地球のほぼ裏側から・・・

<   2012年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧




Sorry about that

今日は、移民局(外国人の滞在許可に関する業務を担っている政府関連機関)に、ジャマイカに滞在するための許可となるビザをもらいに行って来ました。申請はすでに先週済ませていたので、今日は受け取りにいくだけです。

オフィスに行き、先週もらっていた控えを渡すと、さらに引き換えに私に関する情報が書かれた紙を渡され、これを持って下の支払い窓口で料金を払って戻って来て、と言われました。そして窓口が混んでいたので、待っている間その紙をよく見てみました。

そこにはNationalityの欄に、崩れた手書きでChineseの文字が。
あれー?これChineseって書いてあるよなぁ、、と思い、支払いを済ませてオフィスに戻り、担当者に、「あのー私、中国人じゃないんですけど」と訂正を求めました。

すると担当者「あ、ごめん、今直すね」と。
こういう時の軽さ、もう慣れました。日本だったらこういった誤りに対してはすごく謝られる気がするけど、まあ間違えられるのはよくあることだし、とりあえず大切な書類だから訂正した、くらいの感覚だったので気にしてませんでした。

さらに待ち合いに戻り2-3分が経過。再度呼ばれて担当者のデスクに行くと、いきなりその人のボスであろう女性が現れ、"Sorry about that.(申し訳ありませんでした)”と。でもthatは何を指してるのかわからず、何についてSorryなんですか?と聞いてみました。

すると、"彼女が、あなたが日本人なのに中国人って書いたことについてよ"と言うのです。既に書いたとおり、私はそんなに気にしてなかったし、"いえ、全然問題ありませんよ"と返しました。

それよりも、彼らがそういったことで自ら謝って来た事にとても驚きました。え〜謝るんだ!この人たちも!って。
彼らは謝る事をあんまりしないのです(だから言い訳が多い)。

ジャマイカに住んでたことのあるお友達もこのブログを読んでくれているのですが、以前だったら絶対になかったことと驚くんじゃないでしょうか。

ビザも無事にもらえたし、予想していなかった移民局の人の感じの良さに気分良く帰宅しました。

そして家の前で撮った写真。雲が大きくて、山が近くに見えるこの空が大好きです。
f0169328_1251431.jpg

[PR]



by af_daba | 2012-01-31 22:38 | Life

足るを知る

TwitterでRetweetされてきたダボス会議での渡辺謙さんのスピーチ。

ここからそのままコピーしたものを以下に載せます。

------以下 本文-----
 スイスで25日に開会した世界経済フォーラム年次総会「ダボス会議」で、俳優の渡辺謙さんがスピーチに立ち、各国から寄せられた東日本大震災の被災地支援への深い感謝と立ち上がる決意を語るとともに、原子力から再生エネルギーへの転換を訴えた。

 渡辺さんは、震災発生直後から、インターネットにメッセージなどで被災者を応援するサイト「kizuna311」を立ち上げ、現地を幾度も訪れるなど、支援活動を積極的に続けている。

 スピーチは現地時間25日午前(日本時間同日午後)に行われた。渡辺さんは「私たちの決意として、世界に届いてほしいと思います」と話している。

 スピーチ全文は次の通り。

 初めまして、俳優をしております渡辺謙と申します。

 まず、昨年の大震災の折に、多くのサポート、メッセージをいただいたこと、本当にありがとうございます。皆さんからの力を私たちの勇気に変えて前に進んで行こうと思っています。

 私はさまざまな作品の「役」を通して、これまでいろんな時代を生きて来ました。日本の1000年前の貴族、500年前の武将、そして数々の侍たち。さらには近代の軍人や一般の町人たちも。その時代にはその時代の価値観があり、人々の生き方も変化してきました。役を作るために日本の歴史を学ぶことで、さまざまなことを知りました。ただ、時にはインカ帝国の最後の皇帝アタワルパと言う役もありましたが…。

 その中で、私がもっとも好きな時代が明治です。19世紀末の日本。そう、映画「ラストサムライ」の時代です。260年という長きにわたって国を閉じ、外国との接触を避けて来た日本が、国を開いたころの話です。そのころの日本は貧しかった。封建主義が人々を支配し、民主主義などというものは皆目存在しませんでした。人々は圧政や貧困に苦しみ生きていた。私は教科書でそう教わりました。

 しかし、当時日本を訪れた外国の宣教師たちが書いた文章にはこう書いてあります。人々はすべからく貧しく、汚れた着物を着、家もみすぼらしい。しかし皆笑顔が絶えず、子供は楽しく走り回り、老人は皆に見守られながら暮らしている。世界中でこんなに幸福に満ちあふれた国は見たことがないと。

 それから日本にはさまざまなことが起こりました。長い戦争の果てに、荒れ果てた焦土から新しい日本を築く時代に移りました。

 私は「戦後はもう終わった」と叫ばれていたころ、1959年に農村で、教師の次男坊として産まれました。まだ蒸気機関車が走り、学校の後は山や川で遊ぶ暮らしでした。冬は雪に閉じ込められ、決して豊かな暮らしではなかった気がします。しかし私が俳優と言う仕事を始めたころから、今までの三十年あまり、社会は激変しました。携帯電話、インターネット、本当に子供のころのSF小説のような暮らしが当たり前のようにできるようになりました。物質的な豊かさは飽和状態になって来ました。文明は僕たちの想像をも超えてしまったのです。そして映画は飛び出すようにもなってしまったのです。

 そんな時代に、私たちは大地震を経験したのです。それまで美しく多くの幸を恵んでくれた海は、多くの命を飲み込み、生活のすべてを流し去ってしまいました。電気は途絶え、携帯電話やインターネットもつながらず、人は行き場を失いました。そこに何が残っていたか。何も持たない人間でした。しかし人が人を救い、支え、寄り添う行為がありました。それはどんな世代や職業や地位の違いも必要なかったのです。それは私たちが持っていた「絆」という文化だったのです。

 「絆」、漢字では半分の糸と書きます。半分の糸がどこかの誰かとつながっているという意味です。困っている人がいれば助ける。おなかがすいている人がいれば分け合う。人として当たり前の行為です。そこにはそれまでの歴史や国境すら存在しませんでした。多くの外国から支援者がやって来てくれました。絆は世界ともつながっていたのです。人と人が運命的で強く、でもさりげなくつながって行く「絆」は、すべてが流されてしまった荒野に残された光だったのです。

 いま日本は、少しずつ震災や津波の傷を癒やし、その「絆」を頼りに前進しようともがいています。

 国は栄えて行くべきだ、経済や文明は発展していくべきだ、人は進化して行くべきだ。私たちはそうして前へ前へ進み、上を見上げて来ました。しかし度を超えた成長は無理を呼びます。日本には「足るを知る」という言葉があります。自分に必要な物を知っていると言う意味です。人間が一人生きて行く為の物質はそんなに多くないはずです。こんなに電気に頼らなくても人間は生きて行けるはずです。「原子力」という、人間が最後までコントロールできない物質に頼って生きて行く恐怖を味わった今、再生エネルギーに大きく舵を取らなければ、子供たちに未来を手渡すことはかなわないと感じています。

 私たちはもっとシンプルでつつましい、新しい「幸福」というものを創造する力があると信じています。がれきの荒野を見た私たちだからこそ、今までと違う「新しい日本」を作りたいと切に願っているのです。今あるものを捨て、今までやって来たことを変えるのは大きな痛みと勇気が必要です。しかし、今やらなければ未来は見えて来ません。心から笑いながら、支え合いながら生きて行く日本を、皆さまにお見せできるよう努力しようと思っています。そしてこの「絆」を世界の皆さまともつないで行きたいと思っています。

-----ここまで-----
これを読んで、なんだか悲しくなりました。便利さと引き換えに、なくしてしまったものもたくさんあるのだ、と。今こそ物質的な豊かさを捨てて、本当に大切なことは何なのかを考えてみる機会だと思います。私もまだまだ物に支配されています。もっとシンプルにできるはず、必要なものはもっともっと少なくていいはず、と思いつつも、買い物好きだし。

ちなみに、先進国での便利な生活を否定する気はまったくなく、私も日本にいたら超快適で便利なサービスに頼り切っているし、ジャマイカもこうあってくれたら、、と思います。でも、ジャマイカに戻ると不便さや物の種類の少なさ、そういった事があまり気にならなくなって、ある物の中でなんとかしたり、ちょっとしたことで壊れた物もちょっと頭を使えば直るし、、と、なんとなく順応していってしまうのです。所変われば、と言ったものです。最近は家の鍵が壊れたのですが、応急処置はできてしまいました。その達成感は狙っていた物がセールになって手に入ったときと同じくらいかも。
[PR]



by af_daba | 2012-01-30 21:41 | Thought

空の色と服の色

すごく空の色がきれいだった日がありました。
f0169328_11463913.jpg

それで、日本にいた時に出会った人に、
「初めて会った時、なに人かと思った!着ている服の色遣いが日本に住んでる人とちょっと違ったし」と言われたことを思い出しました。

なに人かと思った、は、たぶん日焼けしてたのと、ジャマイカ臭みたいなのがしみついてたんだと思います。

聞いてみたら、その時着てた服が変わった色の組み合わせだったんですと。本人はまったくそんなつもりなかったのですが。

同時に知り合ったもう一人の人に、
「それはジャマイカの空の色が青いからじゃない?見ている空の色が鮮やかだったら、きっと自然ときれいな色の服を着たくなるんだよ」、と言われました。

ちょっと納得。

確かに、ジャマイカにいると、黒い服を着ることがあまりありません。日焼けしてすぐ色が褪せちゃうから主婦の敵だし!(室内干しするしかない) こうしている今も、Tシャツはグレー、スカートは黄色。この間はオレンジの靴を履いてたら、スーパーの店員3人くらいに褒められました。あ、でも決して色キチ*イにはなってません。上下どちらかは必ずベーシックカラーを置いてますヨ。

ただ、ジャマイカにいると、私にとって黒は難しい色なんです。何を合わせたらいいか解らない。それは空の色と合ってないからなのかな。日本ではけっこう簡単と思ったんだけどなぁ〜 こうして持って来た黒い服の出番が減って行くのです・・・。
[PR]



by af_daba | 2012-01-29 11:45 | Sky

Always with Blue Mountain Coffee

夫用のマグカップです。ジャマイカのマグカップは悪趣味全開なものが多い中で、エンブレムとかロゴ好きの心が動いたのがコレ。
このマークはジャマイカの国章です。
f0169328_1383450.jpg
また、その下に書かれている
"OUT OF MANY, ONE PEOPLE"というのは、ジャマイカのモットーで、日本語では、『多くの部族から一つの国民に』という意味です。

日本だとパスポートの表紙に描かれている16枚の花びらのついた菊がそれです。世界の国章を見てみると、その国のゆかりのある動植物がモチーフになる事が多いんだそうです。(←今しらべて知った)

これでブルーマウンテンコーヒーを飲むのが最高。私は以前に紹介したNYで買ったマグカップを使っています。
[PR]



by af_daba | 2012-01-28 22:07 | Life

Nero

最近の愛犬NERO...
f0169328_1352255.jpg
私が日本で買って来たラグ、久しぶりに戻って来たら彼女の物になっていて、おまけにぼろぼろになってました。でも自分の場所って覚えてくれたみたいだからそれは飼い主として素直に嬉しい♪
[PR]



by af_daba | 2012-01-27 13:01 | Life

危ない食べ物の話

日本では食べ物に放射性物質が含まれつつある(もうすでに汚染されているとも言いますが)昨今ですが、ジャマイカにいても、食の安全は非常に気になります。

ジャマイカは、IMF(国際通貨基金)からお金を借りているのですが、その弱みにつけ込んで、アメリカは国内で消化しきれない食物を一方的に輸出してくると言われています(ジャマイカに関するドキュメンタリー映画、『楽園の真実 Life&Debt』で観たのですが、現在もそう状況は変わっていないと思います)。

その食料の安全はどこまで保障されているのか、自分で調べない限り、気にしなければそのままカラダに入って行きます。これは日本にいても同じだと思いますが、ジャマイカはまだまだ経済的に豊かではないこともあり、食料に限らず、まだまだ質より量、という考え方も多いのです。また、暑い国であるゆえに、食べ物は腐りやすく、できるだけ長く保存できるように工夫されています。古くから続いている習慣では、薫製や塩漬けといった手法が今でも使われていますが、だからといって、保存料に頼らず生きていく事はできません。

日本にいる間に、食べ物に関するいろいろな情報を目にする機会がありました。そしてこちらに戻って来てから以前に比べて少しだけではありますが、関心が高まりました。

マクドナルドのハッピーミールを6か月間置いたままにしても腐らない、形がほぼ変わらない、という話。
トランス脂肪酸は、サクサクの食感などを出すために、マーガリン、ショートニングなどに含まれています。

ジャマイカのパンにも、ショートニングはもちろん含まれていて、放置しておくと割とすぐにカビが生えるパンもあれば、そうではない、1週間経ってもそのままのものもあります。怖い。。

日本では、ヤマザキ製パンのパンの原料には、独特の風合い(厚切りでフワフワの食パンを思い出してください)を出すために、臭素酸カリウムという発がん性のある物質が使われているということ。(国内のその他の製パン会社では使っていません)

ハーゲンダッツのアイスクリームには、モンサント社が開発した遺伝子組み換えウシ成長ホルモン(rBGH)を注射している、という話。以下の話によると、『乳癌、結腸癌、前立腺癌の深刻なリスクを生じる可能性がある』とのこと。こちら

また、今日知ったのは、Ziplocのようなプラスチック保存容器の一部(あくまで一部)は、加熱することで環境ホルモンを排出する可能性があるらしく、パイレックスのような蓋のついた容器のほうが安全、という話もあります。

数え上げればキリがなく、買ってはいけない食べ物/商品の本などもこれまでにたくさん発行されています。
*その情報のすべてが正しいとは言い切れないですし、私も全部信じているわけではないです。

そんなこと言って心配させないでよ、と思うかもしれませんが、「ただちに人体に影響はない」ものであっても、いずれどこかに支障がでる可能性がないとは言い切れないのが、私達が目をそらす事が出来ない部分なのです。

自分の情報検索力と、その中でどれを信じるか、そして何を買うか。もちろん、忙しい人にとっては簡単に作れるアイディア商品は非常に便利で、実際、私もジャマイカにいて助けられているものです。もちろん、ひとつも口にしないだなんてできません、外食だってするし。けれど、年をとっても健康でありたいと思うのであれば、毎日口にするものに対する意識は、小さな事ではあるけれど、大切な事だと思います。

研究熱心で、情報力豊かな日本人だからこそ、たくさんあるものの中から「選べる」のです。毎回、ジャマイカに戻ると、ものの種類が少なく、日本のバリエーションの豊かさ、便利さや合理性を考え抜いたアイディア商品の秀逸さは世界に誇れるな〜〜と思わざるを得ないのです。

いろいろなページにリンクしてみましたが、私も、専門用語は苦手で斜め読みの部分も多くあるので、何か間違っている事があればどうぞご指摘ください。ちなみに、この話は誰かに言われたとか宗教とか?何かを勧めるといったものではなく、私はできればこの先もずっと健康で暮らしていきたいので、今回気付くのは遅かったかもしれないけれど、気にし始めたというわけです。それぞれ価値観があると思うので、どう捉えるかはそれぞれだと思います。

いずれにしても病気をせずに暮らして行きたいのは誰もが望む事だと思っています。
あ、私の微熱は、長引いていましたが2日くらい前に平熱に戻りました。お騒がせしました!
[PR]



by af_daba | 2012-01-26 13:52 | Food

本日の夕日❤

夕方、スーパーに買い物に行ったら、夕日がきれいだったので、帰って急いで屋上に登った!
f0169328_10525455.jpg

[PR]



by af_daba | 2012-01-25 20:52 | Sky

移転のご報告

我が夫のビジネス、新しい場所に移りました。
f0169328_1340626.jpg

Washington Boulevard 沿いのMichi Supercenterです。でも販売スタイルは変わっておらず、ジャークチキンと同じ、ドラム缶のパンでのスタイルなので、駐車場でやっています。

以前の場所にも来てくれていたお客様で、こっちにも買いに来てくれている方、たまたまこのスーパーマーケットに買い物に来た時に偶然見つけて「あれ!ここに移動したの?!いきなりいなくなったからどうしてたと思ってたよ」と驚きつつも、テリヤキとの再会を喜んでくれる方、そして新しいお客様が加わり、いい感じのようです。

◆Teriyaki Ichiban
場所: 2-4 Savanna Avenue (x Washington Boulevard, Michi Supercenter内)
営業日: 毎週木〜日曜日 営業時間: 1pm-9pm(売り切れ御免)

テリヤキチキン: JA$350 (Breast/Wing or Leg/Thigh)

日本人のお客様にも美味しいと言っていただける、自信の味です。スタッフは日本人ですので、お気軽にお越し下さい。

また、Michi Supercenterは、思っているよりも品揃えがよく、スタッフの対応も他所より感じがいいスーパーマーケットです。レジは待たないし、買い物しやすいです。そして豚肉が他のどのスーパーよりもきれいで美味しいです。(これ私の中で重要なポイントなので)

あまり”ついで”に行くようなエリアではありませんが、たまには違うスーパーで買い物してみよう♪と思ったらぜひ候補のひとつに入れてみてください。
[PR]



by af_daba | 2012-01-24 23:27 | Life

リサ〜横田基地物語 / ORITO

この曲、すごく情緒があって、歌詞の内容も何故か聞き入ってしまいます。


先日、友人のDJ49が出したMix CD "THE SWEETEST HOLIDAY"に入っていました。

このORITOさん、もう亡くなってしまったそうなのですが、いい曲は時空を超えて音楽選曲家たち(DJだけじゃなくて、テレビやラジオ、イベント会場などで使う曲を選ぶ方々も含めて)によって人々に届けられるのだ、と思いました。
[PR]



by af_daba | 2012-01-23 23:44 | Music

SHOW ME x NON-STOP

YouTubeで見たい/聞きたい曲などを検索すると、再生する事はできますが、その曲が終わると当然、音は停止してしまいますよね。

以前から、ひとつのキーワードで検索したら、ひたすら関連するファイルを再生しつづけてくれるアプリはないかな?と思っていました。

最近知ったSHOW ME x NON-STOPはそれを実現してくれます。インストールも必要ない、ウェブベースで動くアプリケーションです。

上記のURLにアクセスすると、以下の画面が表示されるのですが、この"burning man"という書かれている部分が検索の窓になっているので、カーソルを置いて、自分の見たい/聞きたい検索ワードを入れて、Enterを押せば、検索し、再生してくれます。
f0169328_1312128.png


一時停止はカーソルバー、次の曲へ行くのはカーソル矢印の"→"を、戻るのはその逆で"←"を。別のワードで検索したくなったら、常に画面に出てくる、"SHOW ME"のアイコンをクリックすれば、再度検索することができます。

PCから離れてもYouTubeが再生し続けてくれるのはとっても便利です。また、我が家はテレビとPCをつないでますし、音はコンポから出るようになっているので、テレビでPVを見ることができ、また家でのmusic lifeが充実する気がして嬉しいです♪
[PR]



by af_daba | 2012-01-22 13:19 | Music

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧

画像一覧