地球のほぼ裏側から・・・

<   2013年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧




思い立ったら吉日

f0169328_21311383.jpg

予定が変更となり、その時間が空くことになりました。そこでツイッターを見ていたら、雑誌Figaroのアカウントで「きものの文様」という展覧会が新宿の文化学園服飾博物館で行なわれている事を知りました。ウェブサイトを見たら、「行きたい。色に囲まれたい」と思って、行ってまいりました。めったに行かない新宿に。

ここは文化服装学院とか、文化学園大学とかっていう学校の運営している博物館で、年に4回、こういった特別展示を行っているんだそう(残念ながらそれ以外の期間は閉館するんですって)。会場はそれほど大きくなくて、1階と2階にそんなに大きくない展示会場。1時間くらいで観終わる感じです。

そしていざ入ってみると・・・
着物の世界が素晴らしすぎてうっとりです。言葉では上手に表現できない、素晴らしい衣服の文化。

-- 日本のきものには世界に類を見ないほど多種多様な文様が表され、表現の方法も具象や抽象等さまざまです。自然と共生する日本人の暮らしぶりは、文様表現にも色濃く反映され、身近な植物や動物はもとより、四季の移ろいや、風景に至るまでを文様として着物に取り込んでいます -- (会場でもらったしおりより)
f0169328_2128306.jpg


言われてみればまさにその通りで、季節を意識した素材感はもちろんのこと、色遣いが美しい。

きものの色遣いは、今の洋服の合わせ方にも非常に参考になる絶妙な色遣いが多いのですが、特筆すべきは、きものはドレスであり、上下分かれていない1枚の中で複数の色を使って表現している事です。上半身は薄い水色、帯の部分は白(帯が来る事を想定した上で)腰の下は若草色に金の刺繍、そして裾はちらりと見える朱色、といった、グラデーション、また、その一枚の中にストーリーがあるのです。
f0169328_21282274.jpg
f0169328_21283840.jpg



描かれている絵や刺繍は季節の植物や動物だけでなく、仕立てられた目的(結婚などのお祝い事、長寿や子供の成長を祈るようなもの)に最大限の心を込めて作られた事が、その着物や帯の一つ一つに現れています。刺繍の細かさったら、顔を近づけて見てしまうほど、根性作られています。心から尊敬。展示されているきものたちは、江戸時代頃から昭和初期にかけてのもので、ミシンを使っていません。だからこそ、その細かさに驚かされるのです。
f0169328_2129788.jpg


もちろん刺繍のない普段着のきものもありました。その文様には謎解きのような、シャレの効いたものもあったそうで、そこに楽しみがあったのでしょう。
f0169328_21285160.jpg


これらの貴重な着物をとてもいい状態で保管している文化学園にも感謝です。着物で来ている女性もいて、素敵だったなぁ。

もちろん洋服も大好きだけど、着物の素晴らしさに開眼させられました。

奇しくも、行った日に持っていたバッグが着物の生地を使って作られたもの。きっとここに引き寄せられたのは、最近見た風呂敷や手ぬぐいに心惹かれたからに違いない。

外国に住んでいるのだから、世界に誇れる素晴らしい日本の文化にもっともっと触れて、皆に伝える事ができたらいいのだけど。

あと行けたら、伊豆のつるし雛祭りに行きたい。。。。
[PR]



by af_daba | 2013-02-20 21:38 | Fashion/Art

Miroslava Duma

ファッションスナップを見るのが好きです。街角も、セレブも、ショーのバックステージも。10代の終わりくらいから、自分が見た中で気になるスタイルがあったら切り抜いてノートに貼って保管しています。

時代は変わり、その媒体は雑誌だけにとどまらず、インターネット上で見る事が出来るようになったし、当然それを保存することもできるようになってきました。出て来る人も、ファッション関係のお仕事の人だけでなく、ファッションブロガーという肩書きの人が出てきたり、普通の人も自分のファッションのスタイルを見せるようになってきています。すごい変化。

そうした変化にもいちおう乗っているのかな、私はTumblrというアプリを用いて自分の好きなものを保存してきています、一応。もう始めて2年くらい経つのですが、いつ頃だったかな、今まで保存したものをさかのぼって見て「あ〜私好きなものがブレてないな〜」と確認していた所、何度か同じ人の別のスタイルを保存している事に気がつきました。それまでは、誰ということをそんなに意識していなかったからです。

調べてみたら、Miroslava Dumaというロシア人の女性だそうで、元々はファッションエディター、現在はファッションコンサルタントなどなどをしているようで、つまりロシアのハイファッション界に影響を与えている、ソーシャライツのような人のようです。

はい、この人。
f0169328_214778.jpg



派手だけど絶対的に綺麗な色を使ったり(もちろん挿し色の時もある)
f0169328_2154719.jpg

f0169328_2154344.jpg

シックもあるし、
f0169328_2161283.jpg
f0169328_2162196.jpg

f0169328_2155722.jpg


ロシアというヨーロッパばりばりではない土地柄か、帽子やエンブレム、厚手のコートもなぜかしっくり着こなしたり(この写真は超難易度高いけど、すごい好きな感じ)
f0169328_2163799.jpg


お上品なスタイルもあれば
f0169328_2154344.jpg
f0169328_21155981.jpg


モードも
f0169328_2153896.jpg
f0169328_215375.jpg
f0169328_2116104.jpg


カジュアルも小綺麗に着こなす。
f0169328_2152151.jpg

f0169328_215898.jpg
f0169328_216523.jpg


ドレスダウン上手。
f0169328_2164673.jpg


もっとたくさん好きな感じがあったけど、1回の投稿に写真が15枚しか掲載できないので、特に好きな感じをpickupしてみました。

頭が小さいから、全体のバランスが素敵。言うまでもなくおしゃれだし、小柄な体型が日本人にも親近感があるのかな、日本の雑誌でもけっこう特集されてるようで、彼女のInstagramをフォローしてるのですが、本人が日本の雑誌に乗った事を写真付きで説明してました。かなり注目しています。

ああこういうの楽しい。早く春が来ないかな。
[PR]



by af_daba | 2013-02-10 21:29 | Fashion/Art

my new friend from Russia

f0169328_22554263.jpg

会社の大先輩の席に行ったら、この子がいた。
「あ、かわいいですね!」と言ったら
「誰それ(私が名前覚えてない)が日本に来る時に持ってきたのよー」と。
アジアのどっかの国から出張で来た人が、最近ロシアに行ったらしく、
そのお土産で持ってきたんだとか。
それも2個も。

これは入れ子になっていないタイプで、おきあがりこぼし。
中に赤ちゃんのガラガラみたいな、にぶい音がするのだけど、
うるさいからあげる!だって。

というわけで私の元へ里子に出されました。

今週は大きな会議があって、社内を行ったり来たり、うろうろ。

新しく入った人のデビュー戦のような会議(のサポート)だったのだけど、
彼女にとって清々しいスタートとなったのが誰の目にも明らかで、
私も少しの期間だけだけど、先輩である身としては、頼もしかったな〜

私はと言うと、最終日の今日は、人のことでやきもきして、結果、また別の人に
頭下げたりしたけど(まあ、それが私の仕事でもあるんだけど)、
いっぽうで労ってくれる人がいたので、それで相殺されたかな。

この週末は中国の旧正月です。
ボスの一人は中国人ではないけど、その休暇に合わせてバケーション、
我が妹はその逆、日本に戻ってきています。
考えてみたら、ひさしぶりの家族全員集合だねー

皆様、3連休たのしんでくださいね。寒いけど。。。
[PR]



by af_daba | 2013-02-08 22:55 | Life

こういうの!

忘れないうちに書いておこう。

12月の中頃、にグッと来た事があった。

ある日、私の机に荷物が置かれていた。それも海外から。誰だろう?私宛に送ってくる物なんて書類以外ないはず。と思うと、数回やりとりさせてもらった香港の同僚。でも会ったことはありません。ただ、日本語に興味があって、前に日本語の文章で、彼女のわからないところを教えたことがあり、なんとなく海外の他の人よりも近く感じる存在でした。

包みを開けると、「楽しい休暇を」とメッセージ、そしてギフトが入っていた。

なんというか、この、小さな心遣いだけど、完全なるサプライズに、すごくグッと来た。顔も知らない私のことを思ってくれたことがすごく嬉しかった。どうもありがとう。

そして私も遅ればせながらのお礼を送り、彼女は喜んでくれました。

けど、先週、そんな彼女からメールが届き、「悲しいお知らせなんだけど、契約終了になってしまい、ここを去ることになりました」と。会った事がないとはいえ、戦友がいなくなってしまうのは少し寂しいです。ただ、メールもあればFacebookもある。彼女が会社を離れても、私が遠くにまた行っても、連絡を取り合える、10年前よりも世界も近く感じられるようになりました。お疲れさまでした、Charlotte。

やっぱり人とのつながりは面白いし、こういう経験やそれによって起こる感情がとても好きです。
[PR]



by af_daba | 2013-02-03 17:31 | Life

One day in January

気付けば2月3日。節分の日ではないですかー

さかのぼって、1月14日に東京では雪が降りました。私にとっては何年ぶりの日本での雪でした(雪自体には去年トロントで触れたけど)。寒かったけど、どうしても出掛けないといけない用事があり、外に出なければならないのでした。そのおかげで小さな発見もあったから、よかったかな。

誰かが作った小さな雪だるま。
f0169328_1701860.jpg


祐天寺にて。dancing in the snow★
f0169328_1702164.jpg


車が雪にはまってしまい、大掛かりな作業。事故にならず、そして助けてくれる人がいてくれてよかったですね。
f0169328_1702489.jpg


昨年はたくさんの皆さんに支えられて、そのお返しが出来ていないまま新しい年を迎えてしまいましたが、今年は皆さんのお役に立てるよう頑張りますのでよろしくお願いいたします。

今はもうとにかく早く春になって欲しいー!明るい色の物に心惹かれ過ぎて危ないです。
[PR]



by af_daba | 2013-02-03 16:59 | Life

縁あって住むことになった地球のほぼ裏側、ジャマイカで、私ことdabanが目で見た、感じた日常をおとどけしまーす。ゆるく、時にあつく。第5シーズンに突入しました。
by af_daba
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

画像一覧