分け、それぞれのグループに違う振付をさせることで、あのシーンを演出したというからスゴい。(斉藤守彦)
------

フェーム 特別版 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ



劇中、課題で「今までに一番辛かった経験を思い出して語る」というのがあったのだけど、一人の男の子がその経験を語りながらで泣いてしまうシーンがあった、そのシーンが非常に印象的でした。また、超がつくほど真面目でシャイな女の子が学校に入学してから↑この男の子と出会って恋に落ち、変わっていくのですが、その姿にステージママな母親が「昨日までと違う人になっちゃったみたい。何があったの。私は知る必要があるわ」と干渉するのです。その少女から大人になっていき、そして恋する女の子独特のテンションの高さがとてもうまく表現されていてかわいらしかったです。
もちろん、ひとたび誰かがピアノを弾けば、呼応したかのように楽器を弾きだす人、踊りだす人、歌いだす人、さまざまな方法で表現し、盛り上がる学校の様子もエネルギッシュで観ている私も何かしたい!という気分にさせられました。

何かに夢中になる情熱がとても素敵だったなぁ 頭で考えずに、体が反応し、踊りだしたり、楽器を弾けたりできるのって素敵。

踊れる人と歌える人は、世界中どこへ行っても自分の体さえあれば表現できるて素晴らしいと思いませんか。もちろん、楽器ができるひと、演技が出来る人も、言葉がいらなくても、その真剣さ、表現の熱さは伝わりますね。

わたしの周りには歌える人弾ける人音楽かける人さまざまいらっしゃいますが、これからも輝き続けて欲しいです。応援しています。
[PR]



by af_daba | 2009-10-16 23:43 | Book/Movie

ぽっかぽか食材、ありがとう

先週、ukさんから荷物が届きました。
f0169328_10185995.jpg

このブログのコメントで予告いただいていたのだけど、いつもどおり「あなた宛の荷物があります」レターが来るとウキウキ♪

というわけでまた荷物を取りに郵便局へ〜

他の皆さんからの荷物のときと同様、今回も中身の検閲はあったのですが、箱の蓋を開けるなりすぐに閉めちゃった。



と思うと、またまた切り干し大根が入っていたのですね〜〜アリガトウ☆私にはとても嬉しいギフト。でもジャマイカ人の皆さんには「んっ、、なにこのにおい」って感じなんだと思います。

私にしてみたら、彼らが日常的に口にしている、やぎ(Goat)、牛のしっぽ(Oxtail)や、鶏の足(Chicken Legs→文字通り鶏の足5本指)とかのほうがグロテスクな感じで無理なのに。所変われば、食習慣もだいぶ違うもんですね。

そして、体を冷やさないための食材、ほうじ茶、生姜茶、そしてもちあわ(ご飯を炊く時に入れるのがいいそうです)。カラダぽっかぽか計画の強い味方が増えました。

さ〜ら〜に〜〜
黒糖くるみ、ソフトサラダ、ハッピーターンまで入れてくれました☆ソフトサラダはすでに完食、大好物の黒糖くるみは今日開封したところ、悶絶寸前の美味しさでした。。大切にします。

湿気の多いジャマイカでは、おせんべい類はすぐに湿気ってしまうので、いつ袋を開けるかは非常に重要なのです。

またまた食生活が豊かになりました。
ukさん、いつも体を冷やさないためのコツを教えてくれてありがとう。お礼はまた帰った時にさせてね。

-----------
それともうひとつ、
昨日YO☆YOちゃんがコメントしてくれたかぼちゃネタですが、本日、大根が売っているスーパーに行ったところ、中国野菜のエリアで例の"バターナッツ" (かぼちゃの種類)を早速発見しました!昨日の今日だったのでビックリ。カメラを持っていなかったので撮影できませんでしたが、私が検索して見つけたまさにそれでした!今度買ってみます。

そのスーパーの野菜計りコーナーでお兄さんに、「君は、、、、タイ人?」と言われてびっくり。日焼けすしぎか。。。
[PR]



by af_daba | 2009-10-15 10:33 | Food

Negril 〜サンセット編〜

最後に夕日を観に行ったので、UP!Negrilは、ジャマイカの島の西に位置しており、夕日が美しい事でも有名です。

これは1日目の夕日。RIUのビーチから眺めました。ちょっと曇っていたので、水平線に沈む絵を見る事はできませんでした。
f0169328_1343395.jpg


ここからは2日目。ネグリルはダウンタウンを挟んで、ビーチとクリフ(崖)の二つの海岸にわかれているのですが、この日はクリフサイドの、夕日を見るスポットとして、そして崖からのダインビングスポットとしても有名な、Rick's Cafeに初めて行って来ました。

飛び込む人!チキンな私たちは見てるだけです、もちろん。(他のコテージの崖からは飛び込んだことがあります)
f0169328_1344920.jpg


こちらがRick's Cafeのバー。こうして外にソファがあって、ここで飲みながらチルしていました。このときはみんな夕日待ちでした。
f0169328_135221.jpg


別の角度から撮ったバー。
f0169328_1351597.jpg


そしていい感じに空が焼けて来ました。大きな空に浮かぶ、立体的な雲は私にとって癒しであり、いつまでも眺めていられるほど。
f0169328_1352789.jpg


だいぶ暗くなって来た。Red Stripeを飲んでいる私。
f0169328_1354665.jpg


空が赤く焼けてきました。が、海に沈む夕日はこの日も見る事ができませんでした。残念。これ、この間、誕生日の時にも着ていたドレスです☆髪ぼさぼさだな〜
f0169328_1355940.jpg


Negrilの旅の写真はこれでおしまいです。見てくださってありがとうございました。Negrilは昼も夕方も楽しめる素敵な場所なのでぜひ皆さんをご案内したいです。あ、偉そうに言うほど知らないのですが・・・(笑)今回は、All Inclusiveという、私たちにとっては初めてのシステムにお世話になり、食事の面では特に久しぶりに見る食べ物がたくさんあって大満足でした(興奮していたのは私だけかも)。それに「何もしない」「ぐうたら」をするにはとても素晴らしい、天国のような場所です(a.k.a. ジャマイカの健康ランド)。

国内の海にはちょこちょこ行っていますが、同じ場所でも毎回行くたびに違った発見があり、「また次来た時に訪れてみよう」、という気持ちになります。
Negrilはキングストンから一番遠いリゾートだけど、またお正月くらいに行けたらいいなぁ。旦那よ、いつもありがとう&仕事頑張ってまた行こうね〜
[PR]



by af_daba | 2009-10-14 01:58 | Travel in Jamaica

Negril 〜ビーチ&プール編〜

お次は旅の目的(いつもだけど)ビーチとプールです♪

こちらがホテルのプールです。早い時間だったのであんまり人がいなくてくつろげた〜
f0169328_1322328.jpg


プール内のバーと、手前でドリンク飲みながら本も読めます。肌が乾燥する事なく、プールに浸かりながら本が読める!これイイ!!
f0169328_1323877.jpg


ビーチではココナッツウォーター飲みたい人集まれ!状態で、もぎたてのココナッツを切って飲ませてくれました!ジャマイカに来て以来、大好物になりました。
f0169328_132514.jpg


そしてその向かいでは手作りのカゴ製品を販売していました。ここでは欲しいものがあったのだけど、キングストンでも買えるし、買い物が目的じゃないから断念。
f0169328_133349.jpg


ホテル編でも載せた夜のプールサイド。
f0169328_1331595.jpg

f0169328_133279.jpg


翌朝の海!透明過ぎた!小さな魚も泳いでたし、気持ちよかったな〜
f0169328_133406.jpg


こんな様子でビーチもがらがら。
f0169328_1335125.jpg


ビーチでは朝、海中(半身だけだけど)エアロビクスも開催されていました!私は参加しなかったけど、誘いにくる若いスタッフ達が、"外国人が持つジャマイカ人のイメージどおりの様子"を演じていました。ノリノリの、すぐ踊れちゃう、みたいな。実は、このホテルは、普段超ローカル生活をする私たちにとって、「ここどこだっけ?」と思うほどジャマイカ離れした雰囲気だったのですが(ほとんど外にも出なかったせいもあり)、彼らの話す言葉を聞いた途端、「あ、ここジャマイカじゃんねー!忘れてたね!」と思いだしちゃいました。

私はジャマイカ人が日常会話に使うパトワ語は話せませんが(それでも最近は少しだけ聞き取れるようになって来た!)、海外から来る旅行客が多い中で、旦那がパトワを話すとどのスタッフもなんだか嬉しそう。こっちに住んでると言うとさらにフレンドリーにしてくれます。ただでさえ若く見えてなめられやすいので、あえてジャマイカに住んでいて、ツーリストじゃないよというと、少し距離が縮まり、他の人たちよりも気にかけてくれたり、ローカルピーポーだけのいいことがあったりします☆
[PR]



by af_daba | 2009-10-13 13:30 | Travel in Jamaica

Negril 〜ホテル編〜

ネグリルのときの写真をやっとUPです。

まずはホテルから!
泊まったのはRIUというホテルでした。ネグリルのビーチエリアの端のほうにあって人気(ひとけ)も少なくのんびりしていました。それもそのはず、ジャマイカでは、夏はオフシーズンなのです。暑過ぎて夜は寝苦しいときもありますから、夏はある時期(私が前回来た、独立記念日の週末など)を除くと冬に比べて人が少ないのです。逆に冬はオンシーズン。昼はもちろん海に入れるほどの暑さ、夜は涼しいのです。11月の終わり頃から4月いっぱいがオンシーズンとなっています。

前にも書いた通り、部屋は感動するほどの感じではなかったので割愛しました。でも吹き抜けのレセプションエリアや、バーのエリアは天井が高くのびのびとしていて、そして少しヨーロッパを意識したのかなと思われる色遣いや細部のこだわりが「このホテル好き!」と思わせてくれました。そして背伸びしすぎない感じでくつろがせていただきました。

f0169328_1271271.jpg
レセプションから海に向かって撮った一枚。

f0169328_1272644.jpg
いい風が吹き抜けて気持ちがよかったな。この辺で無線LANにアクセスできました。

f0169328_1274098.jpg
天井のシャンデリアもシンプルながら、夜はいい色になって雰囲気を出してくれました。ライトって雰囲気作りの重要なポイントなんですね。

f0169328_1275692.jpg
天井のペイントがかわいい!!!

f0169328_1281153.jpg
私の大好物、黄色と紺のコンビ!

f0169328_1284031.jpg
夜のRIU。これは一枚目の写真の場所を、反対側から撮ったものです。プールの水面にライトが反射してゆったり、いい感じの光り具合でした。プールサイドのテーブルでぼけーっとしてました。

f0169328_1285447.jpg
こちらは朝5時までOPENしているバー。私たちはそんなに飲まないけど、みんな楽しそうに飲んでたなぁ


結婚すると、というより、ジャマイカに来ている今、女友達と旅行、というのが実現しづらくなっています。友達同士で来て、大笑いしてる人たちを見ると、ちょっとうらやましくなります。
ドラマ "Sex And The City"で、ロシア人を運命の人だと信じ、彼についてパリに引っ越したキャリーが、ある日、ランチ(or お茶)している女子4人を見て、友達を思い出し、過去の自分に姿を重ね合わせ、寂しくなり電話してしまうシーンがありました。私もその気持ち、とてもよくわかります。女子だけで旅行したい!

次はビーチ&プール編に続きます。
[PR]



by af_daba | 2009-10-12 22:34 | Travel in Jamaica

Beach Cover-up

ネグリルの写真、、、まだやってません!記事にしたい事はたくさんあるのに!

今日はネグリルで見た、ファッション?(おおげさだな)のこと。

ジャマイカに来てから、でもあるのだけど、こちらの皆様、特にCaucasian(白人のことをこう呼ぶんだそうです。使ってみました)やAfrican(黒人の事です)の中でもリッチな香りのする方々は、海にいく時、そしてネグリルでも見かけたのですが、ビーチカバーアップというのを着ています。

どういうものかというと、透け感のある、ゆったりしたチュニック/カフタンのようなもので、水着のうえにさらっと着ます。ネグリルでは部屋〜ビーチ間で着用してる人を見ました。また、海の駐車場で水着とこれを着て、車から降りてくる人もよく見ます。

日本ではこういった物をを着てる人を多く見ないので、最初は違和感を感じたのですが、滞在している間いろいろな方が着ているのを目にし、さらにホテルのギフトショップでも売っていたので、影響されやすい私は中でも大人っぽいデザインの物を買ってみました。(その写真はなし)

家に戻って、ビーチカバーアップがどんな物かを説明しようと検索してみたところ、たくさんでてきました。
f0169328_13152725.jpg


さらにその旅路(ネット検索)の途中にかなり素敵なスイムウェアを作っているハワイのブランド、Latarteを見つけてしまいました。(上の写真のうち、下3枚はLatarteのものです)ハワイアンテイストであったり、ちょっと気の利いたデザインの水着やビーチカバーアップは私のツボをかなり押していて、特に大好物のチュニック、刺繍の入った物や、針抜きがしてある物は心奪われてしまった!!さらにモデルさんたちは自然な健康美を持った人たちでとても素敵。(どうやら米国内でしか扱ってない模様??)
f0169328_1316519.jpg
かわいい!!

ジャマイカ、特に私の住むキングストンにいると、本当に欲しい!と思う物に巡り会う事は少ないのだけれど、リゾートエリアに行くと、外国から入って来たちょっとしたかわいい物に出会えることが多いので、これも遠出の一つの楽しみになりつつあります。

今日はネグリルで買ったそれを着て、近くの海へ行ってきました〜最近は少しずつ焼いているので、今(自分的に)いい感じに焼けています。

*使用した写真のすべては各サイトからお借りした物です。
[PR]



by af_daba | 2009-10-10 23:48 | Fashion/Art

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧

画像一覧