地球のほぼ裏側から・・・

<   2010年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧




熱帯性ストーム Nicole

昨日の晩は大変なことになっていました。
すでに書いたとおり、激しい雨と風。
そして我が家ではそれにより家全体が湿気づいて大変なことに。
思いもよらぬ場所から水が漏れてきて、タオルや新聞紙で水を吸い取る作業が夜中まで。。
家の中は引越し後みたいに、コーヒーテーブルは立てかけられ、足ふきマットが置かれている状態でした。
とはいえ、電気と水道、インターネットは切れることなく、とにかくゲームをしたり音楽を聞いたり、家の中でのんびり楽しんでいました。

また、雨と風は夜中1時を過ぎると弱まり、最悪の事態を免れることができました。ホッ

ところが今朝になって夫のスタジオにチェックに行くと、スタジオはまったく問題なかったのですが、その途中の道がひどいことになっていました。スタジオは丘の中腹までいかないあたりにあるのですが、丘の麓に住む人達のところにはいろいろな物が流れ着いたり、道は水の力で浮き出し、穴ができてしまう始末です。また木が倒れているところもあり、通行止めになっている場所もいくつか。

以下の写真がその災害の様子を撮影したものなのですが(Jamaica Gleaner紙からお借りしています)左上のエリアは、Gullyと呼ばれる小さなどぶ川みたなものがあり、その淵に建てられた家は地滑りで家が崩壊してしまっています。(どぶ川のそばは地盤が緩かったり、そこに建てられる家は簡素なものが多い)

f0169328_1461965.jpg

また、止まってしまっている車を押したり、普段川じゃない場所が川のようになったり、この水はけの悪さがすべてをストップさせたり、破壊しています。ジャマイカには下水道がないので、地上から水が流れるしかないのです。車が止まってしまうこともよくあります(整備不良な車が多いのもあって)。

またこちらの写真は田舎のほうです。どっぷり床上浸水。
水が引くまで本当に大変だと思います。
f0169328_1464116.jpg


ジャマイカにいると、自然の力には本当に逆らえないな、と実感します。島ごと吹き飛ばされそうな勢いでしたからね。
被害の模様を載せるのは少し気が引けましたが、台風の爪痕はこんなにもジャマイカを破壊してくれるというのをお知らせしたく、新聞社のウェブサイトからお借りしました。

いちおう去ったように見える台風ですが、まだ油断はできないと言われており、週末までこのぐずついたお天気が続くようです。早く青い空が戻って欲しいな。洗濯物もだいぶ溜まってるし・・・

今回の台風で亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。またケガをされた方が一日も早くよくなりますように。
[PR]



by af_daba | 2010-09-30 23:05 | Life

熱帯性防風雨 over Jamaica

おはようございます。
今一度UPしたのですが、大雨のせいでインターネットが不安定で更新されませんでした。。。あー

というのはですね、この間の日曜日あたりからカリブ海に熱帯性低気圧の影響による暴風雨が吹き荒れており、雨と風が大変なことになっているのです。

こちらはGo Jamaicaからお借りした天気図。ジャマイカはこの地図上では、真ん中より少し左に位置している、横長の小さな島です。御覧の通り、雲にすっぽり覆われているでしょう?
f0169328_041469.jpg


日曜日は、私がここ最近一番楽しみにしていたといっても過言ではない、Market At The Lawnという、外国人マダム主催のバザーが半年ぶりの開催が予定されていたのですが、当日になってはりきって会場に行ってみると誰もいない。聞くと延期だとのこと。がっかり。その延期も今度の日曜日ということですが、文字通り雲行きがあやしいのでどうなることやら。

今朝のニュースでは、ジャマイカ全土を対象とし、洪水には気をつけてくださいと注意報を出しています。また子どもが流されたとのニュースもありました。今日はほとんどの学校が休校のようです。私も仕事をお休みします。水はけの悪いジャマイカは日本と違って道の端すべてに排水溝があるわけではないので、道の終わりにある排水溝に向かって水がすごい勢いで流れ、車に乗ればスプラッシュマウンテン状態です。

人がケガをしたり流されたりしないといいのですが。災害ばかりは止めることができないので待つしかありません。外に出られない人の多いジャマイカはこの一週間、子作りウィークとなることでしょう。来年の7月の終わりには子どもがたくさん生まれるかな?

私は本を読んだり音楽を聞いて過ごしたいと思います。

◆追記(29日夜7時過ぎ)
熱帯性ストーム、Nicole(名前を確認しました)は現在、ジャマイカ全土を覆い、雨と風が今まで見たことのないくらいの強さになっています。また、雷は空を頻繁に照らし、近くで落ちていると思わせるような轟音が足元に伝わってくるほどです(我が家は2階なのに)。
Gullyと呼ばれる小さな川(溝川)沿いに住む人たちの中には、地盤がゆるいため、家が流され、亡くなった方もすでにおり、行方不明の人も数名いるそうです。

私たちも何時に電気が落ちるかわからない状態です。ドキドキ・・・。
午後から水の汲み置き、食料の確保、ろうそくの準備、各機器の充電は済ませましたのである程度の心構えはできています。また報告します。
[PR]



by af_daba | 2010-09-29 09:03 | Life

ほうじ茶ラテ(正確にはミルクティー)

スタバがない場所に住んでいる、ずぼらな人でもできるほうじ茶ラテ(ミルクティー)。

外国に住んでいる方々とお話させていただく機会がありますが、スタバがないところに住んでいる方っていらっしゃるのでしょうか?ジャマイカにはありません!涙

あ、イタリアはないんでしたっけ。前に聞いたような。

スタバのほうじ茶ラテってどんな味がするんだろう、と夢をみるかのごとく憧れていましたが、ほうじ茶をもらったので、検索してみたら、自分でもそれっぽいものを作れることがわかりました。

簡単にいうと、ロイヤルミルクティーの要領でほうじ茶を煮出すのです。

はじめに、ほうじ茶をお鍋で炒ります。
香りが出てきたら牛乳を投入。
温かくなってきたらお砂糖をお好みの分だけ入れて、
一煮立ちしたら、
茶こしでこしてカップに注ぐ。

これだけでほんわかして、ひとつ幸せが増えた感じです。

ほうじ茶は、お友達の「ぐ」さんにいただいてから、切らすことなく送ってもらっているのですが(その節はありがとー)いつも普通に、温冷どちらかで飲んでいました。でも飲みかたがひとつ増えて嬉しい。

日本にいる方はどうってことないと思うのですが、ちょっと嬉しかったので書いてみました☺
[PR]



by af_daba | 2010-09-25 23:16 | Food

PUSHIM - 誓い feat. MIHIRO〜マイロ〜

ジャマイカで出会って以来、仲良くしてもらっているレゲエシンガーPushimちゃん。
今、お腹に赤ちゃんがいて、来月には出産を予定しています。

夏のレゲエフェスも今回はほとんどお休みして、制作に力をいれると言っていたけれど、しっかり素敵な曲をリリースしていました。この曲は少し前にリリースされて、PVにはサッカーの駒野選手が出ていたのだけど、最近アーティストバージョンのPVが出たようです。お腹の大きな彼女の姿をみることができます。



力強くてとても素敵な曲です。彼女の歌声はパワーを感じるし、詞も心がいいから伝わってくるんです。(稚拙な表現ですいません)

去年の暮れから2ヶ月間ジャマイカに滞在していた時に出会ったPushimちゃん。日本に帰ってからスカイプではお話していたけれど、お腹が大きくなってからは見ていなかったので、お腹が大きくて、なおかつ動いている姿を見て感動もひとしお。(写真では見ていたけれど動画はなかったので)

最近はプリクラにも妊婦さんが来てくれます。「妊婦」という貴重でとても幸せな期間をプリクラという(ジャマイカでは)新しい形態の写真に収めてくれるのはとても嬉しいことです。女性DJ(歌うほうの)のSpiceも今妊娠中。5ヶ月なのにすでに大きなお腹をかかえて遊びに来てくれました。

みんなに元気な赤ちゃんが生まれますように。
一番間近のPushimちゃん!がんばって!
[PR]



by af_daba | 2010-09-23 23:48 | Music

Free Bujuについて

今日は、レゲエの有名なシンガー?DJ?のことについて。
あ、わたし、ジャマイカに住んでるのにレゲエのこと、あんまり知らない、かつ、今日の内容は否定的な部分もあるので、先に言っておきます。

Buju Bantonというラスタ教のアーティストがいます。
正式にはラスタファリアニズムというそうなのですが、思想はわたしも全部語りきれないので、少し省略しますね。もともとはキリスト教に基づいて派生した、黒人による宗教です。

その生活において、私の知る限りでは、お肉を食べない、刃物を体にあてない(髪を切らないのが主な特徴)コカインなどのケミカルなものには手を出さない(市販の薬でさえもー薬草などの自然のものを使って治すのが前提)、バビロン(つまり営利主義だったり自己中心的に世の中を支配しようとする人たちー警察とか)に対する抵抗が大きい、そして同性愛に対して否定的な考え方があります。

(足りない部分が大いにあるのでここにWikipediaのリンクを載せておきます。ご興味のある方はどうぞ)

さて、BUJUはジャマイカをはじめ、世界各国のレゲエファンから非常に人気が高いのですが、去年の12月にマイアミで、コカインの取引現場にいあわせて、白い粉をなめているところをビデオに撮られ、それ以来捕まっております。

すでに裁判も行われていますが、この方、ジャマイカ人特有の同性愛に対する蔑視がひどく、自身の曲の歌詞にもずいぶんとそのメッセージをいれているので、この逮捕は、アメリカのゲイ団体からの仕組まれたものではないか、と言われています。また、今年あったジャマイカでの大騒動(ギャングの親分を捕まえろ大作戦byアメリカ)の影響も少し受けているかも、とも当時は言われていました。

Bujuを大好きな人達は、口を揃えて"FREE BUJU"と言います。そして、そんなメッセージがプリントされたTシャツも作られたり。

ここからは私の意見です。

ではゲイの人たちに仕組まれたのなら、粉のテイスティングをする必要はあったのか。もし仕組まれていたのなら、さすがにBUJUだってテイスティングを抵抗すること、できたはずです。

"FREE BUJU"って誰かが言うたびに、誰が無罪だって言った?Bujuが取引に関わっていないなんて誰に言えるの?知ってるのは本人だけでしょ、と思う。

だってジャマイカ人に絶対はないから。

もちろん、とても敬虔なラスタの人たちもいます。
と同時にラスタの中には、豚肉、牛肉を食べる人もいますし、ギャングスタ・ラスとか言い出すご都合主義的なラスタ?もいます(これは完全にスタイルのはず)。だから”ラスタ”といいつつ、矛盾してるな〜って思うことがよくあります。結局自分の都合のいいように解釈している「スタイル」なんじゃ?と。コカインだって常用していたかもしれないでしょう?

みんながBUJUへのファン心で"FREE BUJU"とか「BUJUがやるはずない」、と言いたいのはすごくわかるけれど、ちょっと馬鹿げてるな〜と思っています。最近、判決が近くなって、そのメッセージが大きな声になってきているので、ちょっと聞き苦しかったり。

今日になって、コロンビア(南米のコカイン大国のひとつ)からアメリカに送るためにジャマイカを中継地点にしており、そこにBUJUが関わっていたと可能性もあると最近は報じられました。うむ・・・。

ちなみにBUJUのことを嫌いとかいうわけではありません。BUJUが無罪ならそれはそれで素晴らしいことだし、それが確実なら"FREE BUJU"大歓迎です。

ただ私がいいたいのは、ジャマイカ人に絶対はない、ということと、周りの反応がどうも納得できない、ということです。
[PR]



by af_daba | 2010-09-21 21:33 | Life

1Q84

少し前にお友達になったK子さんが村上春樹の1Q84の1と2を貸してくれました。

1Q84 BOOK 1

村上 春樹 / 新潮社


1Q84 BOOK 2

村上 春樹 / 新潮社



わざわざモールに持ってきてくれたのですが、モカチーノまで買ってきてくれてすごく嬉しかった〜本当にありがとう!颯爽と少年のように現れ、丁寧にご挨拶いただき、そしてまた颯爽と去っていってしまってワタシ、ちょっと寂しかったんですけど。「もう行っちゃうのー?」って。

さて、ここジャマイカで日本語の本は貴重なので貸してもらえるとすごくありがたいです。紀伊国屋なんていう贅沢なものはないですからね。

それ以前に、ジャマイカの本屋さんは、文房具が1/3、学生の本(教科書も)が次の1/3、残りの1/3が大人が読む小説やハウツー本、趣味本、ビジネス書、あと変な本(ジャマイカ独特の)といった感じで構成されています。

もう少しジャマイカ人も本を読もうよ、、、って思うくらい本が少ないのです。本読む暇なんてないくらい働くこと、育児に忙しい人も多いのですが、音楽(というかパーティ)以外で自分の知識や感情を豊かにする方法を知らない人がたくさんいると思います。

先日観た"Eat Pray Love"の原作も読みたいのに、売ってませんでした。悔しいから取り寄せてもらうつもりです。

さて、貸してもらった本、亀のごとくまーーだ英語版The Alchemistを読んでるので、これを読み終わってからと思っています。日本では最近3巻が出たとかでないとか?本は重いので送ってもらうのをためらうものの一つですし、他にも送った貰いたいもの(食材)がたくさんあるので、いつも優先順位が後ろの方になってしまいます。

あぁ、でも、うちにはiPhoneがある!
これからは本を買わなくても読めるんでした。便利な世の中になりましたね。

ちなみにどれだけ本や印刷物の電子化が進んでも、紙にメモしたり、大切なところを折り曲げたり、線を引いたりすることは私にとって、とても重要なことなので、日本にいるのなら本を買いたいところです。

昨今、教科書の電子化に対する賛否両論、あるとは思いますが、使い方次第でいいものにも悪いものにもなりますよね。人間のあるべき機能がこれによって退化しなければ、私はいいと思います。当然、在庫がいらなくなり、ゴミも出ないわけですからね。

日本独特の秋の楽しみ方、そのひとつに読書があります。ジャマイカはまだ昼間は暑いのですが、夜はだいぶ涼しくなってきました。日本を意識しながら、読書の秋を楽しみたいと思います。
[PR]



by af_daba | 2010-09-11 23:46 | Book/Movie

Fashion's Night Out 2010

9月10日(金)は、世界の16の都市で合同に行われる雑誌Vogueのイベント、Fashion's Night Outでした。
f0169328_11305468.jpg


ジャマイカは実は16の都市の中に含まれておらず、New Yorkの影響を受けて、Jamaica Observer紙の主催で行われました(NYのFNOのサイトはこちら)。ジャマイカ全体で何店舗くらい参加したのかわかりませんが、私の住むキングストンでは、中心部のほぼすべてのモールやプラザに入っているお店、ファッションに関係なくても、この日のために特別な催しや特別価格を提供していました。

我々も、プリクラを置かせてもらっているモールが参加するので、当然特別価格でお客様をお迎えするのですが、去年の盛況っぷりを知っている私としては、押し寄せるであろうお客さんの様子にワクワクしつつも、マネージできるかドキドキで、前日はイメトレと物理的準備に忙しくしていました。

そして当日。
これは5時をまわってすぐくらいの時間で、まだ日も落ちておらず、車がだいぶ入り始めてきた頃です。
f0169328_1138597.jpg


そしてこれが7時過ぎ。各店舗にも人がぎゅうぎゅうに入り、私のプリクラにもたくさんのお客様が来てくださいました。
f0169328_11322860.jpg

自分が働いてるところの写真はないのです。残念。
でも、夫があとから応援に来てくれて、ビデオを撮ってくれ、人の多さ、プリクラを待つお客様の姿など、動いて見られるので、携帯から取り出したら紹介したいとおもいます。

これはSpiceという女性のレゲエDJのお店、Spicey Couture(これ絶対にJuicy Coutureの真似です)というセレクトショップのウィンドウで、いつもはマネキンが入っているのですが、この女性は実際の人間。動かずにポーズをきめ、通る人達を驚かせていました。足長いな〜〜
f0169328_11364258.jpg


この日、私を手伝ってくれた若人二人、SharifaとNicholasです。
f0169328_11355160.jpg

二人がいなかったら私死んでました。二人がいてくれたからお客様も楽しんでくれたし、私も一緒に楽しめました。どうもありがとう。

とにかく、クリスマスばりの盛り上がりを見せたFashion's Night Out in Jamaica、本当に楽しかったです。本音を言うと、Fashionに関わった形での参加、もしくは完全にお客さんとしての参加をしたかったのですが、この日またプリクラを知ってくれた人が増えたと思うと、参加してよかったと思うし、もちろん売上もよかったので、大成功の一日でした。

次の大イベントはクリスマス!がんばろーー!
[PR]



by af_daba | 2010-09-10 23:06 | Business

映画 Eat Pray Love

昨日はJulia Robertsの最新作、Eat Pray Loveを観に行ってきました。(リンクは日本の公式サイトを貼っています)
f0169328_5433945.jpg


実はこの映画、内容が素敵な大人の女性の旅だったので、大人の女性と一緒に観に行きたくて、大家の奥さん、Janetを誘っていたのですが、気まぐれな彼女、当日になってやっぱ行かないといいだし、もともと一緒についてくる予定だったその娘のAbigailとイトコのBrittyが一緒に行くことになりました。本当は共感したり、映画について話したかったんだけどなー。

さて、映画のほうはというと、
NYに住むリズは離婚して、毎日を楽しんでいたと思いきや、突然思い立って一年間かけて旅に出ます。行き先は、イタリア、インド、そしてバリ。イタリアでは食べることを楽しみ、インドでは祈ることを楽しみ、最後には恋することを楽しみます。こわばっていた心が少しずつ解き放たれていく様子がとてもよかったです。

そして各地の風景がとても美しかった。特にバリ。ビーチはもちろん、ウブドには年をとってからでもいいから行ってみたいなぁ。

また、リズの服装もシンプルだけど彼女が着るからでしょうけどとても素敵にまとまっていました。


In New York
離婚後、出会ったキュートな彼からちょっとカルトっぽいけれども、『祈る』ことを教えられ、また、何かが見つかるかもしれない、思い立ち、彼を置いて旅に出ることにする。
f0169328_5442955.jpg


ITALY
言葉の違うイタリアで出会った素敵な友達と食べることを楽しむ。けれども美味しすぎて太ってしまいます。でも、大勢の家族や友達、つまり大好きな人達を集めて食事をすることの幸せがとてもよく伝わってきました。イタリアの高いところから見た景色、そして古いものを大切にするヨーロッパの人々の感覚(リノベーションしながら長く保たれる家や石畳の道も素敵)が素晴らしかったです。
f0169328_5441392.jpg


INDIA
祈るために寺院に住みこむことにしました。祈るということはどういうことか、SILENCEとはどういうことかを学びます。過去のこともフラッシュバックしつつ、頭でばかり考えていたことも、心を開放すること、自分の気持に正直になることを知ります。インドでつけていたこのストール、素敵でした。
f0169328_54359100.jpg


BALI
そして最後の目的地バリへ。治療師のもとへ通い、シンプルだけど大切なことを教えられます。また、ここではこれまでの旅の集大成となる素晴らしい出来事を自ら起こすのです。同時に恋にめぐり合います。
出会いの直前にかかっていたボサノヴァが、バリの風景とマッチしていたのが不思議だったけど心地良かったです。
f0169328_5442176.jpg


どの場所でも、楽しんでいる様子、そして独り身の自由さがとてもうらやましかったです。今は昔に比べて女性も若いですし、パワーもあります。独身だからどうとか言う時代ではないのも手伝って、自分の可能性を見つけるために新しいことに挑戦したり、どこかへ行ったりすることも可能ですよね。それが少し羨ましかったな。

ただ、よく日本語で使われる「自分探しの旅」とい言葉があまり好きではなくて、じゃあ今の自分は何?自分じゃないの?と思うのです。語呂が良くて、なんとなキャッチーに聞こえるフレーズなのでしょうけどね。今の自分も可愛がりつつ、さらなる可能性を見つける旅、と思いたいところです。(回りくどいけど)

それと、私はリズの恋のお相手のハビエル・バルデムの顔とかヒゲとかが全部苦手なんですが、今しらべたら私の大好きなペネロペ・クルスが結婚したという相手なんですってー ラテン系はああいうお顔がいいのかなぁ

皆様のカテゴリーでは同じところに入るかわかりませんが、私は同じ系として、ヴィンセント・ギャロやセルジュ・ゲンズブールもダメです。何系の顔とくくったらいいのかわかりませんが。

日本では9月17日公開だそうです。観たらぜひ感想聞かせてください。
私は聞き取れない部分もけっこうあったので(大切なところに限って・・・)原作本を買って読むつもりです。
[PR]



by af_daba | 2010-09-05 16:42 | Book/Movie

ジャマイカ算式

増えまくりの我が家の犬ですが、また新たな子犬たちが6匹産まれました。
今回はALL BLACK!!

タイトルのジャマイカ算式というのは、ジャマイカ人はどんどん増えていくことを半分皮肉ってつけてみました。
だって私と同じ年の人で、一人目の子どもが17歳というひと、しょっちゅういるんですよー

私が18歳の時、、、それこそ90210を見てた頃なのに!

所変われば、とは言ったものです。それぞれの人生があります。

さて、子犬たち。先週からミャーミャー鳴き始めています。
かわいすぎる〜〜〜❤

f0169328_12271682.jpg

f0169328_1228712.jpg

f0169328_12284411.jpg

f0169328_1229275.jpg


今週に入って、やっと目が開いて来たのでそろそろ予防接種につれていくそうです。
[PR]



by af_daba | 2010-09-03 12:31 | Life

90210 Forever

相変わらずTwitterが日課となっている私ですが、フォローしているNicole Richieの、今日の
つぶやきに、
Today is 9-02-10. #BeverlyHills90210Forever
とありました。

そっかそっか並べたら90210になるのね、と思っていたら、アメリカのファッション誌、ゴシップ誌などもこれを取り上げていて、改めて"ビバリーヒルズ90210"の影響の大きさを感じました。もちろん世代的にはオリジナル版の大ファンですが、今、新しいメンバーで21世紀版?90210が放送されてるんですよね。見てないけど、確かケリー(ジェニー ガース)も出てるらしいです。

当時、土曜日の夜23時からNHKではビバリーヒルズ高校・青春白書があったから急いで家に帰ったりしてたよね。あの冒頭の曲はお約束ですし、本当にたくさんのエピソードがあり、私たちも共感したり、しなかったり。吹き替えで見ていた人にはBrandonのとぼけた口調や、Davidの後輩口調(英語には敬語はないし、先輩後輩があるのは日本だけなのに)、そしてDonnaの変な声は一生忘れられないと思います。

今はもういい年になってしまっている登場人物たちですが、当時若かった私たちに、アメリカに対する大きな憧れを持たせてくれたという意味では本当に素敵なドラマだったなぁと感慨深くなってみたりして。その影響で、今でもアメリカのリッチなティーンエイジャーのドラマ、映画はいまだに大好物☺

f0169328_10202251.jpg


Beverly Hills 90210 Forever!!
[PR]



by af_daba | 2010-09-02 20:04 | Book/Movie

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

画像一覧