地球のほぼ裏側から・・・

<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧




*merry christmas*

日本を出て、現在トロントに着きました。お世話になった皆様、ありがとうございました。

空港ではややこしいチェックもなく、いつもお世話になっているみんなに迎えにきてもらって、時差ボケ全開で夜はバタンキュー、朝は誰よりも早起きとなりました。そしてまた今また眠い…

出迎えてくれたクリスマスツリー
f0169328_4115425.jpg


それではみなさま、素敵なクリスマスをお過ごしください。
[PR]



by af_daba | 2011-12-25 04:06 | Life

印象に残った本

時々図書館で本を借りました。

明日の空

貫井 徳郎 / 集英社


若人の話。
3人の視点で描かれていて、すっかり引き込まれました。恋愛の話も少しあるんだけどそうではないから、読んでて楽しい。

すーちゃん (幻冬舎文庫 ま 10-2)

益田 ミリ / 幻冬舎


この本大好き。
独身のすーちゃん、自分探しをしたくて、でも何をしたらいいのか、見つからぬまま日々は坦々と過ぎて行く。仕事を終え、家に着くと、もやもやと考えてしまう。でも、「自分探し」ってなに?自分は一人だけなのに、自分が自分を探してどうなるの?と気付くのです。
マンガ形式なので読みやすいのですが、シンプルながら、私の心に突き刺さるフレーズがいくつかありました。


そうそう、別の所で今日見つけた言葉、
Life isn't about finding yourself, life is about creating yourself.
確かに。

図書館では新刊を読む事がなかったので、古い物や少し前の物が多かったのですが、直感で本に手を伸ばしてみると、世の中の本にOL(もう死語?)が主人公の話の多いこと。背表紙に書かれているあらすじを見て、OLが主人公の場合、99%は恋愛の話じゃないでしょうかね。すかさず本棚に戻します、私。

なんだろ?恋愛小説を読みたい気分には全然なりませんでした。

時雨の記 (文春文庫)

中里 恒子 / 文藝春秋


でも、ずっと持ってるこの本は大人の恋(つまり不倫)なのですが、昭和時代の話で、言葉のひとつひとつや、彼女の暮らしの、シンプルだけどとても丁寧であること、そしてそれが文章からイメージできる表現方法がとても好きで、何度も読んでいます。
[PR]



by af_daba | 2011-12-17 03:23 | Book/Movie

HELL YEAH!!!

激かわいいお財布GET!
my girlありがと〜〜〜〜
LOVE YOU and the Wallet!!

f0169328_1925501.jpg

[PR]



by af_daba | 2011-12-10 19:28 | Fashion/Art

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

画像一覧