地球のほぼ裏側から・・・

<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧




ジャマイカの現状 続き(悪化)

その後のジャマイカ・・・・何か起こるのではないかと、なんとなく緊張感のある日々でしたが、この週末、月曜日はLabour's Dayという祝日で3連休でした。

日曜日になり、スタジオに行っていた夫から電話。
「今から外出禁止令が出るから何か買って帰るものがあったら言って」とのこと。

言うまでもなく、外出禁止令ってどういうこと???と混乱しました。

ラジオとインターネットで詳細を確認すると、警察が例のギャングのドンを探すためにダウンタウンの該当エリアに乗り込むため、それに対抗するギャングとの銃撃戦が想定されるため、とのこと。さらに夕方過ぎには交番が燃やされるという事態も。恐ろしい。そしてこれを、State of Emergency、つまり国家緊急事態として国民に発表しました。

国家緊急事態って文字だけ見たって相当の事態ですよ、これは。自分のいるところがそんな状況だなんて信じられません。

夜になると、ダウンタウンだけでなく、我が家にも銃声が聴こえ、誰もが外に出ず、家でじっとしていました。おそらく各地のゲットーエリア(貧困地域)で、今回の件をよく思わないギャングスタや若者たちが警察に向けて発砲したり、また、もしかすると戦いたくてウズウズしている血の気の多い人が発砲した可能性もあります。

そして昨日、月曜日。朝からテレビを見ていたのですが、銃撃戦の模様が放送され、それはそれはひどいものでした。こんなことが同じ国内で行なわれているだなんて信じられないし、悲しすぎます。

これを見てください。これが実際に同じ市内で起こっている事です。


今朝(今は火曜日のお昼です)、プリクラを置いているモールに、今日営業するかどうかを判断するために、チェックに行ってきたのですが、いつも気にかけてくださるモールの管理会社の方に会うなり"Akiko, GO HOME! STAY HOME!!"と言われました。

また、仲良くしているセキュリティの女性に話を聞くと、Cross Roadsというエリアより下(南)、ダウンタウンに向かう道にバスは行かず、知り合いに拾ってもらって出勤したそうです。また別の女性は、タクシーにいつもよりかなり多いお金を払ってモールに来ていました。

さらにそのセキュリティ、家の周りで銃撃戦があって本当に危なかった、と興奮気味に話してくれたのですが、何故か笑ってるのです。「ちょっと!なんで笑ってるの!そんな怖い話を〜」というと「何?じゃあ泣きながら話せっていうの?」「そうじゃないけどー」「しょうがないの、起こってしまった事は。私は家族を守るだけ」と。強いな〜。

こういう言い方はなんですが、私たち外国人は中にいるわけではなく、また、事態を実際以上に深刻にとらえがちかもしれません。実際に住んでいる人たちは火の粉がかからないように待つしかないようです。

今の時点で26人がなくなり、ケガをした人も多数、またいくつかの交番が襲撃されたと報道されています。悲しい。

これを止めることのできない、というかしようとしない政府はどうかしてます。。。というか政治そのものが腐敗しております。

とにかく、この戦争(もはや戦争と呼べると思います)が収まる事を祈るばかりです。
HOPE and PRAY!!

*追記
ジャマイカが常に危ない国だとは言いません。ただ、今はキングストン、スパニッシュタウンは非常に危険な状況にありますので、もしこれを読んで下さっている方、もしくは皆様の周りの方でジャマイカへの渡航を予定している方がいらっしゃいましたら、必ず現地の情報をご確認ください。大使館よりは在留者の意見の方が確実です。私でよければ回答させていただきます。日本から高いお金を払ってせっかくジャマイカに行くのに、戦争や銃を持った警察や兵士なんて見たくないですよね、ビーチやダンスを楽しみたいですよね。どうか渡航前にご確認を!!!
[PR]



by af_daba | 2010-05-25 13:25 | Life

ここ1週間

Dudusのことも大事な事なのですが、
先週のあたま、うちの大家の飼い犬のうちの1匹であり、私が一番可愛がっていた子犬、NERO(雌/生後4か月)が車にひかれ負傷してしまいました。

その傷の具合がイマイチよくわからず、1日目は足をひきずっていたので化膿止めスプレーをつけたのですが、翌日になってまったく歩けなくなり、歩こうとすると後ろ足の1本がぶらぶらしていて(折れています)スプレーをかけると悲鳴をあげる始末に。おまけに痛過ぎてか、吐くものもないのに嘔吐いていました。

ということで水曜日の朝、急遽動物病院へ連れて行ったのです。あいにく夫の都合が悪く、私一人で行ったのですが、NEROを入れていた段ボールをおろし、反対側のドアを閉めようとした隙にNEROは歩き出してしまい、遠くで見ていた他の犬の飼い主さんが「オーーー!隣の車の方に逃げちゃってるよ〜〜」と。私、慌てて隣の車に向かうと「オーーー!そっちじゃない!反対反対!」ってドリフみたいでした(笑)

さて、NEROなんですが、とりあえず先生に診てもらうと「あ〜こりゃかわいそうだね。足が折れているだけじゃなく、maggotsがついてるよ」と。私、辞書を持って行かなかったので"maggots"という単語を知らなかったのですが、screw wormと言われてわかりました、これ、ウジ虫という意味なんです。

とりあえず、レントゲンを撮ってもらい、折れている事が確認できた後で、虫をとるために麻酔をかけてもらいました。かわいそうだけど、舌を出して眠る姿がかわいかったです。なぜならここ数日、落ち着いた顔をまったく見ておらず、痛みを忘れて眠る姿をみて本当に安心したからです。

さて、その日の治療が終わり、麻酔の影響でだるそうにしていたNERO。とはいえ少し安心したのか、眠る事ができたようです。

ところが大変だったのは私達。いつもは庭で解放されているので、泥だらけのノミだらけなんですが、包帯をしている状態で土の上を歩き回られても包帯が汚くなるし、不潔になってまた治りが遅くなりそうなので、私達の家の玄関(タイル貼り)にいさせるよう、階段を上がりきったところにNEROが出られないよう板を設置。

さらに毎朝包帯の交換に病院に通い、最近雨が多いのですが(それはそれで幸せな事)、そんな時はうちのバスルームにビニールシートを敷いてNEROの簡易小屋を用意。もちろん餌やり、ブラッシング、のみ取りパウダーも。

私に関しては、犬を飼った事がなく、また、もともとNEROは自分たちのペットとして迎えたわけでもないので、かわいそうと思って引き受けたというものの、少し日常の仕事が増えて少しだけattentionする事が増えました。が、生き物なので反応があるし、楽しんでやっている部分もあります。

ちなみにこの家の犬はどの犬もそんな扱いをされていないので、NEROだけお姫様状態の扱いです(笑)
でも本当にかわいいし、懐いてくれるから、お世話してる側冥利に尽きますね。

病院に連れて行った日の夜。緑色のブーツを手に入れました!
f0169328_1149444.jpg


今日のNERO(2枚とも)。食欲も普通通りに戻ってきました。
f0169328_11501678.jpg


ごろごろしてて、無防備でかわいかった〜
f0169328_11504833.jpg


折れた足が治るまでには相当時間がかかると思いますが、元気になるまで私達もNEROと一緒に頑張りたいと思います。そして夫婦で協力して生きているものをサポートしていく、ということを初めてやってみて、子育てってこういう感じなのかな、となんとなくイメージしています。
[PR]



by af_daba | 2010-05-24 21:22 | Life

ジャマイカの現状

週が明けて、ジャマイカはギャングスタのドン、Christopher "Dudus" Cokeをめぐり、国中が大騒ぎでした。
というのも、Dudusという人はジャマイカのダウンタウンエリアを仕切っているのですが、このギャングの資金はアメリカに流しているコカインや大麻などのドラッグで稼いだお金と言われているほどアメリカに莫大な量のドラッグを流し、またそれに関する殺人事件にも関与していると言われているのです。

シャワーポッセとよばれるギャングスタ業をアメリカを中心に広げており(先月にはトロントで80人位の手下が捕まった)、アメリカ政府から、こいつを捕まえない限り、アメリカのドラッグの蔓延は防げない、捕まえてアメリカに引き渡さないとジャマイカがどうなるかしらないよ、と脅され、またジャマイカの首相はその引き渡しにサインをすることを要求されていたのです。

数日前からずっと、首相の辞任を要求する記事が新聞の一面になっていたり、ブルース(首相の名前)辞めろ!活動がFacebookであったり、国民からの声が大きくなっていました。

貧乏な国、ジャマイカは、IMFから多大なお金を借りていますし、ジャマイカ人がアメリカに行く際にはビザの取得が必須です。これらがなくなってしてしまったら???海外への輸出物の少ないジャマイカは外貨は稼げなくなり、人々の希望がなくなり、ジャマイカはますます貧しくて危険な国になることでしょう。ジャマイカはいまやアメリカなしでは生きていけないのです。少し前には見せしめのためか、レゲエアーティストの数名がアメリカのビザを剥奪されています。

そして今週月曜日、お昼過ぎに「首相が引き渡しにサインしたらしい」との噂が流れました。

これにより、街中が大混乱。
起こりうる出来事を考えると、誰もが一瞬でも早く帰りたい、というモードに。
何が起こりうるかというと、Dudusの手下たちが怒り狂って彼を捕まえようとする政府や警察を襲撃する、もしくは、アメリカ大使館やアメリカ国籍を持つ人たちを襲撃する、ということ。想像するにガンを持った若者達が襲ってきそうで恐いです。

この情報を受けて、まず企業のビルや官庁系の建物がたくさんあるNew Kingstonの各オフィスが早めに仕事を終え、帰宅しました。ここでこの情報が大きくなり、私がいる、Half Way Treeも騒然とし、周りの人たちが次々とお店を閉め始めました。私もいつもより1時間早く閉めたのですが、冷蔵庫がからっぽだったのでスーパーに寄ると、いつも8時閉店のところ、本日は6時で閉店しますとのこと。

こんなこと、ハリケーンのときくらいじゃないかと思うほどのざわざわ感。帰宅すると大使館から在留者向けに注意喚起のメールが来てたのには驚きました。

7時になりニュースを見ると、今日のパニックについて報道。そしてその情報がその時点では噂であることや、噂を信じないようにという注意、また、8時半から首相の国民への演説があるとのお知らせがありました。

8時半を待つと、自身の力の至らなさについて謝罪、そしてDudus引き渡しの書類にサインする、ということを明かしました。ただそれがいつか、というのは知らされぬままでしたが。

結局、翌火曜日にはサインをしたのですが、今後ダウンタウンエリアには足を踏み入れるなんてこと、恐ろしくてできなくなりました。昼は大丈夫でしょうけどそれでも行かないだろうな。

ジャマイカの貧しいエリアは私達が思っている以上に貧しく、外国にいるファミリーのサポートや、住んでいるエリアのビッグマンのサポートがないと暮らしていけない人もいるそうです。(いまだに盗電があります)

かわいそう、と思う半面、私は、その原因のひとつは奴隷時代の名残、「受け身体質」だと思っています。
誰かがなんとかしてくれるから大丈夫、を頼りに、人からお金をもらおうととりあえず乞う人もいますし、下半身にだらしなく、子供は無責任に作るし、それにより教育も経済的な確証もない人たちが子供を育て、貧乏で悪い道へ行ってしまうことが多いのです。日本は片親の子には自治体からのサポートがありますが、これは税金を払っているからであり、ジャマイカにはそんな援助、まったくありません。それは「結婚」というスタイルが完全に普及しきっていないからです。「男は信頼できない。よそで女を作るから結婚はしない」だって。それが悪循環を産んでるのに気付いていないのですけどね。

自分だけを見てくれる男をつかまえる、もしくは自分だけしか見えなくなるような魅力的な女になろうとする、ということは考えていません。つまり人のせいなのです。

ああああ、もうあげればキリのない問題。
ジャマイカ人はよく、"Jamaica no problem"と言います。でも実際"nuff problem"じゃん!と言うと「そうだよ、問題は山積み、でもね、その問題から離れ、ただ自分のできることをすればいいの。Just live your life.そしたらno problemになる」って。ええええ〜〜〜それって単に問題から逃げてるだけじゃん、根本はまったく解決されていないじゃん、と言ったけど、そこからはもう私の考える領域ではないことがわかりました。解決できない、それだけ。何を言っても結局変わらない。そして彼らは自分が変わるということはあまりしません。

といっても、憎めないジャマイカ人。私は中身はもちろん、外見はどこからどうみても外国人ですから、そんな彼らの文化や習慣を学んで理解し、自分の中で消化していくようにしています。郷に入っては郷に従うけど、同じように?ジャマイカ人みたいにしようだなんて思う必要はないと思います。それこそ猿真似じゃないかなぁ、自分らしさを忘れずにいることが、世界のどこにいても大切な事だと思います。

とにかく、この人々の不安が解消されますように。くだらない殺人はやめて、みんな平和に生きようよ〜(そう簡単な事ではないけど、平和を祈らない人はいないはずです)
[PR]



by af_daba | 2010-05-19 23:05 | Life

店を出たら。。

仕事帰りに寄り道。
お店を出たらこんな空が見えました。
きれいだったな〜、っていつも言ってますが、私にとってはこんな空を見られる事は贅沢の極みです。
f0169328_13562776.jpg


ところで今日、金曜日はテレビ東京でジャマイカを特集する番組が放送されます。コンセプトは、「日本のもの(文化やビジネスなど)を海外に持ってきて頑張っている、世界にいる日本人100人を取材する」というものです。

実は私もその一人としてプリクラの取材があったのですが、編集された後、聞いたのは、頑張っている人ではなく、小島よしおのオッパッピーをジャマイカ人が歌ったもの(これ、ジャマイカでは全然ヒットしてません)などのジャマイカを面白おかしく取り上げる内容ばかり。

私の部分はともかく、真面目に頑張っていらっしゃる方々(ブルーマウンテンでUCCの農園にいらっしゃる方々や生け花の先生など)の部分がカットされてしまっているのはとても残念です。取材を受けた人だけじゃなく、コーディネーターという、ロケを支える現地の方々の努力と気持ちが台無しです。

メディアの取り上げ方ってヒドい。編集でどうにでもなると思うと、ねつ造なんてお手のものですねーがっかりです。
[PR]



by af_daba | 2010-05-13 23:36 | Sky

ジャマイカ式

またまた子犬がうまれました〜

ネズミ算式と言いますが、これはジャマイカ式。。。いいんだか悪いんだか、容赦なくどんどん増える子犬たち。この間載せた犬たちだってまだ小さいほうなのに。

とはいえ、新しい命の誕生はおめでたいことです。生まれたてのはこの5匹です!
1匹いないのは、いつものことで、4-5匹生まれるとたいてい輪から外れてる子が1匹いるものです。のんびり屋さんなのでしょうかね。
f0169328_1713122.jpg


そして今日は白昼堂々と、黒いあの虫(大)が2匹いっぺんに現れ、ビックリしすぎて超大声でギャーーー!と叫んでしまいました。それに驚いた大家の息子Earl、下から「アキコー?!どうしたの?大丈夫?」と。私「ローチがぁ〜〜〜」と返すと大笑い。みんなには手慣れたものですが、私はまだまだダメです。割とおとなしめのヤツだったので、ほうきで庭へ飛ばしました。。。(これでも進歩したほう)

気付いたら汗びっしょり!!ローチも汗も嫌な季節になってきました。
暑い国での夏は特に生命の力強さを感じずにはいられません。
[PR]



by af_daba | 2010-05-09 23:58 | Life

もう寝ないといけないんだけど

あえて今現在の時間で書きます!

今日は仕事で新しい出会いがあったり、実りのあったいい一日でした。明日のやる気にかなりつながっており、明日はちょっと早めに出勤しようとおもうのですが、夕方帰ってきてから家での作業がけっこうたくあんあって遅くなってしまいました。もう寝ないといけない!3時になってしまう。

でも、今日(日付はもう変わっています)の夕焼けもきれいだったのでUPしてから寝ます〜

f0169328_16385969.jpg
f0169328_16393270.jpg
f0169328_16395773.jpg


夕日の見えるとてもいい場所にプリクラを置いてる事に気がついちゃいました。
いつもカメラ持ってたほうが良さそう。

余談ですが、こういう空を毎日見ているせいか、この間結婚記念日の時に着ていた服は、空と太陽の色にインスパイアされて買ったと言っても過言ではありません。ジャマイカに来てから、ブルーとオレンジの組み合わせがとても好きになりました。

色はまったく調整しておらず、目で見たままの色ほぼそのままで撮れました。



みなさんの見ている日本の空はどんな感じですか?
[PR]



by af_daba | 2010-05-08 02:36 | Sky

冷や汗!

日付は戻りますが、5月3日はいろんな人のお誕生日でした。
大切な友達のKONYさん、私と夫が出会ったキーマンであるモーリーさん、いつもお世話になっているモールのセキュリティの人、そしてベッカム(どーでもいい?)。

すべての5月3日生まれの皆様お誕生日おめでとうございます。

私はというと、この日、プリクラの場所をフードコートに移し、新たな出発を切りました。
ところが運悪く、ジャマイカの公立の中学と高校(こちらは中高一貫で6年通う)の先生たちがストライキをするということで学校はお休み。私達のメインターゲットのティーンエイジャーが街にいなかったのです(泣)というわけでスローなスタートでした。

実は前の場所を閉めてから、少しブランクがあったので、久々の立ち仕事に少し疲れてしまい、帰宅してからも旦那の食事だけ用意して倒れるように寝てしまいました。そして夜中にむくりと起きたのですが、ぼーっとしていて、飲んでいたお茶をこのPCにこぼしてしまいました。正確に言うと、携帯にも、テレビのリモコンにも。

運良く(?)夫は不在だったのですが、あまりのショックにどうしたらいいのか、お茶を拭き取る以外に何もできませんでした。携帯とPCは一部のキーが動かなくなり、頭の中が真っ白。

携帯はひとにいただいた黒苺、PCは一昨年の誕生日に買ってもらった物で、とても言い出せず、半泣き状態で寝ました。

運良く携帯は翌朝、復活しました!ホッ。1つ目の問題解決。でもPCは戻っていません。でもいつまでも言わないと仕事に支障がでるので、朝、じつは、、、と報告。怒られつつ、とりあえずmacを扱うお店に持って行くと、「キーボードが水にやられています。外付けの物(7000円程度)を買うか、キーボードを取り替えるか(20000円程度)しかありません」と。すぐに決める事ができず、「考えてまた来ます」、と肩を落として仕事へ。

そして夕方、家に帰って、意味のない現実逃避のため、PCをスリープ状態で閉じ、充電しつつ放置すること3時間。PCを見るとつらくなってしまうので、離れて別の事をしていました。

ところが、夜になって、悲しいけど電源を切ろう、とPCの蓋を開けた瞬間、動かなくなっていた"A"のキーが動いていることを発見したのです。他にも大文字しか表示されない状態だったのですが、生き返った!!!

充電してPCが少し暖かくなったのと、ジャマイカの暑さのせいでお茶の水分が蒸発してくれたような気がします。神様は私を見捨ててなかった!!なーんてこんな時ばかり都合のいいことを言うようですが、この国でPCがないと不便ですし、たとえ新たに買おうとしても、macは正規の値段より少し割高です(直営店はなく、認証された系列店なので)。

PCが元に戻るまでは、夫が新しいのを欲しいと言っていたので、今使っているのをおさがりでもらおうか、とか、やっぱり新しいキーボードを買うか、とか焦りながらもやもや考えていたので本当によかったです。

実は最初のマイPC、Vaioを買ったときに一度、お水をこぼした経験があるのですが、水分は絶対にこぼしちゃいけないという教訓をすっかり忘れていました。もう二度と近くに飲み物を置かない!!!!反省です。皆様もお気をつけ下さい!
[PR]



by af_daba | 2010-05-03 23:17 | Life

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧

画像一覧